GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2018年 >
  4. 「健康経営優良法人2018~ホワイト500~」に認定

プレスリリース

2018年2月21日
富士通エフ・アイ・ピー株式会社

「健康経営優良法人2018~ホワイト500~」に認定

富士通エフ・アイ・ピー株式会社(以下 富士通エフ・アイ・ピー)注1は、経済産業省および日本健康会議注2より、社員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組む法人として「健康経営優良法人2018~ホワイト500~」に認定されました。

当社はこれまでも、ヘルスケアポイント制度の導入や健康意識を高めるための社員教育の実施、さらには「富士通エフ・アイ・ピー 健康宣言」の制定を行うなど、健康経営に取り組んできました。

当社は今後もFUJITSU Wayの企業理念のもと、「健康でいきいきと働くことができる企業風土づくり、職場環境づくり」を経営の最重要課題のひとつに位置づけ、「富士通グループ健康宣言」に基づき、社員一人ひとりの健康保持・増進、ワーク・ライフ・バランスの実現を推進していきます。

健康経営優良法人認定制度とは

健康経営優良法人認定制度は、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業などの法人を顕彰する制度として、2017年に創設されました。

健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。

この認定制度は、規模の大きい企業や医療法人を対象とした「大規模法人部門(ホワイト500)」と中小規模の企業や医療法人を対象とした「中小規模法人部門」との2つの部門に分け、それぞれの部門で「健康経営優良法人」を認定します。

「健康経営優良法人2018~ホワイト500~」のロゴマーク

当社の主な健康経営の取り組み

富士通エフ・アイ・ピーはFUJITSU Wayの企業理念のもと、「健康でいきいきと働くことができる企業風土づくり、職場環境づくり」を経営の最重要課題のひとつに位置づけ、「富士通グループ健康宣言」に基づき、社員一人ひとりの健康保持・増進、ワーク・ライフ・バランスの実現を推進していきます。

【主な取り組み】

  • 幹部社員や新入社員などを対象に健康意識を高めるための教育を実施
  • 健康の維持・増進のための取り組みやその成果に対してポイントを付与し、ポイントに応じて賞品を支給するヘルスケアポイント制度の導入
  • BMI値が高い社員を対象として食事指導を行う減量グループワークの開催
  • 社員のワーク・ライフ・バランスを実現するためのワークスタイル変革の推進
  • 勤怠システムと連動したシステムによる長時間残業者管理および医療職面談などによるフォロー

関連Webサイト

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社商標または登録商標です。

注釈

注1   富士通エフ・アイ・ピー株式会社:
本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 誠人
注2   日本健康会議:
国民一人ひとりの健康寿命延伸と適正な医療について、民間組織が連携し行政の全面的な支援のもと実効的な活動を行う組織。

本件に関するお問い合わせ先

富士通エフ・アイ・ピー株式会社 広報部
icon-telephone TEL:03-6722-0231
icon-mail E-mail:fip-press@cs.jp.fujitsu.com
受付時間:8時40分~17時30分(土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始を除く)


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-KRVVZD