GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

2次元コードシステム導入例

通常画像二次元バーコード

QRコードはfit7000シリーズが、コマンドによる処理で対応しております。


運送管理システム

2次元コードシステム導入例

荷送人 荷主・荷受人・品名・数量等の情報をQRコード化して運送伝票に印刷   運送業者   中継
運送業者
  荷受人
荷送 荷物 運送 運送 荷受け
  • 導入効果
    • 現品と情報が一元化。万一情報が伝達されなくても運用が可能。
    • QRコードをスキャンすることで、運送管理システムへのデータ入力が可能。
    • 中継運送伝票を再起票する際に、QRコードをスキャンすることにより起票可能。

出荷管理システム

出荷実績管理システムの導入例

メーカー・販社の倉庫 出荷先、商品名、数量等の情報をQRコード化して出荷伝票(納入伝票)に印刷   納入先
倉庫 箱 荷受け
  • 導入効果
    • 出荷実績の記録が可能。(以前は、手作業の記録となるため手間がかかり、出荷実績記録はなし)
    • 多品種な商品でも、出荷検品作業の自動化が可能。
    • 不良品発生、商品未到着などトラブル発生時の処理が迅速化。

入荷検品システム

納入元 混載商品の明細をQRコード化し、納入伝票に印刷     販売店
  • 導入効果
    • 納入伝票に印刷されたQRコードをスキャンすることで一括検品が可能、検品業務の負荷が軽減。
    • 検品ミスの撲滅、商品相違、欠品発生時の処理迅速化。