GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ICTのmikata >
  3. お役立ち情報

お役立ち情報

「学ぶ」「知る」「相談する」のカテゴリに応じたお役立ち情報を取り揃えています。

このコンテンツはInternet Explorer をご使用の場合、互換表示設定を無効にしてご覧ください。
 (メニュー:ツール>互換表示設定)


トピックス

一覧へ 

 
 
 

 

学ぶ

経理・財務

人事・総務

  • 詳細をみる(+をクリック)

    人事戦略セミナー(第1弾)として実施した、吉田秀子氏講演の女性活躍推進法事例セミナーの以下のレポートをお届けします。

    • 基調講演:なぜ今、働き方改革が必要なのか? ~行動計画策定が義務化!女性活躍推進法~
    • 第2部:働きがいのある職場へ ~職場風土醸成の取組み事例~
    • 第3部:お客様導入事例ご紹介

営業・マーケティング

その他

  • 詳細をみる(+をクリック)

    このコラムでは、Word、Excel、PowerPointなど、日ごろみなさんが業務で使っていらっしゃるソフトについて、これを知っていれば間違いなく仕事力アップにつながる!という、便利機能についてご紹介していきます。

  • 詳細をみる(+をクリック)

    Webでの商談化活動が注目をあびている一方で従来からの電話による訪問アポイントの獲得、いわゆる「テレアポ」がまだまだ重要な商談活動とされていますが、新規開拓におけるテレアポ獲得率は一般的に新規で3%、過去接点で10%程度と見られており、簡単に獲得できないものとされています。 本コンテンツでは、テレアポ55%という脅威の数字をあげた営業担当者からのテレアポを獲得するためのノウハウ、獲得後の訪問ノウハウを皆様にご紹介します。

知る

経理・財務

  • 詳細をみる(+をクリック)

    【経理・財務・経営企画・経営層 様向け】
    管理会計は自社の経営状態を把握・分析し、今後の経営計画を策定する上でとても重要なものです。富士通マーケティングでは、中堅中小企業(従業員数2000名以下)のマネジャー層(経営者・役員・幹部社員)300名を対象に、管理会計の活用実態と財務・経理部の課題を把握するために「経営数字データの利用実態調査」を行いました。その結果から、企業の成長プロセスとは切り離せない事業拡大・多様化など社内外の様々な環境変化に対応するなか、経理・財務部門の課題が浮き彫りになってきました。調査データを集計・分析した結果を踏まえ、中堅中小企業における経営数字データの活用実態をご報告します。

  • 管理会計チェックシートOpen a new window(ダウンロードフォームへ移動)
    詳細をみる(+をクリック)

    【経理・財務・経営企画・経営層 様向け】
    「自社の管理会計の現状を知りたい」、「自分たちが作った数字が経営に貢献しているのか確認したい」と考えている方向けの、経験豊富なコンサルタントの知見に基づく「管理会計チェックシート」です。設問(選択式)を5つの分類に分け、それぞれ5問ずつ合計25問に回答いただき、貴社の管理会計業務、経営データ活用レベルをレーダーチャートで表します。本シートで、現状を把握していただき、今後の取り組むべき施策や活動にご活用ください。

  • 詳細をみる(+をクリック)

    【経理・財務・経営企画・経営層 様向け】
    ここ数年の間に、企業における会計システムの利用環境が、「自社導入型」からサービス利用の「クラウド環境」へと大きく移行し始めています。富士通グループが提供する会計システムのエントリーモデル「GLOVIA smart きらら 会計」は、自社導入型とクラウド利用の選択、または、両者をハイブリッドしたシステム構成の選択が可能で、中堅中小企業を中心に多くの企業様に利用されている製品です。
    本コラムでは、経営数値データ利用実態調査を踏まえ、公認会計士でITコーディネータの金子氏が、管理会計の仕組みづくりを検討されている企業様向けに、ユーザー視点で「GLOVIA smart きらら 会計」の使用感や活用できそうなシーンを解説致します。
    (注) GLOVIA smart きらら 会計はGLOVIA きらら 会計に名称変更いたしました

人事・総務

  • 詳細をみる(+をクリック)

    【人事・総務部門のご担当者様向け】
    社労士の杉本 一裕(すぎもと かずひろ)先生が、労務全般に関わる、「社員トラブル」「賃金(給与/賞与)」「安全衛生」「定年・退職・再雇用」「休職」「労働時間・休日・休暇」「採用・異動」「服務規律・懲戒」について解説します。
    法改正を含め、国や行政の動きで、労働基準法、社会保険、税制改正等、会社の人事給与関係の規定や給与計算システムに影響が出てくることが多々あります。人事部・総務部のご担当者様はこちれらの情報を収集し、常に情報をアップデートする必要があります。
    このコーナーでは、法改正における個別解説も順次掲載していきますので、是非ご覧ください。

