GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 会社概要 >
  3. コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

当社のコーポレート・ガバナンスの状況は以下のとおりです。

基本的な考え方

当社は、株主・顧客・従業員・社会等のステークホルダーの視点に立った経営を行うことを基本とし、一層の企業価値向上のため、コーポレート・ガバナンスの強化を経営上の重要課題と認識しております。

取締役会において執行役員を選任し、経営の監督機能と執行機能の分離を行うことによって、迅速かつ的確な意思決定を行っております。経営の基本方針の策定、法令等で定められた事項、その他経営に関する重要事項を決定するとともに、執行役員の業務執行状況を監督しております。

当社は、監査役制度を採用しております。監査役3名は、取締役会その他の重要な会議に出席する他、必要に応じ取締役および執行役員から意見を聴取する等、独立の立場で取締役および執行役員の職務執行を監督しております。

内部監査は、富士通株式会社の経営監査室により、随時、業務監査を行っております。

外部監査は、新日本有限責任監査法人に依頼しており、適正な情報の提供を行い、適正な監査を受けております。

当社は、企業価値の持続的向上を図るためには、経営の効率化を追求するとともに、事業活動により生ずるリスクをコントロールすることが必要であるとの基本認識のもと、内部統制体制の強化を進めております。