GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通北陸システムズ

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2016年 >
  4. 『超高速マシンOracle Engineered Systems事前検証サービス』を提供開始

[ サービス ]

2016年8月30日
株式会社富士通北陸システムズ
株式会社富士通九州システムサービス

『超高速マシンOracle Engineered Systems事前検証サービス』を提供開始

~Oracleエキスパートが提供する事前検証センター~

株式会社富士通北陸システムズ(代表取締役社長:寺田 満明、本社:石川県金沢市)と株式会社富士通九州システムサービス(代表取締役社長:松井 和男、本社:福岡県福岡市)は、データ分析専用マシン「Oracle Exalytics In-Memory Machine」およびデータベース専用マシン「Oracle Exadata」を使用した事前検証サービス『超高速マシン Oracle Engineered Systems 事前検証サービス』を本日より提供いたします。大量データを利用した高速データ分析を必要とするお客様の事前検証環境としてご利用いただけます。

【サービスの概要】

本サービスでは、日本オラクルのデータ分析専用マシン「Oracle Exalytics In-Memory Machine」およびデータベース専用マシン「Oracle Exadata」を利用し、機器導入前のお客様がデータ分析ソフトウェア「Oracle Business Intelligence」およびデータベース管理ソフトウェア「Oracle Database」による処理性能や操作感、In-Memory機能による性能改善効果を事前に確認いただくことができます。

本サービスの概要は以下になります。
項番 名称 概要 価格
1 超高速分析マシン Exalytics 事前検証サービス
  • Oracle Business Intelligenceでの分析/レポートの性能、実現性、操作性についてお客様に用意いただいたデータを使用して検証を行います。
  • Oracle Discovererや他社BI製品からの移植性について、お客様に用意いただいたデータを使用して検証を行います。
30万円から
(個別見積)
2 超高速データベース Exadata 事前検証サービス
  • Oracle Databaseでのデータ処理性能測定、Oracle Database In-Memory機能による性能改善効果について、お客様に用意いただいたデータおよび、お客様のテストツールを使用して検証を行います。
30万円から
(個別見積)

事前検証サービススケジュール例(全体で1~2ヶ月を想定)

事前検証サービススケジュール例

事前検証サービスの実施例

1) Oracle DiscovererやOracle製品以外のBI製品から移行時の事前検証

お客様環境でのデータ、レポート、クエリ定義、設計書を基に弊社事前検証センターにてレポートを作成します。事前検証にて作成した環境をお客様に実際にご確認いただくことにより、実際のレポート出力時の操作感を体験していただくことが可能です。また、お客様環境からOracle Business Intelligenceへの操作性および移植性についてご確認いただけます。

Oracle DiscovererやOracle製品以外のBI製品から移行時の事前検証

2) Oracle Database 旧バージョンや、Oracle製品以外のDB製品からのデータベース移行時の事前検証

お客様に用意いただいたデータおよびテストツールを使用し、Oracle Exadataにおける更新・参照処理の処理速度計測を実施します。また、Oracle Database In-Memory機能による性能改善効果やOracle Exadataで使用できる高圧縮機能HCC(Hybrid Columnar Compression)のデータ圧縮効率を確認することも可能です。

Oracle Database 旧バージョンや、Oracle製品以外のDB製品からのデータベース移行時の事前検証

サービスの詳細については、下記URLをご参照ください。

http://www.fujitsu.com/jp/group/fjh/solutions/for-exa/engineered-poc/index.html

前提条件

Oracle Business Intelligence 11g 以降、Oracle Database 11g(※) 以降
※ Oracle Database In-Memory機能はOracle Database 12c以降で使用可能な機能です。

販売開始日

即日

オラクル製品への取組みについて

株式会社富士通北陸システムズおよび株式会社富士通九州システムサービスは2013年以降、Oracle Business IntelligenceによるBIシステム構築を協同で取り組んでおります。他社製品からの移行を含む大規模システムの豊富な経験と知見を活かし、データベース基盤の構築からBIシステムの構築までワンストップのサービスを提供しております。

株式会社富士通北陸システムズはオラクルデータベース認定資格制度ORACLE MASTERの最高峰である「ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g」の資格取得数が2008年より8年連続国内No.1となりました。(2016年8月現在、ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g資格取得数:40、12c資格取得数:12 )

このORACLE MASTER Platinum資格取得者のノウハウを最大限に活かし、今後、お客様に最適なソリューションを提供してまいります。

提供可能なオラクルデータベースソリューション

様々なオラクルデータベースソリューションにおいて、ORACLE MASTER Platinum資格取得者による付加価値の高いサービスをご提供いたします。

プロフェショナルサービス・ソリューション

詳細については、下記URLをご参照ください。

http://www.fujitsu.com/jp/group/fjh/services/

日本オラクル株式会社様からのエンドースメント

日本オラクルは、富士通北陸システムズおよび富士通九州システムサービスによる、オラクルのエンジニアド・システムを活用した「超高速マシン Oracle Engineered System 事前検証サービス」の発表を歓迎いたします。

富士通北陸システムズと富士通九州システムサービスは、オラクル製品を用いた大規模データベース基盤の構築からBIシステムの構築まで、ワンストップのサービスを長年にわたり提供してきました。

ペタバイト級のデータや数千から数万人単位のデータ分析・活用ニーズが高まる中、両社の豊富な経験を活かし、スペシャリストによる事前検証を行うことで、「Oracle Exalytics」および「Oracle Exadata」によるお客様のインメモリ・データ分析基盤をより迅速かつ低リスクに提供されることを期待しております。

日本オラクル株式会社
執行役副社長
クラウド・テクノロジー事業統括
石積 尚幸

商標について

OracleとJavaは、Oracle Corporation及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

お客様お問い合わせ先

株式会社富士通北陸システムズ
クラウド&データマネジメント事業本部 長柄(ながら)、大田(おおた)
icon-telephone電話:03-5782-7511
icon-mailE-mail:fjh-data-contact@cs.jp.fujitsu.com

株式会社富士通九州システムサービス
基盤ソリューション本部 中武(なかたけ)、目原(めはら)、深川(ふかがわ)
icon-telephone電話:03-6424-9903
icon-mailE-mail:fqss-obi-contact@cs.jp.fujitsu.com