Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. 導入事例>
  3. ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社様

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社様

「CARDNET COUPLER」が3万店舗利用のクレジットカード決済サービスに貢献


ソフトバンク・ペイメント・サービス様が入居する汐留住友ビル

ソフトバンク・ペイメント・サービス様が
入居する汐留住友ビル

  ソフトバンク・ペイメント・サービス様は、ソフトバンクグループの決済サービスを一手に担っており、クレジットカード決済を中心に、携帯キャリア決済、コンビニ決済、電子マネー決済など豊富な決済方法を取り揃え、決済に関わる管理業務を含めたトータルなサービスをさまざまな企業様へ提供しています。
  ソフトバンク・ペイメント・サービス様は、富士通アドバンストソリューションズの製品「CARDNET COUPLER(カードネットカプラー)」を利用して、クレジットカード決済システムを短期開発しました。稼働後から堅調にシェアを伸ばし、現在では3万店舗以上の加盟店様に利用され、決済代行サービスマーケットのシェアトップとなっています。
  「CARDNET COUPLER」の導入背景や現在までの振り返り、今後の取り組みなどについて、システム本部 本部長 本郷様、同決済代行システム部 部長 宝本様にお話を伺いました。

(インタビュー日:2013年7月11日)

「CARDNET COUPLER」導入の背景

システム本部 本部長 本郷様

システム本部
本部長 本郷様

  当社は2004年10月、決済代行サービス会社として設立されました。当時非常に取引量の大きかった「Yahoo!BB」を含む「Yahoo!ウォレット」のクレジットカード決済サービスの業務開始を翌春に控えていた中、その決済業務を担うことを設立目的のひとつとしていました。先に決済システムの開発に着手していたものの、時間的な猶予がないことは明白でした。
  加えて、システム開発要員の確保の点でも十分な状況ではありませんでした。当社の基幹事業は決済代行事業ですが、お客様に喜ばれる付加価値の高い新規サービスに注力する要員も必要だったのです。お客様が買い物をすると必ず決済が発生し、それで当社の事業は成立してしまいます。しかし、それのみでは事業の成長はありません。常にお客様のニーズを模索し付加価値を提供していくことが会社の発展、社会への貢献に繋がると考えています。
  このように、短期間でのシステム開発と付加価値の創造を両立させる必要性から、パッケージの組み込みを即座に判断し、すでに多数の稼働実績があり品質に不安がない「CARDNET COUPLER」の導入を決めました。十分な機能、安価な価格も選定の決め手となっています。

ゼロからのシステム開発

システム本部 決済代行システム部 部長 宝本様

システム本部 決済代行システム部
部長 宝本様

  システム開発は、全てがゼロからのスタートとなりました。
  設計にあたり、特に、次の2点を考慮することとしました。
  1点目は、オーソリ(クレジットカード利用者の与信)に関し、加盟店様に安心感を持ってもらうことです。そのために、クレジットカード業界における世界的なセキュリティ基準(PCI-DSS)に対応したシステム開発を行うこととし、その結果PCI-DSSの認証を受けることができました。
  2点目は、回線やサーバーの不具合が発生してもサービスが停止しないようにすることです。例えば、1本の回線に集約すると、局所的な障害が発生しても全ての処理が停止してしまいます。そこで、ネットワークを構成する回線および複数台あるサーバーを全てたすき掛けにしたシステムとしました。
  これにより、故障が発生しても自動的にその回線またはサーバーを切離し、別の回線・サーバーに切り替えてサービスが中断しないようにしました。
  これらの実現については、日本カードネット社センターとの接続仕様を熟知した富士通アドバンストソリューションズのご担当SEが、当社の問い合わせに対して、迅速・適切な回答をしてくれたことも大きな力となっています。

システム概要図

システム概要図

「CARDNET COUPLER」の効果 ~10年を振り返って~

  「CARDNET COUPLER」の導入効果は、開発者が、業務アプリケーションに専念することができたことです。これは「CARDNET COUPLER」が、クレジットカードのオーソリの取得処理やペイメント処理など、日本カードネットワーク社センターとの細かな通信制御を担っているためです。業務アプリケーションから「CARDNET COUPLER」のAPIを呼び出すのみで、簡単にオーソリの取得が可能です。
  また、「CARDNET COUPLER」のシステム拡張、高負荷への適応能力も特筆すべきところです。
  過去10年間、取引件数は右肩上がりに増加しており、サーバーのスケールアウト(サーバー群全体のパフォーマンス向上)を適宜実施してきました。当初のシステムは必要最低限の冗長構成でしたが、今では災対用のバックアップサイトへの拡張も含め6台に増えています。さらに、割引価格や特典がついた商品を期間限定でインターネット上で販売するフラッシュマーケットの実施時、1秒間で300件の取引を超えた場合でもシステムは安定して稼働しています。これらは、日本カードネットワーク社センターとの接続に特化した「CARDNET COUPLER」の完成度の高さを示していると思います。

今後の取り組み

  昨今のスマートフォンの台頭により新たなビジネスモデルが発展しており、それに伴い携帯キャリア決済の比率が伸長しています。しかしそれを支えているのは口座振替やクレジットカード決済であり、その意味で当社の決済システムで取り組むべき余地はまだまだあります。
  例えば、取引件数の上限値を取り払い、今後増加する取引全てを処理できる環境の構築に注力していきます。現在、6つのセンターで「CARDNET COUPLER」が稼働していますが、今後見込まれる取引件数の増大に伴い、センターを10~20に増やすことは、過去実績から、単純なスケールアウトで比較的容易に対応できると考えています。
  今日まで、様々なシステム更改を行ってきましたが、抜本的なシステム変更に至ったことはなく、基盤系やデータベースの更新にとどまっています。これは、お客様に付加価値のあるサービスを迅速に投入していくという環境変化を前提に、詳細な初期設計を行ったことによると考えています。
  決済システムは構築からすでに10年が経過しました。来年度は、フラッシュマーケティング、クラウドといった新しいビジネスモデルの変化に弾力的に対応できるよう、システムの抜本的な更改も視野に入れながら、その将来像を見つめ直したいと思います。

宝本様 本郷様

宝本様                                        本郷様

担当SEからのひとこと

富士通アドバンストソリューションズ 第二ソリューション事業部 森田

富士通アドバンストソリューションズ
第二ソリューション事業部 森田

  高い信頼性、高負荷状態に適応しつつ、世界基準のセキュリティを維持されているのは多大なご苦労があるかと思います。
  その中で、「CARDNET COUPLER」がお役に立てていることは、弊社の大きな自信となりました。また、弊社サポートに信頼をいただき本当にありがたく思います。
  今後もお客様の新たなビジネスへの拡大をご支援できるよう努めさせていただきますので、今後ともよろしくお願いいたします。


お客様プロフィール

名称 ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社
設立 2004年10月1日
本社所在地 東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル25階
事業内容 ・決済代行サービス
集金代行および企業の計算事務代行
情報・システム提供サービス
ポイントサービス企画・運営業務およびコンサルティング
コールセンター業務・運用管理業務
資本金 450,000,000円
ホームページ http://www.sbpayment.co.jp/
ソフトバンク・ペイメント・サービス様シンボル・マーク

ソフトバンク・ペイメント・サービス様シンボル・マーク

(2013年7月1日現在)

関連情報

【関連製品/ソリューション】

導入事例(PDF版)

  • “Yahoo!”は、ヤフー! インコーポレイテッドの登録商標です。
  • 「CARDNET COUPLER」は、株式会社富士通アドバンストソリューションズの製品です。
  • 本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等はインタビュー日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。