GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ICTのmikata>
  3. 身近になったIoT活用 ~これからの強い日本の農業を支えるICT~

身近になったIoT活用 ~これからの強い日本の農業を支えるICT~

農業ICT

奥野田ワイナリーと富士通の先進的な取り組み

富士通グループでは社員の福利厚生および地方支援、社会貢献活動の一環として、2009年より山梨県甲州市のワイナリー「奥野田葡萄酒醸造(以下、奥野田ワイナリー)」の農園の一角に「富士通GP2020ワインファーム」を設け、ワイン用葡萄の国際品種「カベルネ・ソービニヨン」の栽培にチャレンジし、その栽培した葡萄からプライベートワインも作っています。
社員自らが1年間の農業体験することでの葡萄栽培の魅力と苦労、そしてIoTを活用した農業の未来について紹介していきます。

トピックス

[コラム]奥野田ワイナリーの挑戦

イメージ

なぜヨーロッパのワイン産地とは正反対な山梨で高品質のワインが作れるのでしょうか?本編では奥野田葡萄酒醸造の中村社長に自然の力を最大限生かした農業の科学と先進のIoT活用事例についてご紹介いただきます。

詳細はこちら 

[体験リポート]美味しいワインができるまで

イメージ

社員自らが奥野田ワイナリーの農場の一角でカベルネ・ソーヴィニヨンの葡萄栽培を体験することで、基本的な栽培や収穫から、農地の適切管理が生物多様性保全に貢献することの理解を深めます。



詳細はこちら 

このコンテンツはInternet Explorer をご使用の場合、互換表示設定を無効にしてご覧ください。
 (メニュー:ツール>互換表示設定)


新着記事

一覧へ 

 
 
 

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)

 

人事総務 経理 営業・マーケティング 製造 情シス・経営企画 流通 介護 建設 その他
組立加工 装置
卸売 宿泊・飲食 小売 運輸
機械器具卸売 自動車部品卸売 建材卸売 電機・電材卸売 電子部品・半導体卸売 日用雑貨卸売 文房具卸売 包装資材卸売 菓子・飲料卸売 総合食品卸売 医療品・医薬品卸売
経営力強化 売上利益拡大 制度対応 人材活用 メンタルヘルス 効率化・コスト削減 共通テーマ リスクマネージメント グローバル展開 事業継続対策 サービス向上 営業力強化 チャネル拡大 リード獲得・育成 顧客リレーション強化 組織・マネージメント 営業・マーケ戦略 営業サポート セキュリティ対策 テクノロジー
社内実践事例 課題解決ケーススタディ システム選び コラム お役立ち情報 特設サイト マイナンバー Virtual Showroom