GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2015年 >
  4. 釣り具の物流を担うロジスポ、物流網の拡大を見据え物流センター管理システムを刷新

PRESS RELEASE

2015年7月14日
株式会社ロジスポ
株式会社富士通マーケティング

釣り具の物流を担うロジスポ、物流網の拡大を見据え物流センター管理システムを刷新

システムの刷新とタブレット端末を活用した現場の運用改善により業務効率が約20%向上

株式会社ロジスポ(本社:東京都羽村市、代表取締役社長:植田  武)は、株式会社富士通マーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:生貝  健二)による「FUJITSU ロジスティクスソリューション Logifit WM (ロジフィット ダブリューエム)」の導入により、物流センター管理システムを刷新し、2015年5月から稼働しています。

「Logifit WM」は、物流センターの集中管理によるデータの一元管理が可能で、取引先を追加する際のシステム対応が容易、現場の運用に合わせてフレキシブルにシステムフローを変更することができるソリューションです。

ロジスポは、本システムの導入により、タブレット端末などを活用した現場運用へ改善することで業務効率が約20%向上しました。また、システムの運用・保守の面でも、荷主様や運送会社の追加、送り状の伝票レイアウト変更などに対して柔軟な拡張性を持たせ、今後の事業拡大に対応できる体制を整えました。あわせて、仮想プライベートクラウドサービス「FUJITSU Cloud AZCLOUD IaaS(アズクラウド イアース)」上にシステムを構築したことで、情報セキュリティや事業継続性も確保しました。


背景

ロジスポは、釣り具のリーディングカンパニーであるグローブライド株式会社の物流部門を担っており、グローブライドの主要ブランド「DAIWA」を始めとする釣り具全般の荷役、配送を行う物流会社です。現在は、グローブライド以外の荷主様の物流も担い、さらに通信販売などへの対応も進めており、ロジスポが「釣り具業界の物流プラットフォーム」として活用されることを目指しています。

ロジスポの主な取引先である釣り具業界は、ここ数年は市場規模がほぼ横ばいで推移する一方、釣り具ユーザーの需要に応えるために多品種少量化が進んだことで、運送費や出荷、検品作業など業界全体の物流コストが増加しています。また、中堅・中小の釣り具メーカー、小売店、問屋様が多く、自社で物流システムを構築することは困難です。このような状況において、ロジスポは、より多くのお客様にロジスポの物流サービスを提供することによる、釣り具業界全体の物流業務の効率化を目指して、正確な在庫管理、迅速な出荷、複数荷主製品の共同配送といった物流コスト削減のための課題に取り組み、富士通マーケティングの物流センター管理システムを導入しました。

導入システムの特長と効果

  • タブレット端末などを活用した現場の運用改善により作業効率が約20%向上

    従来、倉庫内のピッキングや検品、出荷作業は、担当者が紙の帳票を持って倉庫を回り、製品をピックアップし、検品ではミスを防ぐため2人体制で実施していました。今回、新システムの導入に併せて、ロジスポと富士通マーケティングは現場の運用改善に着手。製品をピッキングする際、タブレット端末で帳票を確認し、ハンディターミナルで製品バーコードを読み取ることで、ピッキングミスを防ぐとともにその場で検品まで完了する運用に変更しました。これにより、誤出荷ゼロを誇るロジスポのサービス品質を保ちつつ、作業のスピードと精度が大幅に向上、さらに2人で実施していた作業も1人で実施可能となり、出荷までの作業効率が約20%向上しました。

  • 複数の荷主様や運送会社に柔軟に対応可能

    新規荷主様をシステムへ登録する際、これまでは荷主様ごとに異なる管理データを複数荷主共通のデータベースへ取り込むための変換の仕組みを改修する必要がありました。新しいシステムでは、システムを改修することなく、データ項目を追加定義するだけで荷主様をシステムへ登録することが可能です。また、運送会社ごとの送り状発行ソフトとデータ連携しており、担当者が入力した出荷指示内容を運送会社ごとの伝票レイアウトに合わせて自動変換するため、新規荷主や通販で頻繁に発生する一度限りの送付先を指定した出荷にも柔軟に対応可能です。伝票レイアウトが変更になった際も「Logifit WM」側のシステム改修は不要です。

  • クラウド基盤による情報セキリュティ・事業継続性の強化でお客様へ安全・安心な取引きを提供

    富士通グループの堅牢で信頼性の高いデータセンターを利用する「AZCLOUD IaaS」上に物流システムを構築したことで、情報セキュリティと事業継続性を強化し、在庫状況のWeb公開や通信販売、ECなどにおいて荷主様に安心して取り引きしていただける環境を提供します。

今後の展開

ロジスポは「釣り具業界全体を担う物流プラットフォーム」の構築を図り、釣り具メーカーや問屋、小売店のお客様が自社で担っていた物流業務の効率化を支援することで、新製品の開発やお客様サービス向上に注力していただき、釣り具業界全体の活性化を目指します。

富士通マーケティングは、今回のタブレット端末を活用したクラウド型物流センター管理システムの構築経験を活かし、物流業界におけるICTソリューションの最適化と業務効率化を支援していきます。

株式会社ロジスポについて

所在地 : 東京都羽村市五ノ神365番地
設立 : 2001年8月1日
代表取締役社長 : 植田  武
従業員数 : 39名(2015年6月30日現在)
事業内容 : システム物流事業、物流サポート事業、メール事業
ホームページ : http://www.logispo.co.jp/新規ウィンドウが開きます

関連サイト

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ

【お客様お問い合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  お客様総合センター
icon-telephone 電話: 0120-835-554(フリーダイヤル)
受付時間: 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日  年末年始を除く)
icon-form サービス・製品に関するお問い合わせフォーム新規ウィンドウが開きます

【報道関係お問い合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  広報部
icon-telephone 電話: 03-6712-3119(直通)
icon-form 報道関係、調査会社の皆様からのお問い合わせフォーム新規ウィンドウが開きます


ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。