  • 就業規則診断シート(解説付き)Open a new window(ダウンロードフォームへ移動)
    詳細をみる(+をクリック)

    【人事・総務部門のご担当者様向け】 全17問 (所要時間:5分程度)
    会社環境は、勤務体系・雇用形態の変化や、組織編成など日々変化していくため、労働条件と実際の就業にギャップが生じてきます。
    実際に労務問題が起きた時、就業規則がトラブルに対応できるものになっておらず、ヒヤッとした経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。この就業規則診断シートは、皆さまの会社の就業規則が時代の変化や様々な社員トラブルに対応しているかを確認するものです。就業規則診断シートと一緒にダウンロード頂ける「就業規則診断シート-解説」では、労務問題例を取り上げながらリスク回避するための就業規則の作り方、および社員への対応方法などを解説しています。是非ご活用ください。

製造(・流通)

  • 詳細をみる(+をクリック)

    【加工/組立業の生産管理部門・在庫管理部門のご責任者様向け】
    「売上は順調に伸びているのだが、売上高に対する在庫金額/数量が高い様な気がする。在庫を減らせと指示をだすと期末には下げることができるが、その後すぐに在庫過多な状態に戻ってしまう。欠品による売上機会損失も発生していると営業からは突き上げられている。」
    今回、自社の在庫は適正なのか、改善余地はあるのかを知りたいという管理者の方むけに製造業の経験豊富なコンサルタントの知見に基づくチェックリストを提供いたします。このリストを使って、在庫削減に注目して、現状の評価の軸と改善シナリオが組織として組み込まれているかの軸により、貴社がどの位置にあるか確認してください。それぞれの軸に関連した質問項目(23項目)があります。自社がそれぞれの項目でどの状態になっているのかを3択で選択していただき、合計点を集計してそれぞれの軸でプロットすると自社のポジションが9象限のグラフのどこに位置するかわかります。
    その後評価を読み、現状を理解していただくとともにどのような対策を打てばよいかのヒント を見つけてください。
    9現象の総合評価の解説と改善方法、改善事例などをご紹介した在庫削減の解説動画をご覧いただけます。チェックシートをダウンロードされた方に、視聴をご案内しています。

  • 食品工場のリスク管理チェックリストOpen a new window(ダウンロードフォームへ移動)
    詳細をみる(+をクリック)

    食品製造業の工場経営は、徹底した品質・リスク管理が求められております。工場の管理者・責任者は、工場で発生しうる危機を常に想定し、「想定外」をなくす必要があります。
    この度、毎年100カ所以上の食品工場に設備点検と教育活動を行っているスペシャリスト、食品安全教育研究所代表の河岸宏和氏の知見に基づく「食品工場のリスク管理チェックリスト」をご提供いたします。
    工場の品質管理を再度点検いただき、自工場の現状を再確認していただくとともに、今後どの項目に対して、対策をしていくかの気づきになれば幸いに存じます。

  • 詳細をみる(+をクリック)

    販売管理に留まらず、皆様の業務に役立つトピックスをご紹介しています。是非ご活用ください。

流通

  • 詳細をみる(+をクリック)

    富士通マーケティングが2015年9月に実施した「産業財の卸売業における経営戦略やIT化推進状況に関する実態調査」の結果より、産業財を取り扱っている中堅・中小卸売業の現状の課題と問題解決への糸口が見えてきました。ここでは、"経営状況"、"IT化推進状況"、"自社の戦略や経営課題及びIT化を通じた社内改革"における調査レポートからその内容を個別に考察していきます。

  • 詳細をみる(+をクリック)

    総務省の産業別事業所数の増減率を見ると、製造業に続き卸売・小売業の事業所数の減少率は高い状況が続いています。卸売業は、中小規模の企業が数多く存在し、その取り組み実態はよく分かっていません。そこで、富士通マーケティングでは、産業財を取り扱っている卸売業の経営者・役員や部長・マネージャークラス300名を対象に、「産業財の卸売業における経営戦略やIT化推進状況に関する実態調査」を実施、調査結果をまとめました。

営業・マーケティング

  • 経営力チェックシート(解説付き)Open a new window(ダウンロードフォームへ移動)
    詳細をみる(+をクリック)

