GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

沿革

株式会社富士通マーケティングの創業期から現在までをご紹介します。

昭和22年(1947)
  • 4月   当社の前身である石井通信工業株式会社設立
昭和23年(1948)
  • 4月   電話交換機製造のため、川崎工場を開設
昭和36年(1961)
  • 5月   稲城工場を開設
昭和42年(1967)
  • 10月   FACOM電子計算機の販売を開始
昭和43年(1968)
  • 3月   電算機の保守業務を開始
  • 9月   富士通株式会社の完全子会社となる
昭和47年(1972)
  • 8月   商号変更富士通興業株式会社
昭和60年(1985)
  • 4月   商号変更株式会社富士通ビジネスシステム
昭和61年(1986)
  • 6月   東京都稲城市に研修センターを建設
昭和62年(1987)
  • 2月   東京証券取引所市場第二部上場
  • 12月   東海電設工業株式会社と合併
平成2年(1990)
  • 3月   神戸市に関西開発センターを建設
平成4年(1992)
  • 9月   神戸市に神戸社宅・神戸寮を建設
平成8年(1996)
  • 8月   本社を文京区後楽に移転
平成9年(1997)
  • 4月   創立50周年式典を開催
平成11年(1999)
  • 9月   東京証券取引所市場第一部上場
平成15年(2003)
  • 10月   東京証券取引所の所属業種が情報・通信業に変更
平成21年(2009)
  • 7月   富士通(株)との株式交換に伴い上場廃止
  • 8月   富士通(株)の完全子会社となる
平成22年(2010)
  • 10月   「株式会社富士通マーケティング」に社名変更
平成26年(2014)
  • 10月   本社を現在の港区(品川)に移転