GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. ゴディバ ジャパン様へギフトカードサービスを提供

PRESS RELEASE

2018年9月3日
株式会社富士通マーケティング
富士通エフ・アイ・ピー株式会社

ゴディバ ジャパン様へギフトカードサービスを提供

150社以上の導入実績を誇る「サーバ管理型電子マネーサービス」、ギフトの拡充を実現

株式会社富士通マーケティング(注1 )(以下 富士通マーケティング)と富士通エフ・アイ・ピー株式会社(注2 )(以下 富士通エフ・アイ・ピー)は、ゴディバ ジャパン株式会社(注3 )(以下 ゴディバ ジャパン)様が9月3日(月曜日)から取り扱いを開始するプラスチック製のギフトカードと、スマートフォン上でプレゼントが可能なデジタルギフトに向けて、「FUJITSU リテイルソリューション サーバ管理型電子マネーサービス(以下 サーバ管理型電子マネーサービス)」およびギフトマネー用の決済端末、「運用支援サービス」を提供いたします。

ゴディバ ジャパン様は、従来提供している商品交換型のデジタルギフトに加え、今回新たに金券型のデジタルギフト「Eギフト」とプラスチック製のギフトカード「ゴディバ ギフトカード」という2種類のギフトマネーの取り扱いが可能になり、消費者向けのサービスを向上いたします。

「ゴディバ ギフトカード」および「Eギフト」は、国内約200店舗から取り扱いを開始し、順次、他の店舗でも展開してまいります。


ゴディバ ジャパン様は、1994年の設立以来、現在では国内約300店舗を展開しています。ゴディバ ジャパン様は、ギフトのラインナップの拡充を検討しており、このたび、消費者がゴディバ ジャパン様の店舗でお好みの商品を購入できるプラスチック製ギフトカードの「ゴディバ ギフトカード」とデジタルギフトの「Eギフト」を発売することになりました。

ゴディバ ジャパン様が今回、富士通マーケティングと富士通エフ・アイ・ピーをパートナーとして選んだ理由は、 (1)「ゴディバ ギフトカード」と「Eギフト」に必要とされるセキュリティやシステムの信頼性を高いレベルで提供することが可能なこと、(2)豊富な「サーバ管理型電子マネーサービス」の提供実績により導入計画から運用設計・機器開発・カード製造・プロモーションまで、関連業務の全てに精通し、安心して利用できるサービスの提供が可能なこと、(3)本サービスに関する問い合わせやトラブルに対応し、店舗の負荷軽減を実現できる「運用支援サービス」の提供が可能なことが挙げられます。


180903_1.png
<サービスイメージ図>

なお、今回ゴディバ ジャパン様が取り扱いを開始する「ゴディバ ギフトカード」は、残高をサーバで管理するプラスチック製のカードで、国内約200店舗で取り扱いを開始します。額面は「3,000円」、「5,000円」の中から選択できます。

また、「Eギフト」は、残高をサーバで管理するオンライン上のバーコード型チケットで、株式会社ギフティ(注4 )が運用するeギフトサービス「giftee」のWebサイトおよびスマートフォンアプリで購入可能です。「1,000円券」「2,000円券」の中から選択でき、購入後、メールやSNSなどでプレゼントしたい相手に送信します。

これらのギフトマネーは、ゴディバ ジャパン様の店舗にて、ギフトマネー用の決済端末で読み取ることにより、リアルタイムに決済を行うことが可能です。

180903_2.png
<「ゴディバ ギフトカード」の券面イメージ>

180903_3.png
<「Eギフト」の画面イメージ(左)とバーコードのイメージ(右)>

富士通マーケティングと富士通エフ・アイ・ピーは協力して、今後も本サービスの付加価値を高め、全国の流通・サービス業の発展に貢献していきます。

今回提供するサービスの特長

  • 高い安全性と信頼性を備えた「サーバ管理型電子マネーサービス」

    富士通エフ・アイ・ピーと凸版印刷株式会社(注5 )が共同で提供・運営しているサービスで、ギフトカードやハウス電子マネー(自社型の電子マネー)の残高管理を行うリアルタイムプロセッシングサービスです。情報セキュリティ格付で決済サービスとして初となる最高位「AAAis」を取得しているほか、ISO/IEC27001(注6 )をはじめ各種国際認証を満たした富士通グループの安全なデータセンターで運用される信頼性の高いサービスとして、既に150社を越える企業に導入され、国内随一の実績があります。

  • 決済端末とサーバ間で直接通信することにより、POSレジ改修など大規模な設備投資を行う必要がなく導入が可能

    ギフトマネー用の決済端末とサーバ間でのリアルタイムな通信により、入出金処理を行います。POSレジ改修や新規のPOSレジ端末の導入など、大規模な設備投資を行う必要がなくご利用いただけます。また、残高確認は決済端末のほか、パソコンや携帯電話などの残高確認専用サイトからも行うことができます。

