GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2010年 >
  4. 業界初! 日本語、英語、中国語(簡体字、繁体字)に対応「KnowledgeC@fe in SaaS ver. 2.0」を4月1日より提供開始

プレスリリース

2010年3月23日
株式会社 富士通ラーニングメディア

業界初! 日本語、英語、中国語(簡体字、繁体字)に対応「KnowledgeC@fe in SaaS ver. 2.0」を4月1日より提供開始

~社員コラボレーション教育を支援するLMSサービスに~

国内最大規模の総合人材研修企業 株式会社富士通ラーニングメディア(代表取締役社長:岡田恭彦、本社:東京都港区)は、LMS(ラーニングマネジメントシステム)を日本語、英語、中国語(簡体字、繁体字)に対応し、社員がコラボレーションして教育を行うための機能を新たに追加した、「KnowledgeC@fe in SaaS ver. 2.0」を4月1日から提供開始いたします。

当社は、これまで企業内教育における講習会や、eラーニングコンテンツのご提供をはじめ、企業が多数の研修を複合的に実施することで発生する研修申し込み管理や受講管理など、企業内教育担当者の作業の負荷軽減を実現するLMSサービス、「KnowledgeC@fe in SaaS」(※1)をご提供してまいりました。

このたび「KnowledgeC@fe in SaaS」を、時代に即した企業教育の多様なニーズにお応えするべく、バージョンアップし、4月1日より提供開始いたします。

「KnowledgeC@fe in SaaS ver. 2.0」の特徴

多言語対応

近年、日本企業の海外進出が進む中、アジア圏でも特に成長が著しい中国市場へ事業を拡大する企業が増えています。海外現地の職場では当然、中国語を母国語とする現地社員もいれば、日本から派遣されている社員もいます。

そのためグローバル展開をしている多くの企業が、全社教育とその管理において、日本語に加え、英語や中国語など複数の言語を使用しており、多言語が利用できる教育管理ツールを求める声が増えています。

このたび「KnowledgeC@fe in SaaS ver. 2.0」では、そうした教育ニーズにお応えできるよう、LMSとして初めて(※2)、日本語、英語、中国語(簡体字、繁体字)に対応しました。

本SaaSサービスを利用することで、言語ごとに異なるLMSを用意する必要がなく、社員教育の一元管理が可能です。

社員コラボレーション教育の支援

当社は企業教育において、「次世代を担うITネイティブ世代(※3)の人材とどう向き合い、育成していくか」を課題として捉え、その育成を実現できる環境や風土を整えることが、企業の人材一人ひとりを強くし、組織を強くする上で重要であると考えます。

ITネイディブ世代の人材は、他人との活発なコラボレーションを望んだり、人的ネットワークを利用したりすることに長けています。また同時に、ソーシャルネットワークの中で活動することに慣れていると言えます。そうした世代に対する人材育成には、研修を受講するだけにとどまらない、社員同士が自由に議論や対話ができる学習の場が必要です。

「KnowledgeC@fe in SaaS ver. 2.0」はそうした学習環境を提供し、社員が互いに「知」を持ち寄り成長する、企業風土の形成の一端を担います。

具体的には、

  • 企業内で作成した教育コンテンツを容易にeラーニング化し、LMS上に掲載、利用することが可能です。例えば、教育担当者だけでなく、社員同士がコラボレーションして業務上の暗黙知を形式化し、教育コンテンツとして社内で共有することもできます。
  • また、教育コンテンツに対して「フォーラム」機能と「チャット」機能を紐付け、自由な議論や対話の場として利用することができます。

こうした社員間でのコミュニケーションを利用した教育を行うことで、主体性、自立性を育成するねらいがあります。また個性や多様性を尊重し、コラボレーションに必要な社会性やコミュニケーション能力の向上も期待できます。

当社は、今後とも未来の社会を見据え、企業活動のトレンドに即した有用性の高い人材育成サービスをお客様にご提供するよう、努めてまいります。

「KnowledgeC@fe in SaaS ver. 2.0」について

LMSサービス「KnowledgeC@fe in SaaS」: http://www2.knowledgewing.com/e_l/knowledgecafe.html

株式会社富士通ラーニングメディアの概要

国内最大規模の総合人材研修企業として、講習会、eラーニング、研修企画運営といった教育・研修サービス、またドキュメントソリューションサービスやコンテンツ受託開発など、企業の人材育成のトータルソリ ューションを提供しております。

(株)富士通ラーニングメディア
代表者 代表取締役社長 岡田 恭彦 業務内容

◇ナレッジソリューション
 講習会、eラーニング、
 コンサルティング、スキル診断、
 コンテンツ受託開発、
ドキュメントソリューション、
 研修企画運営、LMS

◇個人のお客様向けパソコン教室 
 (富士通オープンカレッジ)
資本金 3億円(富士通株式会社全額出資)
設立 1977年6月30日
本社 東京都港区港南 2-13-34  NSS-Ⅱビル
売上高 118億円(連結)(2008年度)
人員 491名(2009年5月20日現在)
関係会社 株式会社富士通ラーニングメディア・スタッフ
(人材派遣)

※1  KnowledgeC@fe in SaaS:

「KnowledgeC@fe in SaaS」は、LMSをSaaS形式でご提供する当社のサービスです。

※2  LMSとして初:

当社調べ。2010年3月現在。

※3  ITネイティブ世代:

インターネットをはじめとしたIT環境が整った中で生まれ育った世代のこと。

本件に関するお問い合わせ

社長室 広報担当
icon-telephone 電話: 03-6710-1508
icon-fax Fax: 03-6710-1556
ホームページ: お問い合わせフォーム

お客様お問い合わせ先

お客様センター
icon-telephone 電話: 0120-55-9019
ホームページ: お問い合わせフォーム

以上