GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

流通BMS対応EDIサービス FUJITSU 流通業ソリューション TradeFront/AE (トレードフロント エーイー)

「TradeFront/AE」は流通ビジネスメッセージ標準(Business Message Standards:BMS)に対応したEDIを実現できるサービスです。2007年4月にリリースされた流通BMSは、今後流通業界で使用していくEDI標準となることが予想されます。「TradeFront/AE」は流通BMS標準対応はもちろん、多くのお客様にご利用いただいている従来型のEDIとの相互接続をご提供しますので、スムーズな導入が可能です。


みんなつながる流通BMS

本サービスは経済産業省の流通BMS(基本形)Ver1.0、Ver1.1、Ver1.2、Ver1.3、生鮮版(暫定)Ver1.0、Ver1.2及び流通BMS(百貨店版)Ver1.0、Ver2.0、Ver2.1に適合しています。(適合範囲は、以下、サービス概要図の通りです。)

「流通ビジネスメッセージ標準」ならびに「流通BMS」は財団法人流通システム開発センターの登録商標です。


こんな企業様におすすめ!

  • 流通業界標準である流通BMSに対応したEDIを導入・移行したい。
  • EDIに係わる運用コストを低減したい。
  • 受発注業務を効率化し、本来業務に集中したい。
  • 日々の受発注業務に係わるEDIシステムは実績が豊富な会社に任せたい。
  • 多様な取引先の規模/接続形態に合わせたEDIを展開したい。

流通BMS対応EDIサービス「TradeFront/AE」の特長

流通BMSへスムーズ移行

EDIシステムの構築・運用はもちろん、導入計画作成から、お取引先様説明支援、運用後の問合せ対応などの各種サポートまで、FIPがしっかりと導入をご支援いたします。

お取引先様への接続対応も充実

接続するお取引先の規模や業務形態に柔軟に対応できるよう、クライアントパッケージ(iTERAN/AE)やWeb-EDI等、様々な接続環境をご提供いたします。

豊富な実績による確かな技術

小売業様250社、お取引先様30,000社へのEDIサービスご提供にて培ったノウハウを元に、業界のトップランナーとしてEDIを提供してきたFIPが「TradeFront/AE」を支えます。

安心・安全をお約束するサポート体制

24時間365日体制で問合せを受付、業務に精通したSEが迅速に対応いたします。導入から運用までの一環したサポートにより、安心・安全なEDIサービスをご提供します。

事業継続を実現

バックアップシステムを遠隔地に設置

データセンターを活かしてバックアップシステムを遠隔地に設置し、万が一の災害時にシステム停止及び、受発注データ損失を回避します。
EDIディザスタリカバリーオプション「TradeFront/DR」


流通BMS対応EDIサービス「TradeFront/AE」の概要図

流通BMS対応EDIと現行EDIを相互接続し、お客様の環境に合わせてご自由に通信手段を選択できます。
(注)流通BMSはインターネットを使った通信プロトコルでebMS、AS2、JXの3種類が規定されています。


流通BMS対応EDIサービス「TradeFront/AE」の機能

マルチプロトコル 流通BMSで採用された通信プロトコル(ebMS.AS2,JX)のほか、全銀TCP/IPやJCA手順等の既存通信プロトコルをサポートします。
フォーマット変換 流通BMSと固定長フォーマット間の相互変換機能をサポートします。現在ご利用中の既存データフォーマットをそのまま利用することも可能です。(一部制限があります。)
Web-EDI 小規模お取引様向けにWeb画面によるEDI業務機能を提供します。
業務支援機能 データ送受信状況の照会機能、連絡用の掲示板(お知らせ)機能、データ発生やエラー発生等のお知らせ情報のeメール通知機能など受発注業務を支援する機能を提供します。

導入・運用支援サービス(オプション)

流通BMS対応EDI導入支援サービス

専門スタッフによる専属ご支援を行います。

  • 流通BMS対応EDI説明会の準備・手配をご支援、お客様の自社情報システムの流通BMS対応をご支援。
  • 取引先との調整をお客様に代わり実施。事前アンケートの実施、説明資料作成支援、導入に関するQ&Aの対応。

マッピングテーブル作成支援サービス

導入に際し、流通BMSに精通したSEが、標準仕様の知識と実装経験をもとに、小売業様、お取引先様のそれぞれに 安全で効率的なマッピングテーブルの構築をご支援いたします。


障害時運用支援サービス

障害発生時の業務影響を最小限に抑える運用支援サービスをご提供いたします。

  • 障害速報FAX配信:小売業様、iDCでの大規模障害発生時にお取引先様への障害状況をFAXでお知らせ。
  • お取引先様でのマシントラブル時、伝票の代行発行を行いお取引先様へFAX配信。
  • お取引先様でのマシントラブルによるEDIアプリケ-ション(通信ソフト、iTERAN/AE等)の再インストール・ 設定を行い迅速な復旧を実施。

導入イメージ


流通BMS対応EDIサービス「TradeFront/AE」の導入事例

ユニリーバ・ジャパン様のイメージ画像

ユニリーバ・ジャパン様
日本初のEDIデータ国際標準化をSaaS型サービスで実現。[流通BMS対応EDIサービス「TradeFront/AE」]

株式会社成城石井様のイメージ画像

株式会社成城石井様
流通BMS対応EDIへの移行で、受発注業務の効率化とお客様サービスの向上を実現。[流通BMS対応EDIサービス「TradeFront/AE」]


流通BMS対応EDIサービス「TradeFront/AE」の関連情報


流通BMS対応EDIサービス「TradeFront/AE」のお問い合わせ・資料請求

流通BMS対応EDIサービス「TradeFront/AE」の導入をご検討されているお客様の各種ご質問、お見積りや導入のご相談などを承ります。ぜひ、お気軽にご相談ください。後ほど当社担当者よりご連絡させていただきます。

お問い合わせ
資料請求

富士通エフ・アイ・ピーの流通BMS対応EDIサービス「TradeFront/AE」

「TradeFront/AE」は流通BMSに対応したEDIを実現できるサービスです。2007年4月にリリースされた流通BMSは、今後流通業界で使用していくEDI標準となることが予想されます。「TradeFront/AE」は流通BMS標準対応はもちろん、多くのお客様にご利用いただいている従来型のEDIとの相互接続をご提供しますので、スムーズな導入が可能です。


環境配慮ソリューション

富士通グループは、グリーンITによりお客様・社会の環境負荷低減に貢献します。
TradeFront/AEは、富士通の「環境配慮ソリューション」登録製品です。


GTM-KRVVZD