GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

ディザスタリカバリ(DR)サービス

万一の災害や障害発生時に備え、全国に展開しているデータセンターにお客様のバックアップシステムを構築し、システム停止およびデータ損失を回避して業務継続を可能とするサービスです。

こんな企業様におすすめ!

  • 重要なシステムのため、数時間の停止が膨大な損失になる。広域災害時やシステム障害時でも業務を停止したくない。
  • 自社にシステムを設置しているが、ビルの築年数が古いので心配。万一に備えてバックアップシステムを構築したい。
  • 富士通のデータセンターにアウトソーシングしているが、重要システムのため遠隔地のセンターにバックアップシステムを構築したい。

ディザスタリカバリ(DR)サービスの特長

  • 万全な災害対策・セキュリティ対策を施したデータセンターで、お客様システムの本番環境・バックアップ環境をご提供します。
  • お客様システムのプラットフォーム(メインフレーム・サーバ)に依存しない環境をご提供します。
  • 全国展開しているデータセンターを使用し、遠隔地でバックアップシステムを構築・運用することにより、広域災害時でも高い事業継続性を確保することができます。

ディザスタリカバリ(DR)サービスの概要図

データセンターをバックアップセンターとした構成

平常時に利用しているお客様システムが停止した際に、データセンターのバックアップシステムに切り替えて業務継続を可能とします。

ディザスタリカバリ(DR)サービスのイメージ

データセンターをメインセンター/バックアップセンターとした構成

東西に分散したデータセンターを活用。広域災害発生時には遠隔地のバックアップセンターに切り換えてお客様の業務継続を可能にします。

ディザスタリカバリ(DR)サービスのイメージ2

ディザスタリカバリ(DR)サービスの構成例

お客様システムの目標復旧時間、データの重要性、コストなどに応じて、最適なバックアップ環境をご提供します。

構成例 内容 コスト
ホットスタンバイ型
  • バックアップシステムは電源を常時ON
  • お客様のシステムデータをネットワーク経由でリアルタイムにバックアップ
  • 有事の際はバックアップシステムに自動切替
コストイメージ
ウォームスタンバイ型
  • バックアップシステムは電源を常時ON
  • お客様のシステムデータをネットワーク経由で定期的にバックアップ(例:日1回~日数回)
  • 有事の際は手動でバックアップシステムに切り替え、データを反映
コールドスタンバイ型
  • バックアップシステムは電源を常時OFF
  • お客様のシステムデータをバックアップした媒体を当社センターに搬送し保管(日1回~月1回)
  • 有事の際は手動でシステムを起動し、バックアップ媒体を元にデータを復元

サービス内容

初期導入サービス、月次運用サービス、価格など

導入事例

ホットスタンバイ型を利用した通信販売業のお客様事例


ディザスタリカバリ(DR)サービスの関連情報

アウトソーシングサービスに関するお問い合わせはこちら


アウトソーシングサービスの導入をご検討されているお客様・パートナー様の各種ご質問、お見積りやシステム導入のご相談などを承ります。ぜひ、お気軽にご相談ください。後ほど当社担当者よりご連絡させていただきます。

お問い合わせ

富士通エフ・アイ・ピーのディザスタリカバリ(DR)サービス

富士通エフ・アイ・ピーのディザスタリカバリ(DR)サービスは、万一の災害や障害発生時に備え、全国に展開しているデータセンターにお客様のバックアップシステムを構築し、システム停止およびデータ損失を回避して業務継続を可能とするサービスです。

GTM-KRVVZD