GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

RPA(Robotic Process Automation)

今こそ、RPAで働き方改革を! 富士通マーケティングがお勧めするRPA導入の進め方

近年、「働き方改革」を実現する手段のひとつとして『RPA(Robotic Process Automation)』が注目されています。

富士通マーケティングでは、お客様のご要望に合わせた最適なRPAソリューションとともに、RPAを安心して導入いただくことのできる各種サービスをご提供しております。

RPAとは

RPAとは、最新の認知技術を活用し、定型的な事務処理作業の自動化を実現するシステムです。
RPAツールは、人手により行っていたPCでの作業内容を「そのまま記録」し、忠実に再現することで、既存の業務プロセスを変えることなく作業の自動化を可能とします。

RPAが注目される背景

日本では、企業活動を支える生産年齢人口が減少傾向にあるうえ、時間当たりの労働生産性も低く、米仏独といった諸外国との差は拡大傾向にあると言われています。
また、オフィスワークの効率化が進んでおらず、そのことが長時間労働常態化の原因となっているとの指摘もあります。
そのような背景のもと、人手不足の解消、グローバルでの競争力を保つため「働き方改革」が求められ、その結果RPAが注目されるのは当然の成り行きと言えます。

政府が発表した「働き方改革実行計画」では、生産性向上、長時間労働の是正、柔軟な働き方が見込める環境整備といった労働制度の抜本改革を行うと共に、関連法案の成立を目指しています。
生産性向上、長時間労働の是正にRPAが有効であることは広く認知されつつありますが、人が行なっている業務全てが必ずしもRPAに向いている訳ではないため、①繰り返し行う業務、②大量データを処理する業務、③ルールに基づいた業務を抽出し、人が行なうべきか否かの判断ののち、RPAの適用をお勧めします。

RPA(業務の自動化)を行うべき業務は「繰り返し行う業務」「大量データを処理する業務」「ルールに基づいた業務」となります。

RPAは、既存のシステムをそのまま利用しながら、人為的なミスを克服しつつ、さまざまな業務を実行してくれます。

RPAによる自動化対象業務チェック

ご担当の業務が、RPAによる自動化に適した業務であるかどうかをチェックリストで確認してみてください。

RPAによる自動化対象業務 チェックリスト

これらの項目のうち一つでも当てはまれば、RPAによる業務改善ができるかもしれません。 ぜひ、以下にご紹介するRPAソリューションの活用について、ご相談ください。

RPA導入支援サービス・RPAソリューションのご紹介

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。