GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ICTお役立ち情報

ICTお役立ち情報

 クラウド  企業の成長を促す“攻めのIT”基盤とは 企業の成長を促す“攻めのIT”基盤とは

【クラウド活用術】企業ITは業務効率化やコスト削減等“守りのIT”として活用されてきましたが、欧米などで高い収益を上げている企業では、商品開発強化やビジネスモデル変革といった“攻めのIT”への投資が進んでいます。クラウドサービスを活用し、“攻めのIT”基盤を構築したお客様の事例を取り上げ、そのポイントについて解説します。

 クラウド  法律上規制の厳しい業界のクラウド活用法 法律上規制の厳しい業界のクラウド活用法

【クラウド活用術】企業が情報システムの設計や移行に際してクラウドサービスの採用を第一に検討する「クラウドファースト」の考え方が定着する一方で、様々な理由からクラウドの採用を見送る企業も少なくありません。また、金融や医療、製薬業、自治体等、法律上の制約からクラウドの利用ハードルが高く、普及が進んでいない業界もあります。

 クラウド  クラウド選定時にチェックしたいセキュリティのポイント クラウド選定時にチェックしたいセキュリティのポイント

【5分でわかる!クラウド入門】企業におけるクラウド導入は拡大を続けており、総務省の発表した『平成26年通信利用動向調査』におけるクラウドの利用状況に関する調査では、何らかのクラウドサービスを利用している企業が全体の約40%となっています。一方、クラウドを利用していない企業は、「セキュリティに不安がある」(34.5%)を「必要がない」(44.7%)に次ぐ2番目の理由として挙げています。

 クラウド  “クラウドファースト”がビジネスにもたらすメリットとは? “クラウドファースト”がビジネスにもたらすメリットとは?

【5分でわかる!クラウド入門】登場からわずか10年ほどで情報システムのプラットフォームの有力な選択肢となったクラウドコンピューティング。様々な企業での活用が進み、いまや情報システムを新しく構築したり、既存システムを移行したりする際に、クラウドサービスの採用を第一に検討する「クラウドファースト」が企業のスタンダードとなっています。そのメリットとは何か、再確認してみましょう。

 セキュリティ  対策を講じていても大事件に!標的型攻撃を防ぐのはもはやムリなのか? 対策を講じていても大事件に!標的型攻撃を防ぐのはもはやムリなのか?

(2016年8月22日掲載)つい最近も大規模の情報漏洩事件が世間を騒がせました。標的型攻撃対策のリスクは以前から叫ばれているものの、その被害は後を絶ちません。企業側もただ手をこまねいていたわけではなく、外部のセキュリティ会社によるネットワーク監視のほか、定期的に標的型攻撃メールを想定した訓練まで行っていたにもかかわらず、防げなかったのです。

 セキュリティ  標的型攻撃対策としてこれだけは訓練したい!不審メールの「見分け方」と「開けちゃった!アトにすべきこと」 標的型攻撃対策としてこれだけは訓練したい!不審メールの「見分け方」と「開けちゃった!アトにすべきこと」

(2016年8月22日掲載)年々サイバー攻撃が巧妙化し、その被害が拡大しています。最近も大規模な情報漏洩事件が報じられたばかりですが、情報漏洩に気付かないために何の対策も打てず被害が拡大・深刻化するケースも少なくありません。特定の企業を狙い撃ちにする標的型攻撃メールは防ぐのが難しく、“何かのセキュリティ対策製品やサービスを入れれば安心”ではありません。

 セキュリティ  第1回 マイナンバー時代のビジネスを一歩リードする情報漏洩対策 「守り」から「攻め」へ。変化するIT投資のあり方

(2016年3月4日掲載)マイナンバー制度の導入や2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会開催を見据えて、企業に個人情報管理の内部統制が求められ、情報漏洩リスクを回避するセキュリティシステムの導入はあたりまえの時代になりました。

 セキュリティ  第2回 マイナンバー時代のビジネスを一歩リードする情報漏洩対策 「攻め」の暗号化ファイル伝送ツール「Confidential Posting」

(2016年3月4日掲載)企業の競争力を高めて新たな価値を創出する「攻めのIT投資・利活用」の視点から、データ送受信の安全性とビジネスの生産性を同時に担保することのできるセキュリティシステムが求められています。

 セキュリティ  SSLサーバ証明書の解説と選び方 SSLサーバ証明書の解説と選び方のイメージ

(2016年1月31日掲載)ウェブサイトの「安全性」は備えるべき必須条件の1つです。そこで求められるのが、世界標準のセキュリティ技術、SSL(Secure Sockets Layer)です。 このページでは、SSLの機能や役割、SSLの種類、適切な選び方をお伝えします。

 リテイル  クラウド型分析サービス「ValueFront Analytics」顧客情報、商品購買情報の利活用を支援する分析ソリューションを提供 概要図

(2016年3月1日掲載)人口減少や消費者嗜好の多様化、オムニチャネルアクセスなど小売業を取り巻く環境が変化するなかで、より効果的なマーケティング施策を打つために顧客動向の分析に乗り出す企業が増えている。

GTM-KRVVZD