GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 広告宣伝 >
  3. お客様導入事例広告シリーズ >
  4. 株式会社アイチコーポレーション 様

経営者に聞く 株式会社アイチコーポレーション 様

経営者に聞く 株式会社アイチコーポレーション様

安心・安全なものづくりの現場からしか高品質なものは生まれない。その実現には、ICTが不可欠だ。 IoTで作業の進行管理をデジタル化し組立てラインの紙使用量を約95%削減。高効率な現場で、信頼されるものづくりを実現

高所作業車メーカー国内トップクラスのシェアを誇り、社会インフラをつくる人々を支える株式会社アイチコーポレーション様。同社では、異なる作業環境に合わせた「一品一様」の製品づくりを行っており、製造過程では大量の紙資料の突き合わせが必要で、作業の進行を妨げる「見えないコスト」となっていました。そこで製造現場IoTソリューション「作業ナビゲーションシステム」を導入。タブレット端末で必要な情報をリアルタイムにデータ共有、よりスムーズな製造現場を実現しました。各工程の作業時間の正確な把握で負荷の平準化も可能となり、「見える化」された製造現場が製品の品質と安全性を向上。人・モノ・情報をつなぐIoTで、新しい「ものづくりの現場」を実現しています。
注:当システム導入前との比較。お客様のご利用状況により数値は異なります。

社会インフラ構築の現場に「安全を届ける」ものづくり その実現にはICT,さらにはIoTを活用する

ICTによる安全・確実な「ものづくり」が製品の信頼性を高める

当社は、電気・通信・建設・鉄道工事など社会インフラ構築の現場で利用される高所作業車のメーカーとして、開発から製造、販売、メンテナンスなどのアフターサービスまで手がけています。1962年の創業以来、当社が一貫して目指してきたのは、社会インフラ構築の現場における作業の安全性と効率の向上です。当社の高所作業車を導入されるお客様企業と一緒に、より安全で効率の高い新工法の開発・普及にも取り組んできました。
インフラ構築の現場では、作業の安全性をさらに高める取り組みが、ますます重視されています。高所で作業する方々の安全性をさらに高めるには、そこで利用される高所作業車がより「安全」であることが求められます。より安全な高所作業車を製造するためには、効率的な組立て作業ができるように製造工程を管理し、安全・確実な「ものづくり」を実現しなければなりません。そのためにICTシステムは重要だと考えています。

複雑化する製造工程をICTシステムで効率化

インフラ構築の現場は、電気や通信など業種によって作業環境が異なります。利用される高所作業車も環境に応じてお客様ごとにカスタマイズが必要です。高所作業車への安全性や信頼性がより高度に求められる中、いかに1台ごとの開発期間を短縮し、「一品一様」ともいえる製造工程を効率化するか。

株式会社アイチコーポレーション 代表取締役社長 三浦治様複雑化する組立て工程の作業情報を作業員にいかに的確に伝達するか。その実現にICTシステムを活用しています。ICTシステムで作業をきちんとナビゲーションし、工程を管理することで、品質をさらに向上させることが可能となります。「ものづくり」の信頼性をさらに高めるためにICTシステムが果たす役割は大きいと考えています。

株式会社アイチコーポレーション 代表取締役社長 三浦治様

IoTを活用した「ライフサイクルサポート」にも取り組む

当社は「作業環境創造企業」という目標を掲げ、高所作業車の「ライフサイクルサポート」に取り組んでいます。高所作業車の導入から運用、更新のライフサイクルを通じて、インフラ構築の作業現場をサポートしていくという考え方です。その視点から当社の事業の成長を考えると、ICT、さらにはIoTといった最新技術の活用が重要な意味を持ちます。インフラ構築の現場で実際に「どのような作業が行われているのか」をシステムで把握し、作業の安全性確保と効率向上にお客様と一緒に取り組んでいく。例えばIoTを活用して高所作業車のメンテナンス時期を知らせる仕組みなどを提供できれば、当社とお客様の両方のメリットとなるでしょう。
当社の信念は「安全な高所作業車は高効率な作業が可能である」というものです。安全な高所作業車はお客様のインフラ構築の現場の作業を効率化します。同時に高所作業車を製造する当社の社員が働く現場が「安全で高効率」でなければ、安全な高所作業車を造ることはできません。その意味でICTシステムの活用は当社の事業の基盤を支え、成長のための大きな武器となるのです。

イメージ

「システム導入事例」詳細記事はこちら

お客様導入事例広告シリーズ

お客様事例広告 
拡大イメージ (5.21 MB ) 新規ウィンドウが開きます

広告掲載スケジュール

新聞

  • 日本経済新聞
    2017年3月23日(木曜日)発売(モノクロ5段 / 企業面)

雑誌

  • 日経ビジネス
    2017年3月24日(金曜日)発売(カラー / 1P)
  • 週刊ダイヤモンド

    2017年3月21日(火曜日)発売 (カラー / 見開き2P)

Web

  • Google  /  Yahoo!

    2017年3月15日(水曜日)~3月31日(金曜日) 
    (ディスプレイ広告 / リスティング広告)

  • ダイヤモンドオンライン

    2017年3月15日(水曜日)~3月31日(金曜日)
    (バナー広告)

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。