GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ソリューション >
  3. 防災ソリューション >
  4. 緊急地震速報システム「AlertStation EQ」

緊急地震速報システム 「AlertStation EQ(アラートステーション イーキュー)」

特長 | 商品体系 | 機能 | システム構成 | 動作環境 | 価格 | 関連情報 | お問い合わせ

お知らせ[「緊急地震速報を適切に利用するために必要な受信端末の機能及び配信能力に関するガイドライン(気象庁)」への対応状況について]

気象庁では平成23年4月22日に緊急地震速報の適切な利用の拡大を推進することを目的として「緊急地震速報を適切に利用するために必要な受信端末の機能及び配信能力に関するガイドライン」を公表されております。
なお、平成25年8月2日及び同26年6月19日に、ガイドラインが一部修正されています。
当社AlertStation EQにおける本ガイドラインへの対応状況については次の資料ををご覧ください。
気象庁『緊急地震速報を適切に利用するために必要な受信端末の機能及び配信能力に関するガイドライン』に対する富士通エフ・アイ・ピーが提供する緊急地震速報システム「AlertStation EQ」の対応状況について [384KB / A4・8ページ]

[気象庁ホームページ(報道発表)]

お知らせ[緊急地震速報(予報及び警報)の発表について]

地震活動が活発な状況では、気象庁より緊急地震速報が適切に発表することができない場合もあります。AlertStation EQは、気象庁が発表する緊急地震速報(予報)に基づき動作いたします。ユーザー様におかれましてはご理解いただきますようお願い申し上げます。

[気象庁ホームページ(報道発表)]

お問い合わせ



緊急地震速報システム「AlertStation EQ」

地震動予報業務許可事業者[気民第137号(許可第110号)]

緊急地震速報システム「AlertStation EQ」シリーズは、緊急地震速報を受信し、地震の大きな横揺れがくる数秒~数十秒前に、今から地震がくることをお知らせするシステムです。

  • 地震発生時に従業員・お客様の安全を確保したい。
  • 事業継続の一環として、初動支援対策を考えたい。
  • 広域にわたる複数拠点の管理を必要とし、緊急地震速報システムを1ヶ所で集中して管理・運用したい。

緊急地震速報システム「AlertStation EQ」の特長

  • 予測表示クライアント、予測制御サーバの2つから成り、小規模から大規模まで柔軟に対応できます。
    業種を問わず、製造業様から自治体様まですべての業種でご利用頂けます。
  • 編集中ファイル自動保存機能、防災訓練機能、メールお知らせ機能、誤報お知らせ機能等、充実した機能を満載しています。
  • 各拠点でお客様のご利用にあったデバイス(表示端末など)を選択可能。集中制御、集中監視を行ないます。

緊急地震速報システム「AlertStation EQ」の商品体系

基本システム 予測制御サーバ - ControlCenter サーバシステム
予測表示クライアント - Forecaster クライアントシステム
オプションシステム メール送信機能の拡張 予測表示クライアントのオプション
外部デバイス制御機能

緊急地震速報システム「AlertStation EQ」の構成

(注1)パトライト社製の緊急地震速報表示端末のみ対応

(注2)パトライト社製のLEDのみ対応。また制御ソフトについては、株式会社クロスユーアイエスのみ対応。


緊急地震速報システム「AlertStation EQ」の機能

予測制御サーバ - ControlCenter

サーバ側で全拠点の震度や余裕時間を計算し、各拠点に設置したデバイス(表示端末など)を制御するなど、緊急地震速報の受信からデバイス制御までサーバで集中処理することができます。
各拠点にPCを設置することなく、警告灯や表示端末などのデバイスのみを設置するだけで館内放送連携による注意喚起や視覚的な危険告知が可能です。

予測演算機能

  • ControlCenterで一括計算、一斉送信が可能
    ControlCenterで500評価点(注3)までの震度や余裕時間を一括計算できます。

デバイス制御機能

  • 専用表示端末などのデバイスをサーバから集中制御、集中監視
    最大500デバイスの集中制御と集中監視が可能です。
    地震発生時には、各デバイスが設置されている評価点の震度や余裕時間をサーバで一括計算し、その結果と予め設定された優先度をもとに複数デバイスの制御順番を自動判定。最適な順番でデバイス制御します(特許出願中)

メール配信機能

  • 評価点単位のメール配信が可能
    最大500メールアドレスが登録可能です。
    地震発生時には、震度閾値を越えた評価点にひもづいているメールアドレスに、緊急地震速報メールを配信します。
    最も震度が大きかった評価点の情報をメール配信するという設定も可能です。

(注3)到達予測震度と余裕時間を演算したい地点。


予測表示クライアント - Forecaster

(財)気象業務支援センター(または二次配信事業者)から配信される緊急地震速報を受信し、リアルタイムに評価地点の予測震度、地震到着予測時間を計算し、震源情報とともに、今から地震がくることを画面と音声でお知らせするシステムです。