    【経理・財務・経営企画・経営層様向け】 全25問 (所要時間:7分程度)
    過去3年間売上が伸びていて、同業他社より成長性が高く、今後も増収増益が見込めるという優良企業は割合的に少ないかと思います。増収増益を達成するためには、会社の経営体質が強くあることが求められます。この経営力チェックシートでは、皆さまの会社の経営体質を5つの側面(経営計画・業績管理・人事組織・企業活力・経営成果)から評価していきます。
    チェック後は、上記の5つの要素毎の総合評点で、40~59点が一般的な経営体質の会社、20点きざみで、優良企業体質・健全企業体質・一般企業体質・警戒企業体質・危機企業体質となります。
    最後に評点に応じたアドバイスと、別紙の解説シートがありますので、皆様の会社で今やらなければならない事を確認してみてください。優良企業としての経営管理の仕組みづくりに是非ご活用ください。

情報システム・経営企画

  • 詳細をみる(+をクリック)

    【情報システム部門、経営企画部門のご担当者様、経営層様向け】
    全世界で感染被害拡大!従来のセキュリティ対策では防御できないランサムウェア Wanna Cry とは?

  • 詳細をみる(+をクリック)

    【情報システム部門、経営企画部門のご担当者様、経営層様向け】
    情報セキュリティ分野において富士通マーケティングと協業している、アルプス システム インテグレーション株式会社は、把握している企業ユーザーと一般ユーザーのインターネットアクセスのうち、1ヶ月分、約40億のアクセスについての分析、調査を実施しました。

  • 詳細をみる(+をクリック)

    【情報システム部門、経営企画部門のご担当者様、経営層様向け】
    通信インフラの発達やデバイスの高機能化によりデジタル化が加速する中、インターネットによる情報収集機会が増えています。そういった中、私たちは便利さを得られると同時に、インターネット犯罪の被害に合う機会も増しています。業務を進めるうえで欠かせないインターネットを、安心安全に利用出来る環境の構築が企業存続に必要不可欠といっても過言ではない状況です。企業において、Webサイトの閲覧を制限しなかった場合、どのようなことが起こりうるのでしょうか。

  • 詳細をみる(+をクリック)

    【情報システム部門、経営企画部門のご担当者様、経営層様向け】
    見えにくいために、意識が希薄になりがちなセキュリティ対策。
    しかし企業は、今この瞬間もネットワークを介して世界中から種々なサイバー攻撃のリスクに晒されています。
    事業継続に加え、公器としての社会的責任を果たしていくためにも、セキュリティ対策は優先度高く取り組む必要があるといえます。

  • 詳細をみる(+をクリック)

    【情報システム部門、経営企画部門のご担当者様、経営層様向け】
    昨今、ランサムウェアの感染件数が急増しています。
    ランサムウェアに感染した場合、データの損失、業務の停止、金銭的な被害といった甚大な被害が発生します。
    感染被害を最小限に抑えるために必要な、予防から復旧までの一貫した対策についてご紹介いたします。

  • 詳細をみる(+をクリック)

    【情報システム部門、経営企画部門のご担当者様、経営層様向け】
    自社の顔とも言えるWebサイトが改ざんされることで、企業はサイト運営や事業活動の停止等が余儀なくされる「被害者」になると同時に、サイト閲覧者にウイルスを拡散する「加害者」にもなり、企業活動に深刻な爪あとを残す可能性があります。

  • 詳細をみる(+をクリック)

    【情報システム部門、経営企画部門のご担当者様、経営層様向け】
    昨今の相次ぐ自然災害を背景に、多くの企業が優先課題として意識されているBCP。
    しかし、十分な対応が取れているケースは多くありません。
    不測の緊急事態にも最低限の業務を継続し、事業の早期復旧を実現する理想的なシステムバックアップについてご紹介いたします。

  • 詳細をみる(+をクリック)

    【情報システム部門、経営企画部門のご担当者様、経営層様向け】
    身近に迫る標的型メール攻撃の脅威! あなたの会社は「大丈夫!」と自信をもって言えますか?
    富士通マーケティングは、これまで中堅・中小企業のお客様より「最小限の投資で、最大限の効果を上げられる標的型攻撃対策はないか」との声を数多く頂いておりました。そのようなお客様のご要望をカタチにした、サービス内容・コスト面で従来にはない最適な標的型攻撃対策をご紹介いたします。

  • 詳細をみる(+をクリック)

    【情報システム部門、経営企画部門のご担当者様、経営層様向け】
    機密情報の搾取を目的に特定の組織を狙って攻撃を仕掛ける、「標的型メール」によるサイバー攻撃が日本国内で激増しています。個人のメールボックスに届く標的型メールは、従来のセキュリティ対策だけでは防ぐのは難しいもの。こうした標的型メール攻撃に対する個々の危機意識を高めるための訓練サービスをご紹介いたします。

  • 詳細をみる(+をクリック)

