GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通北陸システムズ

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2015年 >
  4. 『Fujitsu セキュリティソリューション データベース不正アクセス監視』を提供開始

『Fujitsu セキュリティソリューション データベース不正アクセス監視』を提供開始

~ORACLE MASTER Platinum認定資格者による、次世代クラウドの高品質なデータベースセキュリティシステム~

株式会社富士通北陸システムズ(代表取締役社長:大森 洋嗣、本社:石川県金沢市 以下、FJH)は、あらゆる業種業務のICT活用を可能とする『クラウド基盤』において、データベースのセキュリティにフォーカスした新ソリューション『Fujitsuセキュリティソリューション データベース不正アクセス監視』を本日より提供いたします。

『データベース不正アクセス監視』は、企業の重要情報が蓄積されたデータベースへのアクセスに対する脅威を検出し、管理者への警告通知、監査ログの分析といったセキュリティ機能を、既存システムに手を加えることなく提供するソリューションです。
当社は、データベース・アクティビティ監視とファイアウォール機能を備えた製品『Oracle Audit Vault and Database Firewall』の導入から運用までを、専任のサービス担当がご支援いたします。

なお、本ソリューションは、オラクル認定資格の最高峰であるORACLE MASTER Platinum資格取得者数7年連続国内第一位(*1)の認定技術者によるプロフェッショナルサービスとしてご提供し、企業内のデータを不正なアクセスから守るためのデータベースセキュリティシステムの容易な導入と運用が可能となります。
(*1)2014年8月現在ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g 取得数:34

2015年3月24日

当社は、Oracle Database認定資格制度ORACLE MASTERの最高峰である「ORACLE MASTER Platinum」の資格取得数7年連続国内トップに裏付けされた高い技術力にて、「Oracle Audit Vault and Database Firewall」を活用したデータベースセキュリティシステムサービス『Fujitsu セキュリティソリューション データベース不正アクセス監視』を本日より提供開始いたします。

近年、企業内システムの高度化に伴い様々なデータが蓄積され、管理する情報資産は飛躍的に増大しています。一方、そのデータを狙った攻撃やクラッキングも年々増加、データベース情報の不正参照や書き換えによる企業の情報漏えい被害が多発しています。加えてクラウド化によるデータの集約で、情報資産のセキュリティ脅威は高まっており、従来からの"ネットワークを中心とした入口/出口対策"だけではなく、"データベースそのものに対するセキュリティシステム"が必要となっています。

当社は、データベースのセキュリティシステム導入を検討されるお客様に、「Oracle Audit Vault and Database Firewall」を活用したデータベースセキュリティシステムの"設計・構築"から"運用支援"までをカバーするサービス『Fujitsu セキュリティソリューション データベース不正アクセス監視』を新たに提供いたします。

サービス概要

データベース・アクティビティ監視とファイアウォール機能を備えた製品『Oracle Audit Vault and Database Firewall (Oracle AVDF)』を、"富士通で唯一の専任サービス部門による、安心・確実なサービス導入"により、以下のセキュリティ機能を提供いたします。

  • 既存のシステムを変更することなく、監査の設定が可能
  • 性能に影響を与えることなく、データベースの参照や操作に関する通信をモニタリングし、怪しい通信は指定したメールアドレスへ即座に通知
  • 収集した監査ログから、いつ・だれが・どこから・SQL文の内容・実行時間等が確認可能
  • 管理・監視を一元的に管理し、ログの分析やアラート、レポーティングを実施、データベースへのアクセス状況をグラフ付きのレポートで出力

本サービスの標準構成

標準構成図

  • Database Firewall Server
    ネットワークトラフィックを受信し、モニタリングを行うネットワーク・サーバ
  • Audit Vault Server
    ログを集約するリポジトリ・サーバ
    管理・監視を一元的に管理し、ログの分析やアラート、レポーティングを行う
  • Audit Vault Agent
    監査対象上で動作するJAVAアプリケーション
    監査対象が出力した監査ログを収集し、定期的にAudit Vault Serverへ送信する