自動デモはこちら
予測表示クライアントForecaster

想定状況 東海沖で地震が発生
・マグニチュード8.4
・現在地:東京都江東区
・予測震度:5強
・S波到達時間:40秒

拡大イメージ (83 KB)

基本機能(リアルタイムに震度、到達時間を予測)

  • リアルタイム地震情報(P波、S波)地図表示
  • 複数評価点震度予測(最大300拠点まで設定可、初期値は都道府県)
  • 地図表示の範囲設定の充実(倍率固定、お客様設定震度エリア表示)
  • 設定画面操作防止のパスワードロック機能

管理者向け機能

  • タイマーと連動した訓練用地震情報表示
    9月1日10時0分など、指定した日時に防災訓練用に地震発生時同様の動作をすることが可能
  • 過去地震情報の再生表示
  • 予測震度が最も大きな評価点に自動で切り替わる機能を追加
  • 深発地震(150kmより深い)対応
  • 不特定多数向けへの告知対応(デパート、病院など)

各種お知らせ機能

  • 声でお知らせ(カウントダウン等、音声の変更も可能)
  • メールでお知らせ(3名まで、オプションで最大30名)
  • 気象庁からの誤報情報をお知らせ(接点出力も可能)

その他の機能

  • 2系統からの受信が可能(信頼性向上の為の回線2重化に対応)
  • システム生存監視機能
  • 外部デバイス制御
  • 簡易時刻合わせ機能(Forecaster/ControlCenter)

機能拡張オプション

  • メール送信機能の拡張
    メール送信アドレスの追加(最大30件まで)が可能です。
  • 外部デバイス制御(パトライト社製品を想定)
    ネットワークに接続された警告灯、接点スイッチを予測震度に応じて制御します。 接点スイッチからの接点信号により、放送設備やエレベーター、自動ドア、ビル管理システム等を制御することも可能です。

緊急地震速報システム「AlertStation EQ」の動作環境

摘要 ControlCenter
(予測制御サーバ)
Forecaster
(予測表示クライアント)
CPU Intel Xeon 2.0GHz以上
(2次キャッシュ4MB以上)
インテル Core 2 Duo 2.2GHz以上(推奨)
メモリ 2GB以上(推奨)
OS
  • Windows Server 2008 Standard Edition (32bit)
  • Windows Server 2012 R2 Standard Edition (64bit)
  • Windows 7 Professional Edition (32bit)
  • Windows 10 Pro (64bit)
.NET Framework 3.5 2.0、3.0

緊急地震速報システム「AlertStation EQ」の価格

ソフトウェア 標準販売価格(税別)
予測制御サーバ
ControlCenter
基本ライセンス 700,000円
1評価点ライセンス 25,000円
5、10、50、100(注4)
評価点ライセンス
個別見積
予測表示クライアント
Forecaster
1クライアント 100,000円
機能拡張オプション 50,000円

サービス 標準販売価格
導入サービス費用 個別見積
ソフト保守サービス費用 個別見積(年間)

(注4)ControlCenterが予測演算する評価点の数だけライセンスが必要です。


ご利用にあたっての注意事項

   ご利用頂くプログラムにつきましてはシステム的(システム障害、回線障害による影響等)な限界があり、また地震速報自体には技術的限界(直下型地震の場合は伝達が間に合わないことがある、震度の推定には誤差がある、提供元の配信サービス側に問題が生じるなど)をご理解の上ご利用ください。 また、深発地震の予報を利用されるお客様については、気象庁より予想地震が十分ではない旨、説明するよう指導がありますので、ご了承下さい。

   緊急地震速報を受信する為には、別途、(財)気象業務支援センターまたは二次配信サービスを行っている企業と契約し、配信サービスを受ける必要があります。

緊急地震速報システム「AlertStation EQ」の関連情報

緊急地震速報システム「AlertStation EQ」のお問い合わせ

緊急地震速報システム「AlertStation EQ」の導入をご検討されているお客様の各種ご質問、お見積りやサービス導入のご相談などを承ります。ぜひ、お気軽にご相談ください。後ほど当社担当者より折り返しご連絡させていただきます。

お問い合わせ

本システムをご導入いただいている、WBS和歌山放送様の特別番組「’緊急地震速報’和歌山放送はこう伝える」に弊社緊急地震速報システム開発SEが出演し、ラジオ向け緊急地震速報システムについてご説明いたしました。

富士通エフ・アイ・ピーの緊急地震速報システム「AlertStation EQ」

富士通エフ・アイ・ピーの緊急地震速報システム「AlertStation EQ」シリーズは、緊急地震速報を受信し、地震の大きな横揺れがくる数秒~数十秒前に、今から地震がくることをお知らせするシステムです。

GTM-KRVVZD