GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2018年 >
  4. 青森県・秋田県を中心に小売店を展開する紅屋商事、2018年2月からポイント一体型ハウス電子マネーカードを発行開始

プレスリリース

2018年2月20日
紅屋商事株式会社
オール日本スーパーマーケット協会
富士通エフ・アイ・ピー株式会社

青森県・秋田県を中心に小売店を展開する紅屋商事、
2018年2月からポイント一体型ハウス電子マネーカードを発行開始

~「カブセンター」・「ベニーマート」・「メガ」で、より便利でお得な買い物が可能に~

紅屋商事株式会社注1(以下 紅屋商事)と、オール日本スーパーマーケット協会注2(以下 AJS)と富士通エフ・アイ・ピー株式会社(以下 富士通エフ・アイ・ピー)注3は、紅屋商事が青森県・秋田県を中心に展開するスーパーマーケット・ドラッグストア・複合型ショッピングセンターで使えるポイント一体型ハウス電子マネーカード「ベニカ」の発行を開始することになりましたので、お知らせいたします。

「ベニカ」は、本日から青森県弘前市・青森県黒石市内の6店舗で発行を開始し、順次利用可能店舗を拡大していきます。

紅屋商事は、地域の皆さまの「日々のくらしをより豊かに」を企業理念に掲げる地域密着型の総合小売企業です。青森県内と秋田県内にBENIYAグループ店舗として、スーパーマーケットの「ベニーマート」、ドラッグストアの「メガ」、複合型ショッピングセンターの「カブセンター」の3業態で20店舗(2018年2月現在)を展開し、地域の皆さまの生活を支えてきました。

紅屋商事ではこれまで、電子マネー「Edy」の導入やBENIYA提携クレジットカードの発行など、お客さまの利便性向上とお得なサービス提供を目的に、様々な決済手段を導入してきました。

今回新たに発行を開始するポイント一体型ハウス電子マネーカード「ベニカ」は、自社型(ハウス型)の電子マネー「ベニカマネー」で、1,000円単位で100,000円までチャージ(現金入金)が可能です(1回のチャージ限度額は49,000円)。また、「ベニカ」でのご精算200円(税抜)ごとに1ポイントが貯まります。

今回のサービス導入により、「ベニカ」を利用するお客さまは、貯まったポイントを「ベニカマネー」に交換して利用することが可能になります。さらに、チャージの際にプレミアム分がキャッシュバックされるキャンペーンに参加できるなど、より便利でお得な買い物ができるようになります。

「ベニカ」は、本日2018年2月20日(火曜日)から申込受付および発行を開始します。

「ベニカ」の画像「ベニカ」のカードイメージ

AJSは、富士通エフ・アイ・ピーの「FUJITSU リテイルソリューション サーバ管理型電子マネーサービス」について、スーパーマーケットを中心とした豊富な実績やリモートバックアップセンターなどのBCP対策、年間稼働率100%(2015年度実績)というシステムの信頼性を高く評価し、同協会の推奨電子マネーサービスにしました。

今回、紅屋商事に対してAJSは、これらの評価ポイントのほか、これまで流通業界を牽引してきた同協会の豊富なノウハウや他社の成功事例などの情報提供、勉強会をはじめとした導入に関する幅広いサポートを行い、電子マネーの導入決定を支援しました。

