GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2016年 >
  4. 特定医療法人ダイワ会様、HOPE Cloud Chartで医療の継続性を確保

PRESS RELEASE

2016年9月15日
株式会社富士通マーケティング

特定医療法人ダイワ会様、HOPE Cloud Chartで医療の継続性を確保

情報共有の精度向上、安全性の高い情報管理の基盤を構築

特定医療法人ダイワ会 (所在地:大阪府大阪市および吹田市、開設者:南 克昌、以下: ダイワ会)様は、 株式会社富士通マーケティング (本社:東京都港区、代表取締役社長:藤田 正美、以下: 富士通マーケティング )が提供するクラウド型電子カルテシステム「 FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE Cloud Chart (ホープ クラウドチャート)」(以下: HOPE Cloud Chart )の運用を開始しています。従来のシステムで遅れていた冗長化の対応をクラウドにより解決し、24時間救急指定病院としての医療の継続性を確保しました。また「 HOPE Cloud Chart 」により同法人内での情報共有の精度や情報管理の安全性が向上し、ICTを活用したより質の高い医療の提供を実現しています。

システム導入の経緯

ダイワ会 様は、大和中央病院様(大阪府大阪市)と大和病院様(大阪府吹田市)を中核とし、内科・外科・整形外科を中心に地域に密着した医療を展開しています。介護施設や病児・病後児保育室も運営しており、それらが相互に連携することで、急性期から慢性期の医療や介護、第一・二次救急、予防医療に至るまで幅広くきめ細かい医療サービスを提供しています。1980年に大和病院で「医事会計システム」が導入され、その後2001年に処方や検査など診察における依頼(オーダー)を院内の該当部門に伝達する「オーダリングシステム」に拡張、2008年には同法人の病院間を専用回線で接続して情報共有の仕組みを構築するなど、早期からICTを積極的に活用することでより質の高い医療を患者様へ提供してきました。そのような中で、24時間救急指定病院の役割を適切に果たすにあたり、システムやデータ管理の冗長化など安全性や継続性、BCPの対応については大きな課題となっていました。また従来のシステムでは、同法人の病院間での情報共有のための入力作業フェーズで操作ミスが生じる可能性があり、情報共有の精度向上も課題でした。これらの課題解決を目的に次期システムの検討を重ね、クラウドによる情報管理の安全性・確実性、システムの操作性、さらにはデータ移行の技術面での評価に加え、医療機関のICTシステム構築で豊富な実績のある 富士通マーケティング による「 HOPE Cloud Chart 」の採用を決定、2015年10月に運用を開始しました。

特長と効果

  • 医療の継続性と安全性の確保

    HOPE Cloud Chart は患者情報を院内のサーバではなく、最先端のセキュリティと堅牢な設備を備えた富士通のデータセンターで管理し、ICTと病院業務の両方に通じた専門家がシステム運用監視、保守を一貫してサポートするため高い安全性が確保できます。これによりシステムやデータ管理の冗長化の課題を解決するとともに、医療の継続性を確保できる環境とBCPの対応を実現しました。

  • 情報共有の精度向上と情報活用による医療の提供

    従来のシステムでは、同法人の病院間での情報共有を行うため、医療情報の入力を行う際などに病院名を選択指定する必要があり、その選択肢を誤ると誤入力が発生し情報が混乱する恐れがありました。HOPE Cloud Chartでは複数の医療機関を管理できるため、作業自体が不要になり情報の精度が向上しました。またシステムに登録された情報は経営分析ツールや帳票などの見える化機能により活用が容易になり、より質の高い医療に貢献できるようになりました。

  • システム運用の負荷軽減とコスト削減

    HOPE Cloud Chart では日常のシステム運用管理作業や医療改正時の対応プログラムの適応などを富士通のデータセンターが実施するため、院内のシステム管理者の負荷と運用コストが軽減しました。またサーバや病院間の専用回線が不要になるなど、導入コスト削減も実現しました。

利用イメージ
160915.jpg


今後について

今回のシステム導入で、ダイワ会様ではICT活用における「情報管理を安全・確実に行える」基盤が構築されました。将来的な電子カルテシステムの活用、その先の地域医療ネットワークへの参画を見据え、「いつでも、だれにでも、最高の医療を提供できるように努力いたします」というダイワ会様の医療理念を実践していくことで、患者様の情報をより適切に治療に活かし、より良い医療の実現と地域医療へ貢献を行っていきます。

一方、富士通マーケティングは、今回の事例を活かし、今後も富士通グループの技術力やノウハウ、サポート力で、医療の質の向上と地域医療再生、医療機関が目的としているQOL(Quality of Life)の向上を、ICTを通して支援していきます。

特定医療法人ダイワ会様の概要

医療法人名 特定医療法人ダイワ会
病院名 大和中央病院 大和病院
所在地 大阪市西成区長橋1ー2-7 大阪府吹田市垂水町3-22-1
開設者 理事長 南 克昌
院長 田中 一穗 谷浦 武仁
開設年月 昭和44年9月 昭和55年2月
診療科 内科・外科・整形外科・心臓血管外科・脳神経外科・リハビリテーション科・放射線科 内科・循環器内科・外科・整形外科・脳神経外科・眼科・リハビリテーション科・放射線科・健康診断・人間ドック
病床 227床(一般:143床 療養:84床) 175床(一般:131床 療養:44床)
URL http://www.daiwakai.org/ 新規ウィンドウが開きます
関連施設 垂水デイサービス、垂水居宅介護支援事業所・訪問看護ステーション、病児・病後児保育室 江坂キッズ

関連Webサイト

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


本件に関するお問い合わせ

【お客様お問い合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  お客様総合センター
icon-telephone 電話: 0120-835-554(フリーダイヤル)
受付時間: 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日  年末年始を除く)

【報道関係お問い合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  広報部
icon-telephone 電話: 03-6712-3119(直通)
icon-form 報道関係、調査会社の皆様からのお問い合わせフォーム新規ウィンドウが開きます


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。