GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

情報セキュリティ監査サービス

効率的かつ効果的な「情報セキュリティ監査」の実施を支援。「専門性」や「コスト」などの課題を解決する「相互外部監査サービス」もご提供。

自治体における情報セキュリティ対策

「電子自治体」の取組みが加速する中、情報漏洩やサイバー攻撃などのリスクに対して、情報セキュリティ対策がますます重要となってきています。「情報セキュリティ監査」は、そのための有効な手段のひとつと位置づけられています。しかしながら、地方自治体において独自に情報セキュリティ監査を実施する場合、「専門性」や「コスト」など様々な課題を抱えている現状があります。
富士通マーケティングは、そのような課題を持つ自治体様に対して、効率的かつ効果的な監査の実施を支援する「情報セキュリティ監査サービス」を提供。さらに、複数の自治体様が連携して互いに監査を行なう取組みを支援する「情報セキュリティ相互外部監査サービス」を提供しています。

情報セキュリティ監査に対する、「難しそう」、「ノウハウがない」、「コストがかかる」、「体制がない」などの課題を、「情報セキュリティ監査サービス」で解決します。

サービスの紹介

情報セキュリティ監査サービス

情報システムのリスク管理、サイバー攻撃対策、マイナンバー制度への移行など、情報セキュリティに関する様々な課題への対策の一つとして、「情報セキュリティ監査」の実施が求められています。これにより、情報セキュリティを維持・管理する仕組みが適切かつ効果的に運用されているかを点検、評価することができます。

情報セキュリティ対策は「情報セキュリティポリシー策定」、「情報セキュリティ定着」、「情報セキュリティ監査」、「評価結果を踏まえたポリシーの見直し」のPDCAサイクルで運用されます。「CHECK」にあたる「情報セキュリティ監査」を支援します。

富士通マーケティングの「情報セキュリティ監査サービス」は、「内部監査の実施」「外部監査の支援」「技術診断(システム監査など)の実施」を行うサービスです。情報セキュリティレベルの向上と維持の実現をお手伝いします。

自治体様の多くは、「情報セキュリティ監査」に対してノウハウ、コストなどの面で課題を抱えています。そこで・・・。

情報セキュリティ相互外部監査サービス

情報セキュリティ監査の実施にあたって、自治体様が抱える「専門性」や「コスト」などの課題を解決する有効な手段として、複数の周辺自治体が連携して実施する「相互監査」が注目されています。自治体様の相互監査により、「効果的な外部監査の実現」、「監査人の育成」、「人に依存しない体制構築」、「効率的な運用」などの実現が期待されます。

富士通マーケティングは、情報セキュリティにかかるサービス提供の豊富な実績と監査サービスのノウハウを基に、複数の自治体の相互監査における効率的かつ効果的な情報セキュリティ監査をサポートする「情報セキュリティ相互外部監査サービス」を提供します。

複数の自治体による相互監査のメリット。コストの低減、対策レベルの比較、人に依存しない体制構築、監査人の育成、外部監査の実施、自治体間の連携

富士通グループの総合力でお応えします

富士通では、情報セキュリティポリシーの策定支援から、定着させるための計画や進捗管理支援、教育、評価、改善、見直しまで、総合力でご支援します。さらに情報セキュリティマネジメントシステムなどの各種認証規格に関するコンサルティングや人材育成などの支援ツールもご用意。富士通グループの豊富な情報セキュリティサービスを、富士通マーケティングがワンストップでご提供します。

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。