GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ソリューション >
  3. 業種別ソリューション >
  4. ヘルスケアソリューション >
  5. 医療情報分析支援システム「MedicalCabinet R」

医療情報分析支援システム FUJITSU ヘルスケアソリューション MedicalCabinet R (メディカルキャビネットアール)

医療事務システム「HOPE SX-S」対応版 「MedicalCabinet S」 2016年12月リリース
特長 | システム概要図 | 機能 | 画面例 | 動作環境 | 価格 | カタログ | お問い合わせ

医療情報分析支援システム「MedicalCabinet R」は、富士通株式会社が開発した医療事務システム「HOPE SX-R」に対応した、外来患者数やレセプト情報など、医療情報データの分析を支援するシステムです。「HOPE SX-J」に対応し、2006年より販売している「MedicalCabinet J」の機能はそのままに、操作性・利便性をさらに高め、医療機関様の経営安定化をご支援いたします。
(注)本パッケージは、富士通(株)開発 医療事務システム「HOPE SX-R」、クラウド型電子カルテシステム「HOPE Cloud Chart」に対応しています。

医療情報分析支援システム「MedicalCabinet R」の特長

  • 項目を選択していく対話形式の簡単操作でお客様独自の定型帳票をExcelで作成できます。
  • お客様独自の切り口で定型帳票を設定できるため、病院収支の把握等、経営分析に利用することが可能です。
  • Excelブックのセルを選択するだけの掘り下げ機能(ドリルダウン)により内訳明細を簡単に作成できます。
  • 病院経営に役立つ「病院経営指標」など帳票フォーマットを標準搭載しています。
  • データの暗号化や利用者を制限する機能により、大切な情報の漏洩を防ぎます。

医療情報分析支援システム「MedicalCabinet R」の概要図

医療情報分析支援システム「MedicalCabinet R」の概要図イメージ

医療情報分析支援システム「MedicalCabinet R」の機能

基本パッケージ
データ取込 医療事務システム(HOPE SX-R)より患者数データ、行為別データ、収納情報、病名情報等のデータを取り込みます
標準帳票
(31帳票)
  • 科別
  • 医師別
  • 病棟別
  • 年齢階層別
  • 月別の収益
  • 人数情報
  • 患者別診療費
  • 包括情報
  • リハビリ単位数
  • 診療行為別件数
  • 金額
  • 包括情報
  • 入外別患者数日誌
などを切り口とした31帳票
新規帳票作成 対話形式による操作でExcel帳票をデザイン・作成します
既存帳票作成 作成した帳票を決まったサイクルで活用したり、帳票の一部やレイアウト定義を利用した別帳票を作成します
掘り下げ機能
(ドリルダウン)
作成した帳票の各項目ごとの内訳明細を確認したり、指定したグルーピングで分類して集計したりなど様々な分析を行います
支援業務 個人情報利用の権限設定や、稼動日数に利用する休日設定を行います
セキュリティ対策 利用者認証機能、データ暗号化機能、個人情報利用資格設定機能、集計結果のExcel保存時におけるパスワード設定機能

国立病院機構様向けには、基本パッケージに以下の機能を搭載しております。(2010年9月策定の国立病院機構 共通仕様書8.0版に対応)

医事統計 院内統計・報告用統計資料を作成します
債権管理
  • 患者債権、診療費債権、ならびに患者外債権(国保、基金、市町村等)について管理業務を行います
  • 収入日報作成、決定書発行、債権管理簿納付書発行、計算カード区分用紙、返戻などの各種整理簿、調定内訳書、診療費管理台帳等を発行します
  • 診療部(第二共済)の請求管理業務を行います
  • 調定管理業務、カード決済業務などを行います
財務会計
データ連携
国立病院機構本部提示の財務連携・管理会計システムデータ連携仕様書 Ver160226に準拠した、連携用データを作成します
機能評価支援
  • ICD10コード別に「該当患者台帳」「行為検索一覧表」を作成します
  • 「初診患者紹介率集計」等を作成します
オプションパッケージ
DPC分析
オプション
DPC診断群分類ごとに包括請求金額と出来高算定時の金額を比較し、収益の分析が行えます
精神科統計
オプション
厚生労働省から報告依頼のある「精神保健福祉資料」について、テンプレートなどを用い作成を支援します

医療情報分析支援システム「MedicalCabinet R」の画面例

帳票項目選択画面イメージ

帳票項目選択画面

拡大イメージ (106 KB)

 
帳票項目設定画面イメージ

帳票項目設定画面

拡大イメージ (154 KB)

掘り下げ機能(ドリルダウン)による内訳明細イメージ

掘り下げ機能(ドリルダウン)による内訳明細

拡大イメージ (209 KB)

 
標準帳票1例	イメージ

標準帳票1例

拡大イメージ (271 KB)


医療情報分析支援システム「MedicalCabinet R」の動作環境

摘要 サーバ クライアント
CPU Core 2 Duo(相当) 2.5GHz以上 Core 2 Duo(相当)
2.5GHz以上(推奨)
HDD
  1. 診療所~小規模病院(無床~100床以下):40GB
  2. 中小規模病院向け(101~199床以下):80GB
  3. 中規模病院向け(200床以上):146GB
精神科病院向けについては、500床以下が1、501床以上が2に該当します。
40GB以上
メモリ 4GB以上(8GB推奨) 4GB以上
OS Windows Server 2008 R2/2012 R2、
Windows 7 Pro(32bit版)/8.1 Pro(64bit版)
Windows 7 Pro(32bit版)/
8.1 Pro(64bit版)
10 Pro(64bit版)
必須ソフトウェア Oracle Database Standard Edition 2 Microsoft Excel 2010以降(32bit版)

注1:サーバについては、HOPE SX-R稼動を利用します。
注2:クライアントについては、HOPE SX-R稼動クライアントを利用します。
注3:「HOPE Cloud Chart」に対応。「HOPE Cloud Chart」を利用の場合、動作環境は「HOPE Cloud Chart」の標準環境に準拠します。


医療情報分析支援システム「MedicalCabinet R」の価格

システム名 標準販売価格
パッケージ MedicalCabinet R システム 詳細はお問合せください。

医療情報分析支援システム「MedicalCabinet R」のカタログダウンロード

ダウンロードフォームに必要事項をご入力後、「MedicalCabinet R」のカタログをダウンロードいただけます。

カタログダウンロード


医療情報分析支援システム「MedicalCabinet R」のお問い合わせ

ヘルスケアソリューションの導入をご検討されているお客様の各種ご質問、お見積りやサービス導入のご相談などを承ります。ぜひ、お気軽にご相談ください。後ほど当社担当者より折り返しご連絡させていただきます。

お問い合わせ

富士通エフ・アイ・ピーの医療情報分析支援システム「MedicalCabinet R」

富士通エフ・アイ・ピーの医療情報分析支援システム「MedicalCabinet R」は、富士通株式会社が開発した医療事務システム「HOPE SX-R」に対応した、外来患者数やレセプト情報など、医療情報データの分析を支援するシステムです。「HOPE SX-J」に対応し、2006年より販売している「MedicalCabinet J」の機能はそのままに、操作性・利便性をさらに高め、医療機関様の経営安定化をご支援いたします。

GTM-KRVVZD