GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. セキュリティマネジメントセミナー

セキュリティマネジメントセミナー

人と組織で守る情報セキュリティ

~セキュリティリスクを最小限に抑えるマネジメントとは~

 情報漏えいやサイバー攻撃など、セキュリティに関する事件やトラブル(インシデント)が毎日のように発生し、企業リスクが高まっております。お客様におかれましては、セキュリティ対策のより一層の強化が喫緊の課題となっており、入口出口対策や内部対策などの製品やサービスを導入していることと存じます。
 その対策とともに、情報セキュリティに対する組織的な対応力――情報セキュリティマネジメント の重要性がこれまで以上に高まっております。そのような流れの中、情報処理推進機構(IPA)様では、情報処理技術者試験に「情報セキュリティマネジメント試験」を新たに創設し、2016年春から実施いたします。
 本セミナーでは、情報処理推進機構(IPA)HRDイニシアティブセンター様より、昨今の情報セキュリティ脅威に対抗するための人材面の対策、現場の情報セキュリティマネジメントの重要性とその役割、育成のヒントなどについてご紹介いただきます。
 ご多忙とは存じますが、ぜひともご参加賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

開催概要
日時 2016年1月21日(木曜日)
時間 13時30分~16時30分 (13時00分 受付開始)
場所 富士通ラーニングメディア 品川ラーニングセンター10FOpen a new window
対象 情報セキュリティ管理者や担当者の人材育成をご検討されている方
または、システム部門、リスク管理部門などでセキュリティマネジメントの推進に関わる方
定員 40名様 (参加費:無料)
主催 富士通株式会社  株式会社富士通ラーニングメディア
詳細 セキュリティマネジメントセミナー ご案内リーフレット (1.21 MB )
大変申し訳ありませんが、
定員に達したため、申込受付を終了させていただきました。

プログラム

セキュリティの脅威の最新動向と富士通の社内取組み

富士通株式会社  セキュリティイニシアティブセンター

複雑化、高度化するサイバーセキュリティの最新事情と経営リスク、また、脅威に対抗するための富士通の考え方や富士通社内でのさまざまな取組みをご紹介します。

「情報セキュリティ人材育成のためのポイント」
~現場の情報セキュリティマネジメントの重要性と育成について~


独立行政法人 情報処理推進機構  IT人材育成本部  HRDイニシアティブセンター様

複雑化・高度化する情報セキュリティ脅威から企業を護るためには、技術的な対策の他に、現場部門で情報セキュリティ対策を推進する情報セキュリティマネジメントの役割が重要です。
この役割にフォーカスし、想定する業務と必要なスキル、育成方法について説明します。
※ 当講演には情報処理技術者試験「情報セキュリティマネジメント試験」対策のご紹介はありません。

情報セキュリティマネジメントを強化する「人材育成カリキュラム」のご紹介

株式会社富士通ラーニングメディア  ナレッジサービス事業部

利用部門のセキュリティ対策コースから、高度セキュリティ人材の育成コースまで幅広くご紹介します。特に、情報セキュリティマネジメントの構築・運用を支える推進者や管理者の方の育成に適した研修を、IPA情報セキュリティスキルハンドブックの研修コース体系をもとにご紹介します。

質疑応答  &  個別ご相談タイム
変申し訳ありませんが、
定員に達したため、申込受付を終了させていただきました。