GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 広告宣伝 >
  3. お客様導入事例広告シリーズ >
  4. 株式会社ジェイアール東日本物流 様

経営者に聞く 株式会社ジェイアール東日本物流 様

経営者に聞く【株式会社ジェイアール東日本物流 様】

経営者に聞く【株式会社ジェイアール東日本物流 様】 より柔軟な物流提案のための新基盤を構築

JR東日本駅構内にある店舗への物流を担う株式会社ジェイアール東日本物流様。約3,500種にも上るアイテムの動向をいかに正確に把握し、多品種・少量配送に対応するかが課題でした。そこで多様化するニーズへの対応と業務の清流化のため、物流センター管理システム「FUJITSU ロジスティクスソリューション Logifit WM(ロジフィット ダブリューエム)」を導入。システム統合による情報一元化で、より精緻なデータ管理・活用が可能となり、併せて保守・運用コストも大幅に削減しました。新規顧客やアイテム増大への柔軟な対応に加え、将来的なトレーサビリティの確立やビッグデータ活用など、ICTを活用した物流のコーディネートを可能とする基盤を構築しました。 注:当システム導入前との比較。お客様のご利用状況により数値は異なります。
注:当システム導入前との比較。お客様のご利用状況により数値は異なります。

これからの物流経営に欠かせないデータ活用。ICTで物流の未来を築く

荷主様ニーズに柔軟に対応する物流態勢の構築にICTシステムが不可欠

当社はJR東日本グループの物流会社です。JR東日本の駅構内にある「NewDays」や「KIOSK」などの各店舗に対する菓子類や飲料品などの搬入を主力事業に、JR東日本が敷設するレールなどの資材の輸送も手がけています。千葉県市川市の京葉流通センターを中核配送拠点とし、首都圏を中心としたJR東日本各駅への配送網を確立しています。
駅構内の店舗は、品揃えを拡充しています。従来、菓子類などのドライ品、新聞、雑誌など男性向け商品が多かったのですが、現在では女性向けの商品や米飯・チルド商品なども求められています。多品種・少量の配送に柔軟に対応できる物流態勢を構築するのにICTシステムは不可欠です。

ICTシステムによって得られるデータの活用で新規ビジネス創出へ

当社は、以前よりICTシステムを導入し物流業務の効率化に取り組んできましたが、荷主様や扱う商品によって個別のICTシステムが稼働していました。ドライ品と飲料品の管理システムも別々でしたが、2つのシステムを統合して一元管理し、業務効率の向上とシステム管理や運用・保守にかかる業務負担の軽減を図りました。

市川 東太郎 様 ただし、ICTシステム導入の目的は、業務効率化や業務負担の軽減だけではありません。システム導入で得られる入荷、在庫、出荷など様々なデータの活用こそ重要です。 将来的に、JR東日本グループ内で当社と関係の深い企業とでシステム連携を図り、データを共有し活用できる基盤を構築できれば、新規ビジネス創出へとつなげていけます。そこに、ICTシステムが果たす重要な役割があります。

市川 東太郎 様
今後の事業成長を考えたとき、物流会社に求められるのは荷主様同士や荷主様と他の企業とを結びつけていく「コーディネート力」です。JR東日本グループが持っている、鉄道やバスなどの交通インフラを活用した取り組みがその1つです。

ICTシステムの活用で的確なコンサルティングを

弊社は2016年4月からグループ会社のジェイアールバス東北株式会社、東北鉄道運輸株式会社と協業し、バスの荷物スペースやトラックの空きスペースを組み合わせた配送を進めています。こうした連携にICTシステムが果たす役割は大きいと考えています。 併せて、サードパーティーロジスティクス(注)を多角的に推進するには、荷主様のお困りごとを解決するコンサルティングが求められます。すでに各トラックに搭載しているデジタルタコメーターやドライブレコーダーのデータをはじめ、今後のIoT活用で得られる情報やプローブデータ、ETCデータなどのビッグデータと、人工知能など最新のICTを組み合わせることで、より的確なコンサルティングを実現できます。
荷主様に「より良い物流」を提供するのにICTシステムは極めて重要な役割を果たすと期待しています。 (注)荷主様に対して物流改革を提案し、包括して物流業務を受託し遂行すること

イメージ

「システム導入事例」詳細記事はこちら

お客様導入事例広告シリーズ

物流会社の「コーディネート力」向上にICTシステムが果たす役割は大きい 
拡大イメージ (6.19 MB ) 新規ウィンドウが開きます

広告掲載スケジュール

新聞

  • 日本経済新聞
    2017年2月15日(水曜日)発売(モノクロ5段 ⁄ 企業総合面)

雑誌

  • 日経ビジネス
    2017年2月17日(金曜日)発売(カラー ⁄ 1P)
  • 週刊ダイヤモンド

    2017年2月13日(月曜日)発売 (カラー / 見開き2P)

Web

  • Google ⁄ Yahoo!

    2017年2月13日(月曜日)~3月10日(金曜日) 
    (ディスプレイ広告 / リスティング広告)

  • ダイヤモンドオンライン

    2017年2月13日(月曜日)~3月10日(金曜日)
    (バナー広告)

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び年末年始を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。