GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2016年>
  4. 日本エコシステム様、電力小売事業の基幹システムとして「E3CIS」を採用

PRESS RELEASE

2016年10月11日
株式会社富士通マーケティング

日本エコシステム様、電力小売事業の基幹システムとして「E3CIS」を採用

新事業参入にかかる業務を早期に立ち上げ、柔軟な事業展開を支援

株式会社日本エコシステム(本社:東京都港区、代表取締役社長:白髭博司)様は、2016年4月の電力小売全面自由化を契機に、太陽光発電を主軸とした新事業「じぶん電力」を立ち上げ、事業管理に必要な基幹システムとして「FUJITSU Intelligent Society Solution E3CIS(イースリーシーアイエス)」(以下、E3CIS)を採用、株式会社富士通マーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤田正美)がクラウドマネージドサービス「FUJITSU Cloud AZCLOUD IaaS(アズクラウド イアース)」(以下、AZCLOUD IaaS)上に「E3CIS」を構築しました。

「E3CIS」は、電力利用者の契約管理や料金計算、請求・収納管理に至るまで電力小売業務プロセスに必須となる機能を備え、新規参入する企業をトータルでサポートします。本システムの導入により、日本エコシステム 様はビジネス環境の変化に合せて、地域別のキャンペーンなど様々な料金メニューをスピーディーに提供し、今後の事業規模の拡大を目指します。

システム導入の経緯

日本エコシステム 様は、住宅向け太陽光発電設備の販売・施工を主力事業に展開し、全国約3万7,000棟以上の販売・施工実績を持つ国内トップクラスの企業です。同社は、2016年4月の電力小売全面自由化を契機に、太陽光発電システムを活用した電力小売事業を立ち上げ「じぶん電力」として提供を開始しています。「じぶん電力」は、住宅の屋根に太陽光発電システムを無料で設置し、発電した電気をその住宅に優先的に供給する新たなスタイルのサービスです。

日本エコシステム様は、従来の太陽光発電事業では簡単なプログラムを組んで業務対応をしていましたが、「じぶん電力」では扱う件数が急増することに加え、電力という重要な生活インフラにおいて料金計算や代金収納などのミスを排除するため、システムの導入が不可欠と判断されました。その結果、電力小売業務プロセスに必要な機能をすべて備え、ビジネス環境の変化に合わせた新しいプランを素早く提供できる「E3CIS」の導入を決定されました。また、システムの導入から運用・保守までを一貫してサポートできる富士通グループの総合力を評価され、「E3CIS」「AZCLOUD IaaS」上に構築し、2016年4月に運用を開始しました。

システム概要図
161011.jpg


導入システムの特長

  • 電力小売事業における必須機能をパッケージとして提供

    電力小売事業を展開する上で必須となる顧客管理や料金計算などの一連の機能を備えたパッケージです。富士通株式会社がこれまで行ってきた電力小売事業関連システムの開発で得た知見を活かし、小売全面自由化に係る制度上必要となる「スイッチング支援システム」(注1)や「託送業務システム」(注2)との連携機能も標準機能として提供します。そのため、お客様は電力小売業務をスムーズに立ち上げることが可能です。

  • ビジネス環境の変化に対応可能な料金計算機能

    料金計算機能にBRMS(注3)技術を採用しているため、システム自体への変更を加えることなく、料金メニューの追加や改定などの設定変更が可能です。そのため、新たな料金プランやサービスの追加・変更に伴うシステム変更にかかる時間を短縮し、地域別キャンペーンの実施など細やかな対応をスピーディーに実現します。

日本エコシステム様の概要

社名 株式会社日本エコシステム
代表者 代表取締役社長 白髭 博司
所在地 東京都港区赤坂1-7-1 赤坂榎坂森ビル 9階
設立 1997年5月
資本金 1億円
従業員数 299名 (2016年4月現在)
事業内容 太陽光発電システム等の販売・取付工事、それに付帯する一切の業務、電力小売事業
URL http://www.j-ecosystem.co.jp/新規ウィンドウが開きます

 【エンドースメント】

「E3CIS」の導入により、新プランや料金メニューなどにきめ細かく対応でき、新規事業である「じぶん電力」の基盤が構築できたと考えています。今後も、ICTを活用してお客様のニーズに応えるサービスを充実させ、中長期的な事業発展を目指します。

株式会社日本エコシステム
取締役 電力事業部長(兼)企画開発部長
石原 敦夫様

関連Webサイト

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


注釈

注1スイッチング支援システム:
電力広域的運営推進機関が運用し、電力小売事業者と一般送配電事業者間の電力託送契約の切り替え(スイッチング)を支援するシステム( https://www.occto.or.jp/jigyosha/shisutemurenkei/systemtaiou.html新規ウィンドウが開きます
注2 託送業務システム:
各需要家の電力使用量を直接管理している一般送配電事業者が、電力小売事業者に各需要家の電力使用量に関する情報を提供するためのシステム。
注3 BRMS:Business Rule Management Systemの略:
アプリケーションとは独立したリポジトリデータベースでビジネスルール(業務上の規則、条件、判断基準など)を定義・管理することで、アプリケーションには変更を加えることなく、複雑な業務判断を自動的に実行、管理することを可能にするシステム。

本件に関するお問い合わせ

【お客様お問い合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  お客様総合センター
icon-telephone 電話: 0120-835-554(フリーダイヤル)
受付時間: 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日  年末年始を除く)

【報道関係お問い合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  広報部
icon-telephone 電話: 03-6712-3119(直通)
icon-form 報道関係、調査会社の皆様からのお問い合わせフォーム新規ウィンドウが開きます


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。