GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ICTのmikata >
  3. 特設サイト >
  4. おまかせマイナンバー >
  5. マイナンバー お役立ちコーナー

マイナンバー お役立ちコーナー

1. マイナンバー実務対応チェックリスト

マイナンバー実務担当者が講ずべきマイナンバーの安全管理措置の対応有無について、全122問のチェックリストにより、完璧にチェックできます。
以下の安全管理措置の検討手順から始まって、取り扱い規定の策定や具体的な4つの安全管理措置の運用について、対応の有無をチェックすることで、マイナンバーの安全管理の改善にお役立てください。

<チェックリストの内容>

  1. 安全管理措置の検討手順(範囲の明確化、担当者等の明確化など)
  2. 講ずべき安全管理措置の内容(基本方針の策定、取扱規程の策定など)
  3. 組織的安全管理措置(組織体制の整備、運用、状況を確認する手段の整備、見直しなど)
  4. 人的安全管理措置(担当者の監督、教育)
  5. 物理的安全管理措置(区域の管理、入退館(室)管理、入退館(室)管理、持ち出し禁止、物理的な保護、廃棄など)
  6. 技術的安全管理措置(アクセス者、アクセス制御、アクセス権限、情報漏えい、電子メール、情報システムの監視など)

資料のダウンロードはこちらから

下のボタンから上記資料のダウンロードができます。(ダウンロードフォームへ移動)

資料ダウンロードはこちら

2. マイナンバーQ&A

こんな疑問ありませんか?

マイナンバーに関してよくある質問について、わかりやすく 茶谷達雄氏が解説いたします。

  • 個人番号をいつまでに収集すればよいか?
  • 従業員が個人番号の提出を拒否したらどうするの?
  • 外国人は対象になるか?
  • セキュリティ対策はどこまで必要か?
  • 退職者や死亡者の特定個人情報の扱いは?

じっくり知りたい方はこちら

イメージ 昨年、弊社主催でマイナンバーセミナーを開催しました。その際、セミナー参加者の皆様よりいただいた質問事項 70問に対して、茶谷先生が回答したものをQ&A集としてまとめました。
(記載の回答内容については、内閣府からの情報提供により、内容が一部変更となる場合もございますので、ご了承ください。)

簡単に概要を知りたい方はこちら

イメージ 動画でお手軽にマイナンバーのQ&A(10問)を知ることができます。ボタンをクリックすると、動画の再生が始まります。

解説者紹介

都市情報システム研究所長、総務省「電子政府推進員」 茶谷達雄 氏

 

茶谷達雄 氏<講師略歴>
1949年より東京都職員として勤務。水道局電子計算課長、総務局電子計算課長等を経て、1985年総務局情報システム参事を最後に退職、同年都市情報システム研究所を設立。その後、東京経営短期大学経営情報学科教授、福島大学行政社会学部非常勤講師、日本社会情報学会副会長、東京都町田市情報公開・個人情報保護審議会会長、東京都荒川区情報セキュリティ監査人、等を歴任。
 現在、都市情報システム研究所長、情報システムコンサルタント(日本情報システムユーザー協会認定)、総務省「電子政府推進員」、東京都港区個人情報保護運営審議会会長、東京都杉並区情報公開・個人情報保護審議会会長、東京都後期高齢者医療広域連合個人情報保護審議会会長 等。

マイナンバーのシステム対応についてアンケートを実施

関連ページ

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。