  • 「運用支援サービス」により、店舗のギフトマネー用の決済端末に関する負荷軽減を実現

    「運用支援サービス」は富士通フロンテック株式会社(注7 )が提供している「ヘルプデスクサービス」と「用品配送サービス」で、店舗の運用をサポートします。「ヘルプデスクサービス」は、ギフトマネー用決済端末の操作やカードステイタスの確認などの問い合わせ対応をはじめ、決済端末の読み取りエラーなどが起きた際に、ヘルプデスクから管理画面を確認して店舗のトラブル対応支援を行います。また、ギフトマネー用の決済端末に故障が起きた場合は、ヘルプデスク経由で「用品配送サービス」と連携し、予備端末に店舗情報などの初期設定を施した上で店舗に発送することで迅速な交換が可能になるなど、店舗の決済端末に関する負荷軽減を実現します。


今回取り扱いを開始するギフトカードおよびデジタルギフト概要

  • ギフトカード
    名称 ゴディバ ギフトカード(GODIVA GIFT CARD)(3,000円、5,000円)
    取扱開始日 2018年9月3日(月)
    取扱店舗、利用可能店舗 国内約200店舗
    種類および価格 3,000円、5,000円の2種類
    有効期限 購入日(有効化)から2年間
    使用方法 国内約200店舗にて、「ゴディバ ギフトカード」を店舗にある決済端末で読み取ることで、リアルタイムに決済が可能となります。
  • デジタルギフト
    名称 Eギフト(1,000円券、2,000円券)
    取扱開始日 2018年9月3日(月)
    取扱店舗、利用可能店舗 オンラインの eギフトサービス「giftee」のWebサイトおよびスマートフォンアプリにて販売 https://giftee.co/gifts/stores/godiva
    国内約200店舗で利用可能
    種類および価格 1,000円券、2,000円券の2種類
    有効期限 購入日から6か月間
    使用方法 デジタルギフトを贈りたいお客様は、「giftee」で贈りたい物を選択して決済した後、発行されたデジタルギフトのURLを、贈りたい相手に送付します。URLを受け取った相手は、国内約200店舗にて、スマートフォンなどの携帯端末上でURLをクリックしてデジタルギフトを表示し、商品と交換が可能です。「Eギフト」の場合は、店舗にある決済端末で読み取ることで、リアルタイムに決済が可能となります。

  • 関連Webサイト


    商標について

    記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


    注釈

    注1: 株式会社富士通マーケティング
    本社:東京都港区、代表取締役社長:藤田 正美
    ホームページURL:http://www.fujitsu.com/jp/fjm/
    注2: 富士通エフ・アイ・ピー株式会社
    本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 誠人
    ホームページURL:http://www.fujitsu.com/jp/fip/
    注3: ゴディバ ジャパン株式会社
    本社:東京都港区、代表取締役社長:ジェローム・シュシャン
    ホームページURL:https://www.godiva.co.jp/
    注4: 株式会社ギフティ
    本社:東京都品川区、代表取締役:太田 睦
    ホームページURL:https://giftee.co/
    注5: 凸版印刷株式会社
    本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子 眞吾
    ホームページURL:https://www.toppan.co.jp/
    注6: ISO/IEC27001
    ISO(国際標準化機構)が定めた、組織における情報セキュリティマネジメントシステムに関する国際規格。情報の機密性(C:Confidentiality)・完全性(I:Integrity)・可用性(A:Availability)の3つをバランスよく マネジメントし、情報の有効活用を実現するためのツールです。ISMSの後継認証制度として、2005年に発行さ れました。
    注7: 富士通フロンテック株式会社
    本社:東京都稲城市、代表取締役社長:五十嵐 一浩
    ホームページURL:http://www.fujitsu.com/jp/frontech/

    本件に関するお問い合わせ

    【お客様お問い合わせ先】

    株式会社富士通マーケティング  お客様総合センター
    icon-telephone 電話: 0120-835-554(フリーダイヤル)
    受付時間: 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日  当社指定の休業日を除く)

    富士通エフ・アイ・ピー株式会社  業際サービスビジネス推進部
    icon-telephone 電話: 03-5730-0750
    icon-mail E-mail:fip-info@cs.jp.fujitsu.com
    受付時間: 8時40分~17時30分 (土曜日・日曜日・祝日ほか当社休業日を除く)

    【報道関係お問い合わせ先】

    株式会社富士通マーケティング  広報部
    icon-telephone 電話: 03-6712-3119(直通)
    icon-form 報道関係、調査会社の皆様からのお問い合わせフォーム新規ウィンドウが開きます

    富士通エフ・アイ・ピー株式会社  広報部
    icon-telephone 電話: 03-6722-0231(直通)


    プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。