GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

FUJITSU セキュリティソリューション AZSECURITY 標的型メール攻撃訓練

「電子メール」による攻撃を擬似体験するサービス

そのメール、無意識に開いて大丈夫ですか?

関係のありそうなメールと勘違いして開いていませんか?もしかしたら標的型メールかもしれません!

標的型サイバー攻撃について

特定の団体や企業から不正に情報を入手しようとする、いわゆる標的型サイバー攻撃ですが、従来は府省庁や大手企業が中心に狙われてきました。しかし、最近では地方公共団体や中小企業もそのターゲットとなっており、事業の継続性を揺るがす新たなリスクとしてこの脅威に備える必要があります。

標的型サイバー攻撃のイメージ。興味をそそる内容のメールを送ってターゲットのPCを感染、そのPCを踏み台に他のPCやサーバに進入して秘密情報などを外部に流出させる手口です。

標的型サイバー攻撃の特長

  • 標的型サイバー攻撃の90%以上が、メールによる攻撃
  • マルウェアに感染した端末から情報を不正に搾取されたり、他の端末に感染が拡大
  • 通常のウイルス対策ソフトでは検知不能なマルウェアを使用。メールで送られてくるためFireWallでも検知できない

標的型サイバー攻撃を防ぐには?

Firewallや従来のウイルス対策ソフトで防ぐことは、非常に困難です。最大の対抗手段は、「標的型攻撃メールを受け取っても絶対に添付ファイルや記載されたURLを開かないこと」。そこで攻撃メールを受け取った時に、メールを開かないようす従業員を教育する「標的型メール攻撃訓練」をご活用ください。

標的型メール攻撃訓練サービスイメージ

標的型攻撃メール訓練サービスイメージ。標的型メールの擬似メールを送り、対象者がそのメールを開封したかどうかを確認。開封結果を記録し結果を集計します。

本サービスを利用することで得られる効果

  • 標的型攻撃を疑似体験することで、セキュリティの意識が高まり、不審なメールに対する注意力の向上・判断ができるようになります。
  • 開封率などがデジタルな数値で出ますので、自社のセキュリティリテラシーが可視化できます。
  • 新人教育、派遣契約時の初期教育、運用管理者には年2回など、継続的にメール訓練を実施することで、一過性の対応でなく継続的にセキュリティ意識の向上を図ることが可能です。

サービス内容

サービス内容。事前準備、送付テスト、擬似攻撃メール配信、種明かしメール配信、アンケート記入、結果レポート

提供価格

 
メニュー 提供価格
基本サービスA(100名まで)
¥550,000
基本サービスB(1,000名まで)
¥950,000
追加100名
¥50,000
追加1,000名 (合計3,000名まで)
3,000名以上は個別にお見積りいたします。
¥420,000

(注1)基本サービスA、基本サービスBともサービス内容に違いはありません。対象人数のみ異なります。
(注2)実施内容については、ヒアリングシートに基づき電話やメールにてお打合せをいたします。お客様先でのお打ち合わせが必要な場合は、別途ご相談下さい。

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。