導入・運用サービス

  • AVDF導入運用支援サービス:Audit Vault and Database Firewall方式設計、構築、導入後運用支援
    • 要件確認:Database Firewall環境構成のヒアリング
    • 設計:方式設計、OS設計、ネットワーク設計
    • 構築:製品インストール、監視対象DB環境設定
    • 運用ポリシー作成支援、レポートカスタマイズ支援、操作手順作成、操作説明

販売開始日

即日

販売価格

AVDF導入運用支援サービス 280万円から(個別見積もり)

販売目標

今後3年間で1.5億円の売上を計画しています。

当社のオラクル製品への取組みについて

当社は、1991年にオラクル製品の評価作業からデータベース製品への開発・サポートに携わり、長年に渡り継続的なノウハウの蓄積に努め、オラクルデータベースに特化した様々な独自のソリューションサービスを創出して参りました。また、データベース本体のみならず、周辺ツールやICTインフラに至るまでのすべてについて設計/構築が可能な体制を有し、富士通グループのオラクルビジネスの中心的役割を担っております。

また、オラクルデータベース認定資格制度ORACLE MASTERの最高峰である「ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g」の資格取得数が2008年より7年連続国内No.1となり、日本オラクルより「ORACLE MASTER Platinum Award」を受賞しました。(2014年8月現在、ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g資格取得数:34)
このORACLE MASTER Platinum資格取得者のノウハウを最大限に活かし、今後、お客様に最適なソリューションを提供してまいります。

当社は、2015年4月9日~4月10日開催の「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」にプラチナスポンサーとして協賛しています。「セッション講演」は次の通りです。

日時 4月9日(木曜)12時~12時45分(ランチセッション)S1-110
テーマ Platinumが語る!クラウド/ビッグデータ基盤を支える最新テクノロジーの実践

日本オラクル株式会社様からのエンドースメント

日本オラクルは、富士通北陸システムズによるOracle Audit Vault and Database Firewall (Oracle AVDF)を活用した『Fujitsuセキュリティソリューション データベース不正アクセス監視』の提供を歓迎いたします。

昨今、深刻化している顧客情報漏えいなどへの対策やマイナンバー制度への対応のため、最も重要な情報が格納されるデータベースの多層防御によるセキュリティ対策の重要性がクローズアップされています。万が一、不正なアクセスが発生した際、包括的なログ取得・保全と定期的な分析を実現するOracle AVDFを活用し脅威を早期に検知することで被害を最小限にすることができます。

富士通北陸システムズは卓越したデータベースノウハウを保有するパートナーであり、多くのお客様へのOracle Databaseの導入実績があります。今後もオラクルは富士通北陸システムズと密に連携し、お客様の重要な資産であるデータベースをより強固に守るソリューションをご提供してまいります。

日本オラクル株式会社
副社長執行役員 データベース事業統括
三澤 智光

当社が提供するオラクルデータベースソリューション

様々なオラクルデータベースソリューションにおいて、ORACLE MASTER Platinum資格取得者による付加価値の高いサービスをご提供いたします。

プロフェッショナル データベース・ソリューション

詳細については、下記URLをご参照ください。(FJH 製品&サービス ホームページ)
http://www.fujitsu.com/fjh/services/

株式会社富士通北陸システムズ

本社所在地 石川県金沢市増泉3-4-30
代表者 代表取締役社長 大森 洋嗣
設立 1983年9月
URL http://www.fujitsu.com/jp/fjh/
事業所 東京、金沢、富山、福井
事業内容
  • データベースシステム関連サービス、ICT基盤関連インフラ構築サービス
    クラウド基盤設計構築
    Oracle Engineered Systems設計構築
    Oracle製品のサポートビジネス
    データベース設計・データベース環境構築
    大規模ミッションクリティカルシステムにおけるデータベース適用業務
  • ソフトウェアプロダクトの開発/サポート
  • システムインテグレーション、コンサルティング

商標について

OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

日付: 2015年3月24日
会社名: 株式会社富士通北陸システムズ

本件に関するお問い合わせ先

株式会社富士通北陸システムズ
データベースソリューション事業本部 長柄(ながら)
icon-telephone電話:03-5782-7511
icon-mailE-mail:fjh-dbsupport@ml.jp.fujitsu.com