GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品&サービス>
  3. FUJITSU Software Interstage AR Processing Server

FUJITSU Software Interstage AR Processing Server

(インターステージ エーアール プロセッシング サーバ)

AR統合基盤製品

目の前にある現実の情報に、デジタル情報を重ね合わせて表示

お客様の課題

  • 同じような機械に対する作業工程が複雑かつ多岐にわたるため、事故が起こりやすい。また、紙のマニュアルを大量に持ち歩く必要があり効率が悪い。
  • 保守・点検といった現場作業において、熟練者と若手・新人などで判断・対処方法にバラつきがあり、作業品質を均一化できていない。
  • 工場見学に来たお客様に対して、案内員の説明スキル不足や騒音などの影響により、十分な案内ができない。

解決策

  • ARマーカーを起点に「どこに」「なにを」「どうするか」、作業をわかりやすくナビゲーションすることでヒューマンエラーを削減。同じARマーカーでも人や作業によって表示するコンテンツを変えて状況に応じた情報を利用できるので、スマートデバイス1つで様々な業務を効率化できます。
  • オーサリングツールを使ってARマーカーに対して情報を現場で簡単に追加していけるので、気づきや勘所といったノウハウの属人化を防止して品質を確保することができます。技術継承や作業スキルの平準化に効果があります。
  • 機械の内部構造などをARで重ねて表示するなど、よりわかりやすい案内や通常では見ることのできない情報の表示が可能になります。また、スマートデバイスなどを利用してお客様自身が情報を取得できるため、興味や意欲を更に高めることができます。

製品概要

Interstage AR Processing Serverは、AR(Augmented Reality)を活用して現場業務を革新するためのAR統合基盤製品です。スマートデバイスのカメラをARマーカーなどの認識対象物にかざしたり、センサーから位置情報を取得することで、利用者が必要としている情報を現物に重ね合わせて表示することが可能です。紙のマニュアルでは伝えきれない色・質感・傾き具合などのニュアンスを、テキスト・画像・動画・3Dデータなどのリッチコンテンツを使って表現したり、計測データや気づきといった様々な情報を現場の作業者が簡単な操作で追加する、といったシステムを構築することができます。

(注)人間の感覚(五感)で得られる情報(現実)に、ICTを用いて得られるデジタル情報を、重ね合わせて人間の感覚を拡張・強化する技術

(イメージ)製品概要:FUJITSU Software Interstage AR Processing Server

システム構成

(イメージ)システム構成:FUJITSU Software Interstage AR Processing Server

【導入事例】メタウォーター株式会社様
AR技術の活用で熟練者の技術を伝承
水道インフラ現場の作業品質向上とスキルの平準化を実現

メタウォーター株式会社様は、上下水道インフラの維持管理事業の現場業務において、富士通の「FUJITSU Software Interstage AR Processing Server」を基盤に、スマートデバイスとAR技術を活かして現場作業を支援するシステムを構築されました。技術の伝承やスキルの向上、情報共有、作業負荷軽減に対応しました。熟練技術者の経験やノウハウなど技術の見える化によって、作業品質と安全性の更なる向上と現場技術者のスキル平準化を実現しています。

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ
入力フォーム当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。