    【情報システム部門、経営企画部門のご担当者様、経営層様向け】
    日々進化するサイバー攻撃から社内ネットワークを守るには、強固なセキュリティシステムの構築が欠かせません。一方、システム運用においては、経営からのコストダウンの要請もあり、セキュリティ対策への大規模投資は難しいのが実態です。セキュリティレベルの向上とコスト削減。自社にとって、これらのバランスの取れた最適な対策を選択する必要があります。

  • 詳細をみる(+をクリック)

    【情報システム部門、経営企画部門のご担当者様、経営層様向け】
    今やシステムに欠かすことのできないインターネット回線。各社一様に多数のサービスが提供されている状況であり、その中から最適なサービスを選択することは困難かつ労力を伴うものです。また、運用に入ってみると様々な課題が浮き彫りとなってきます。

海外ビジネス

  • 詳細をみる(+をクリック)

    富士通マーケティングでは、世界に広がる富士通グループの国内/海外部門とシームレスに連携し、日本のお客様の海外ビジネスをサポートしています。
    富士通マーケティングの海外ビジネスサポートサービスの特長と事例をご紹介します。

  • 詳細をみる(+をクリック)

    日本との関係、進出に関連した特徴、外資規制、会社の設立、労務管理、各種税制など海外進出に役立つ情報をご覧いただけます。

  • 詳細をみる(+をクリック)

    会社経営者・役員、会社員1,000名を対象に、「日本企業の海外進出」に関するアンケート調査を実施、海外展開に「満足している」と回答した海外進出経験者は17.5%に留まりました。

医療

  • 詳細をみる(+をクリック)

    電子カルテなどを含めた院内ネットワークのセキュリティ対策には、HIS系(電子カルテ系)と情報系(インターネット系)でネットワークを分離する方法がとられてきました。しかし、サイバー攻撃や院内でのコンピューター利用の増加を背景に、単にインターネットから切り離せば安全という時代ではなくなってきました。今求められている病院の情報セキュリティ対策についてご紹介します。

  • 詳細をみる(+をクリック)

    電子カルテシステムで病院の業務がどう変わるの?クラウド型システムって何?
    そんな疑問に、分かりやすい動画や資料でお答えします。

介護

  • 詳細をみる(+をクリック)

    介護に関する専門用語や制度などの解説を随時更新し、掲載しています。

その他

  • 詳細をみる(+をクリック)

    突然IT担当に任命された「吉良くん」。パソコンの操作に少しは自信があるけど ここ数年の業績低迷を脱出するための情報システムを作り上げることができるのだろうか?
    そんな不安を抱えるひとり情シスの吉良くんが、会社の仕組みを理解して、直面する様々な課題解決のためにITを活用しながら成長していく物語。

  • 詳細をみる(+をクリック)

    日本経済は、本当に不景気なのか?本当に、日本経済は弱いのだろうか?従来の発想を変えると見える景色が変わる。あなたの会社の成長に必要な要素をチェックしてみよう。

  • 詳細をみる(+をクリック)

    富士通グループでは山梨県甲州市の奥野田ワイナリーの一角に「富士通GP2020ワインファーム」を設け、「カベルネ・ソービニヨン」の栽培にチャレンジしています。社員自らが農業体験することでの葡萄栽培の魅力と苦労、そしてIoTを活用した農業の未来について紹介していきます。

  • 詳細をみる(+をクリック)

    ICTのmikataよりピックアップしたコンテンツをご紹介します。

  • 詳細をみる(+をクリック)

    企業の事業継続に関する意識の変化について、過去5年間経営に関わっている経営層500名にアンケート調査を実施しました。意識の上昇した項目は、「災害対策/緊急時対策」「人材活用/育成」「情報インフラ/セキュリティ対策」の順となりました。

相談する

人事・総務

  • 詳細をみる(+をクリック)

    企業の発展を人事労務の側面から共に考えるベストパートナーを目指し、お客様にとって気軽に相談できるような運営を心がけていきます。

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)

 

人事総務 経理 営業・マーケティング 製造 情シス・経営企画 流通 介護 建設 その他
組立加工 装置
卸売 宿泊・飲食 小売 運輸
機械器具卸売 自動車部品卸売 建材卸売 電機・電材卸売 電子部品・半導体卸売 日用雑貨卸売 文房具卸売 包装資材卸売 菓子・飲料卸売 総合食品卸売 医療品・医薬品卸売
経営力強化 売上利益拡大 制度対応 人材活用 メンタルヘルス 効率化・コスト削減 共通テーマ リスクマネージメント グローバル展開 事業継続対策 サービス向上 営業力強化 チャネル拡大 リード獲得・育成 顧客リレーション強化 組織・マネージメント 営業・マーケ戦略 営業サポート セキュリティ対策 テクノロジー
社内実践事例 課題解決ケーススタディ システム選び コラム お役立ち情報 特設サイト マイナンバー Virtual Showroom