GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. 導入事例>
  3. 株式会社ゲオホールディングス様

株式会社ゲオホールディングス様

「やごやさん」導入により、POSアクティベーションを短期間で実現


ゲオ山口湯田店(山口県)

ゲオ山口湯田店(山口県)

  株式会社ゲオホールディングス様、および、ゲオグループ各社様は、『ポケットマネーで楽しめるレジャー』を事業コンセプトとして、直営店を基本としたDVD、ゲームソフト、書籍等の小売サービス事業を中核とし、アミューズメント施設など、全国に約1,500店舗を展開されています。
  出店と店舗運営のローコスト化により、価格競争力を高め、お客様の満足度を高めることを経営理念としており、全国の店舗をオンラインシステムで結んだ本部主導の直営方式によって、ローコスト・オペレーションを実現されています。
  このほど、株式会社ゲオやごやさん導入の目的ホールディングス様は、インコム・ジャパン株式会社(以下、「インコム社」)様のセンターとの接続を容易にする「やごやさん」の導入により、POSアクティベーション(InComm’s Fast  Card Point of Sales Activationの略。以下、「POSA」)の採用を短期間で実現されました。これにより、ゲオグループ各社様の店舗では、2011年11月からPOSAに対応したプリペイドカードを販売されています。
  POSAの仕組みや、「やごやさん」の導入効果などについて、情報システム部の小池推進役、見學主任にお話しを伺いました。

(インタビュー日:2012年2月27日)

POSAの仕組み

株式会社ゲオホールディングス ;情報システム部 ; ;小池推進役

株式会社ゲオホールディングス
情報システム部 小池推進役

  インコム社様が開発したPOSA技術とは、店舗のPOSレジで支払いが確定した時点で、プリペイドカードを有効化する技術です。
  具体的な仕組みは、プリペイドカードが発行された時は、まだ使用できない状態であり、カードにユニークに振られた番号がシステムに登録されているのみです。カードが流通し、店頭に陳列され、お客様が購入する際に、POSレジのバーコードリーダでカード番号が読み込まれます。これによって、初めて、当該番号のプリペイドカードがシステム上、使用可能な状態に変更されます。
  次に、プリペイドカードを手にしたお客様が、ネットワークからコンテンツをダウンロードして購入する(以下、「ネット購入」)場合、画面からカード番号を入力します。それが、システムに登録されている番号と突合され、カードの有効性が確認されます。つまり、店舗のPOSレジを通過するまでプリペイドカードは価値を持たずに流通され、POSレジの通過をもって、価値が与えられることになります。これが、POSAの仕組みです。
  ネットワーク接続機器の進化、コンテンツの充実に歩調を合わせ、ネット購入が急速に進みつつあります。例えば、音楽がそうです。CDを購入するお客様の減少は止りません。また、ゲームソフト各社がオンライン対応を進めており、ここでも、ゲームソフトのネット購入が欠かせないものとなってきています。
  POSAの採用は、このようなネット購入の主要なお客様である若年層、ファミリー層に対して、プリペイドカードという、より簡単で安全な決済手段を提供することになります。同時に、販売側に対しては、効率的なオペレーションの実現手段になるものと考えています。

POSAのメリット

  販売側のPOSAによるメリットは、まず、仕入れたプリペイドカードが売れ残った時の在庫リスクがありません。また、在庫管理の負荷が大きく軽減しますし、紛失・盗難があった場合の損失リスクもありません。物流にかかるコストも、通常配送となることから低減されることが見込まれます。
  そのほか、売り場への積極的な陳列も可能となります。お客様の目を惹く展示の工夫もでてくるでしょう。これは、お客様にも歓迎されることだと思います。
  ネット購入できるコンテンツ種類の増加に併せて、それに対するプリペイドカードが発行・販売されれば、幅広いお客様に対して、コンテンツ入手方法の選択肢を、新たに提供することができるようになります。POSAの採用は、お客様側、販売側それぞれにメリットをもたらすものと期待しています。

やごやさん導入の目的

株式会社ゲオホールディングス ;情報システム部 ; ;見學主任

株式会社ゲオホールディングス
情報システム部 見學主任

  2010年9月、大手コンビニチェーンがPOSAを採用しました。翌2011年になると、POSAの認知度も上がり、大手小売業やゲームソフト会社などで、POSA採用の機運が大きく高まってきたと思います。当社としても、早急に、POSAの採用を図ることとし、POSA対応システムを開発することになりました。
  ただ、POSAの採用においては、インコム社センターとの接続が必要となります。対応方法としては、自社内で接続部分を開発するか、パッケージ製品の導入が選択肢として考えられましたが、当社は、短期開発を優先し、接続実績のある「やごやさん」を導入することにしました。
  インコム社センターとの接続機能を担う「やごやさん」は、早くから、その接続に着目して研究・開発された製品であること、また、接続実績も多数あることから、導入に対する不安はありませんでした。導入決定後についても、事前にトライアル版で試行していたことや、問題発生時も、担当SEの迅速な対応によって、開発がスムーズに進みました。

やごやさん導入の効果

  POSA対応システムの開発の中で、「やごやさん」は、インコム社センターの接続に特化した製品であることをあらためて実感しました。
  インコム社センターとの通信プロトコルは、ISO8583を採用しています。しかし、今回の開発では、そのプロトコルを全く意識する必要がありませんでした。「やごやさん」が通信プロトコルを吸収してくれていたためです。おかげで当社は、アプリケーションの開発に専念することができました。また、通信エラー発生時におけるリカバリは、一般的に複雑となるのですが、そのほとんどを「やごやさん」が実施してくれています。それでいて、「やごやさん」がアプリケーションに提供する命令は3種類しかありません。このように、「やごやさん」の使い勝手は良く、アプリケーション開発の負荷を大幅に軽減してくれました。
  「やごやさん」のセンターシミュレーター機能も有用で、インコム社センターとの接続擬似環境を提供してくれます。この機能によって、実際のセンターを利用した場合では、時間と手間が多くかかるエラー関係のテストも繰り返し実施できるので、作業効率も上がりました。
  「やごやさん」の導入によって、導入決定からわずか5ケ月という短期間で、高品質のアプリケーションを開発し、POSA対応システムの稼働を迎えることができました。現在、このシステムはトラブルも無く、安定して稼働しています。今後、プリペイドカードの種類が増えても、このシステムによって、迅速に対応していくことができるものと思います。

システム概要図

担当SEからのひとこと

(株)富士通アドバンストソリューションズ 第二ソリューション事業部 高松

(株)富士通アドバンストソリューションズ
第二ソリューション事業部 高松

  株式会社ゲオホールディングス様は、「やごやさん」のメリットを最大限にいかして短期間でのPOSA採用を実現されました。その中で、パッケージ導入のノウハウを学ばせていただきました。今後とも、ご担当の方々が「やごやさんを導入してよかった」と言っていただけるようなサポートを、引き続き行っていきたいと思います。


お客様プロフィール

社名 株式会社ゲオホールディングス
会社設立 1989年(平成元年)1月
本社 愛知県春日井市宮町一丁目1番地1
事業内容 グループ会社の経営企画・管理ならびに子会社の管理業務委託
店舗数 1,444店舗 (グループ全体)
ホームページ http://www.geonet.co.jp/

(2011年12月末日現在)

関連情報

導入事例(PDF版)

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等はインタビュー日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。