GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2016年 >
  4. 2016年11月より「ビフレ」でポイント一体型ハウス電子マネーを発行開始

プレスリリース

2016年11月7日
有限会社中央市場
オール日本スーパーマーケット協会
富士通エフ・アイ・ピー株式会社

2016年11月より「ビフレ」でポイント一体型ハウス電子マネーを発行開始

~秋田県を中心に店舗を展開するスーパーマーケット、より便利でお得な買い物が可能に~

有限会社中央市場注1(以下 中央市場)と、オール日本スーパーマーケット協会注2(以下 AJS)と富士通エフ・アイ・ピー株式会社(以下 富士通エフ・アイ・ピー)注3は、中央市場が秋田県を中心に展開するスーパーマーケット「グルメステーション ビフレ(以下 ビフレ)」で使えるポイント一体型ハウス電子マネー「ビフレカード」の発行を2016年11月7日(月曜日)から開始することになりましたので、お知らせいたします。

「ビフレカード」は、東通店と外旭川店で発行を開始し、来春までに全11店舗で順次利用が可能となります。

中央市場は、“地域社会から強く必要とされる会社”になることを目指し、地域のお客様に満足していただけるサービスの提供に取り組んできました。お客様がお得に買い物をできるようにスタートした従来のポイントカード「グルメカード」は、現在、約10万人の方にご利用いただいています。

そのような中で、より便利なお支払方法をご提供するため、新たにハウス電子マネーとポイントカードが一体となった「ビフレカード」の発行を開始します。「ビフレカード」には、中央市場が加盟するAJS推奨のハウス電子マネーである富士通エフ・アイ・ピーの「サーバ管理型電子マネーサービス」と「FUJITSU リテイルソリューション ValueFront(バリューフロント) ポイントサービス(以下 ValueFrontポイントサービス )」を利用しています。

「ビフレカード」は、1,000円単位で100,000円までチャージ(現金入金)が可能です(1回のチャージ限度額は47,000円)。「ビフレカード」でのご精算200円(税抜)ごとに1ポイントが付与され、500ポイントで500円分のお買物券がレジより自動発行されます。

ビブレカードの画像「ビフレカード」のカードイメージ

「ビフレカード」を利用するお客様は、一枚のカードで電子マネーによる精算とポイントの蓄積ができる上、電子マネーのチャージ・精算のほか、現金による精算でもポイントが付与されます。また、店内の電子マネーチャージ機では、電子マネーの残高などの確認ができる上、チャージ額に応じてポイントを付与するキャンペーンに参加できるなど、より便利でお得な買い物ができるようになりました。

AJSは、富士通エフ・アイ・ピーの「サーバ管理型電子マネーサービス」について、スーパーマーケットを中心とした豊富な実績やリモートバックアップセンターなどのBCP対策、年間稼働率100%(2015年度実績)というシステムの信頼性を高く評価し、同協会の推奨電子マネーサービスにしました。今回、中央市場に対してAJSは、それらの評価ポイントのほか、これまで流通業界を牽引してきた同協会の豊富なノウハウや他社の成功事例などの情報提供、勉強会をはじめとした導入に関する幅広いサポートを行い、電子マネーの導入決定を支援しました。これに加え、推奨電子マネーサービスと親和性が高い富士通エフ・アイ・ピーの「ValueFrontポイントサービス」と組み合わせ、「ビフレカード」の実現に至りました。

今後、中央市場とAJS、富士通エフ・アイ・ピーは協力して、「ビフレカード」のサービス拡充に努めるとともに、さらなるお客様の利便性向上を目指してまいります。

「サーバ管理型電子マネーサービス」について

富士通エフ・アイ・ピーと凸版印刷が共同で提供・運営しているサービスで、ギフトカードやハウス電子マネーの残高管理を行うリアルタイムプロセッシングサービスです。情報セキュリティ格付で決済サービスとして初となる最高位「AAAis」を取得しているほか、ISO/IEC27001注4をはじめ各種国際認証を満たした富士通グループの安全なデータセンターで運用される信頼性の高いサービスとして、既に130社を越える企業に導入され、国内随一の実績があります。

「ValueFrontポイントサービス」について

ポイントカードを発行する企業に対し、必要な機能をクラウド型で提供するサービスです。入会登録やポイント管理といった基本的な機能のほか、入会の促進や会員の購買意欲活性化のため、会員登録時や会員の誕生日、月間の利用実績に基づいた会員ランクに応じて、ボーナスポイントを付与する機能があります。アパレル会社やスーパーマーケットなどのお客様から、より高度な信頼性が求められる金融機関や公共交通機関のお客様まで幅広くご導入いただいています。

関連リンク

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社商標または登録商標です。

注釈

注1   有限会社中央市場:
本社                   : 秋田県大仙市
代表取締役社長 : 金沢 正樹
店舗数                : 11店舗(秋田県9店舗、岩手県1店舗、山形県1店舗)
秋田県大仙市に本社をかまえ、秋田県を中心に「ビフレ」を11店舗展開しています。創業以来生鮮3品(鮮魚・青果・精肉)の品揃えを重要視する、地域密着型のスーパーマーケットです。
注2   オール日本スーパーマーケット協会:
本部                   : 大阪府大阪市淀川区
会長                   : 田尻 一(サミット株式会社 特別顧問)
会員企業数        : 55社(国内54社、海外1社)
「知恵の共同仕入れ」を合言葉に、本格的スーパーマーケットづくりのために必要な教育・情報交換を行っています。1962年に設立以来、スーパーマーケットの専門教育機関として数多くの研修会(50回以上/年)や出張講座(8,000名以上/年)を催しています。また、約700品目にも及ぶ協会ブランド「くらし良好」を展開するなど、商品・用度品の開発も行っています。
注3   富士通エフ・アイ・ピー株式会社:
本社                   : 東京都港区
代表取締役社長 : 米倉 誠人
お客様の大切なデータをしっかりと守り運用するデータセンターを基盤に「アウトソーシング」「クラウド」「ソリューション」の3つのサービスを提供、システムの企画から設計、開発、運用、保守まで、ライフサイクル全般を支援し、お客様に安心・安全で、高品質かつ高コストパフォーマンスのICTサービスを提供しています。
注4   ISO/IEC27001:
ISO(国際標準化機構)が定めた、組織における情報セキュリティマネジメントシステムに関する国際規格。情報の機密性(C:Confidentiality)・完全性(I:Integrity)・可用性(A:Availability)の3つをバランスよくマネジメントし、情報の有効活用を実現するためのツールです。ISMSの後継認証制度として、2005年に発行されました。

本件に関するお問い合わせ先

有限会社中央市場 本部
icon-telephone TEL:0187-88-8577
icon-mail E-mail:gr_info_card@bifure.com
受付時間:9時00分~18時00分(日曜日を除く)

オール日本スーパーマーケット協会 総務部 経営企画グループ
icon-telephone TEL:06-6307-2563
icon-mail E-mail:info@ajs.gr.jp
受付時間:9時00分~18時00分(土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始を除く)

富士通エフ・アイ・ピー株式会社 広報部
icon-telephone TEL:03-6722-0231
icon-mail E-mail:fip-info@cs.jp.fujitsu.com
受付時間:8時40分~17時30分(土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始を除く)


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-KRVVZD