今後、紅屋商事とAJS、富士通エフ・アイ・ピーは協力して、「ベニカ」のサービス拡充に努めるとともに、さらなるお客さまの利便性向上を目指してまいります。

「ベニカ」概要

カード名称 ベニカ
発行開始日 2018年2月20日(火曜日)
発行・利用店舗 青森県弘前市・青森県黒石市内の6店舗(ベニーマート松原店、カブセンター弘前店、カブセンター神田店、メガ城東北店、ベニーマート黒石店、メガ黒石店)をはじめとして青森県青森市・つがる市に順次拡大予定。
※当面、青森県八戸市、秋田県秋田市・秋田県能代市の5店舗(カブ・シンフォニープラザ店、カブセンター長苗代店、メガ仁井田店、メガ土崎店、メガ能代中央店)は、ポイントカード機能のみ提供。
※ポイントカードとしての利用は全店で可能。
入金
  • 入金単位:1,000円
  • 入金方法:現金(1回あたりの入金限度額:49,000円)
  • 上限残高:10万円
入金方法 店内の専用チャージ機
ポイント ご精算200円(税抜)ごとに1ポイントを付与
有効期限 最終利用日より2年間
発行手数料 200円(税込)
年会費 無料

「サーバ管理型電子マネーサービス」について

富士通エフ・アイ・ピーと凸版印刷株式会社が共同で提供・運営しているサービスで、ギフトカードやハウス電子マネーの残高管理を行うリアルタイムプロセッシングサービスです。情報セキュリティ格付で決済サービスとして初となる最高位「AAAis」を取得しているほか、ISO/IEC27001注4をはじめ各種国際認証を満たした富士通グループの安全なデータセンターで運用される信頼性の高いサービスとして、既に150社を越える企業に導入され、国内随一の実績があります。

関連Webサイト

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社商標または登録商標です。

注釈

注1   紅屋商事株式会社:
本社                      : 青森県青森市
代表取締役社長    : 秦 勝重
ホームページURL : http://www.beny.co.jp/
青森県・秋田県でスーパーセンター「カブセンター」、スーパーマーケット「ベニーマート」、ドラッグストア「メガ」を展開しています。地産地消や食育、セルフメディケーションを通し地域のお客さまの健康で楽しい生活を応援しています。
注2   オール日本スーパーマーケット協会:
本部                      : 大阪府大阪市淀川区
会長                      : 田尻 一
会員企業数           : 56社(国内55社、海外1社)
ホームページURL : http://www.ajs.gr.jp/
「知恵の共同仕入れ」を合言葉に、本格的スーパーマーケットづくりのために必要な教育・情報交換を行っています。1962年に設立以来、スーパーマーケットの専門教育機関として数多くの研修会(50回以上/年)や出張講座(8,000名以上/年)を催しています。また、約700品目にも及ぶ協会ブランド「くらし良好」を展開するなど、商品・用度品の開発も行っています。
注3   富士通エフ・アイ・ピー株式会社:
本社                     : 東京都港区
代表取締役社長   : 米倉 誠人
ホームページURL : http://www.fujitsu.com/jp/fip/
お客さまの大切なデータをしっかりと守り運用するデータセンターを基盤に「アウトソーシング」「クラウド」「ソリューション」の3つのサービスを提供、システムの企画から設計、開発、運用、保守まで、ライフサイクル全般を支援し、お客さまに安心・安全で、高品質かつ高コストパフォーマンスのICTサービスを提供しています。
注4   ISO/IEC27001:
ISO(国際標準化機構)が定めた、組織における情報セキュリティマネジメントシステムに関する国際規格。情報の機密性(C:Confidentiality)・完全性(I:Integrity)・可用性(A:Availability)の3つをバランスよくマネジメントし、情報の有効活用を実現するためのツールです。ISMSの後継認証制度として、2005年に発行されました。

本件に関するお問い合わせ先

紅屋商事株式会社 経営企画室
icon-telephone TEL:017-723-2323
icon-mail E-mail:Customer@beny.co.jp
受付時間:10時00分~18時00分

オール日本スーパーマーケット協会 総務部 経営企画グループ
icon-telephone TEL:06-6307-2563
icon-mail E-mail:info@ajs.gr.jp
受付時間:9時00分~18時00分(土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始を除く)

富士通エフ・アイ・ピー株式会社 広報部
icon-telephone TEL:03-6722-0231
icon-mail E-mail:fip-info@cs.jp.fujitsu.com
受付時間:8時40分~17時30分(土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始を除く)


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-KRVVZD