GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2016年 >
  4. 「地域ポイントサービス by ValueFront」を2016年10月より提供開始

プレスリリース

2016年10月12日
富士通エフ・アイ・ピー株式会社

「地域ポイントサービス by ValueFront」を2016年10月より提供開始

~導入実績が豊富なポイントサービスを自治体向けにリニューアルし、地域創生を支援~

富士通エフ・アイ・ピー株式会社注1(以下:富士通エフ・アイ・ピー)は、自治体に向けて、地域ポイント注2の会員情報やポイント情報を管理するクラウド型のサービス「FUJITSU 自治体ソリューション 地域ポイントサービス by ValueFront」(以下:地域ポイントサービス by ValueFront)を2016年10月より提供開始します。

「地域ポイントサービス by ValueFront」は、当社の「ValueFrontポイントサービス」をベースに、地域ポイント用に機能を特化したサービスです。「ValueFrontポイントサービス」は、ポイントシステムやキャンペーンの仕組みをクラウド型で提供するサービスで、2009年の発売以降、スーパーマーケットなどの量販店から金融機関まで幅広く導入されてきました。今回提供を開始する「地域ポイントサービス by ValueFront」は、地域ポイント向けに機能を特化することにより、短期間での導入と小規模でも安価での提供を可能にしました。

富士通エフ・アイ・ピーは今後、「地域ポイントサービス by ValueFront」の提供を通じて、地域創生に貢献してまいります。

近年、地域経済を活性化させるために、生活者参加型の仕組みづくりとして、地域ポイントに取り組む自治体が増えています。しかし、従来のスタンプカードやカード自体にポイント情報を格納するタイプの仕組みでは、利用実態を把握できないという問題がありました。また、地域ポイントをさらに活性化させるために、会員の属性にマッチした情報を発信したい、健康促進活動や環境保全活動といった様々なプログラムとも連携させたい、という要望もありました。

今回提供を開始する「地域ポイントサービス by ValueFront」は、地域ポイントを運用する上で必要となる会員やポイントの情報を管理するクラウド型のサービスで、サーバに蓄積されたデータを用い、利用実態の把握が可能です。また、キャンペーン機能による属性と利用状況にマッチした会員へのアプローチや、商品交換受付機能による他のポイントと連携した商品交換などが可能になります。

本サービスにより自治体は、生活者に対して、その属性や利用状況に応じた効果的なアプローチを行うことができるため、自治体などが主催するプログラムやイベントへの誘引が可能となります。また生活者にとっては、興味のあるプログラムやイベント情報を受け取ることができるため、地域活動への参加の機会が増えます。これらを通じて、地域内での経済の活性化と生活者の満足度向上が期待できます。

富士通エフ・アイ・ピーは今後、富士通グループならびに凸版印刷株式会社注3と連携しながら、「地域ポイントサービス by ValueFront」の提供を通じて、地域における生活者参加型の仕組みの構築を支援することで、地域内の経済の活性化による地域創生に貢献してまいります。

「地域ポイントサービス by ValueFront」の主な特長

  1. 地域ポイントのための豊富な機能

    会員情報管理、ポイント管理、商品交換受付、キャンペーン管理など、豊富な機能を標準で提供します。会員証には、磁気カードやバーコードのほか、非接触式IC カードやスマートフォンのアプリなど、様々な方式に対応可能です。

  2. 短納期での導入が可能

    助成金や補助金を支給する条件として、導入期限が定められていることの多い地域ポイント事業向けのサービスで、最短3か月程度での導入が可能です。

  3. サービス利用規模が小さくても安価に提供可能な価格体系

    機能を特化することにより、従来の「ValueFrontポイントサービス」と比べて安価に提供が可能です。

地域ポイントサービス by ValueFront のサービスイメージ
【地域ポイントサービス by ValueFront のサービスイメージ】

「地域ポイントサービス by ValueFront」導入のメリット

  1. 地域限定サービスによる地域ファンの創出

    地域に限定したポイントサービスで、地域の魅力を向上させることができます。

  2. 市民とのコミュニケーション強化による、各種プログラムや加盟店への誘引

    会員の属性や利用状況にあった各種情報発信で、効果的なアプローチができます。

  3. 施設・イベントの新規利用者獲得、既存利用者の利用頻度向上

    施設・イベントの集客状況や利用者層を把握し、サービス向上のための施策を実施することができるため、利用者の拡大が図れます。

販売価格、および出荷時期

内容 販売価格 提供開始時期
初期費用 500,000円から
(会員数10万人規模)
2016年10月下旬
月額費用 50,000円から

販売目標

3年間で10億円

富士通エフ・アイ・ピーについて

お客様の大切なデータをしっかりと守り運用するデータセンターを基盤に「アウトソーシング」「クラウド」「ソリューション」の3つのサービスを提供、システムの企画から設計、開発、運用、保守まで、ライフサイクル全般を支援し、お客様に安心・安全で、高品質かつ高コストパフォーマンスのICTサービスを提供しています。

ポイントシステムやキャンペーンの仕組みを提供する「ValueFrontポイントサービス」のほか、顧客動向分析やリピート分析など豊富な分析テンプレートを実装した「ValueFront Analytics」、「ギフトカード」「ハウス電子マネー」「プリペイドカード」の導入から製造・残高管理・履歴管理・プロモーションサポートまでをワンストップで提供する 「サーバ管理型電子マネーサービス」など、小売業を中心に、新規顧客獲得や顧客囲い込み、顧客の購買活性化などの実現を支援するクラウド型のサービスを提供しています。

富士通エフ・アイ・ピー ホームページ:http://www.fujitsu.com/jp/fip/

関連リンク

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

(注1):富士通エフ・アイ・ピー株式会社
本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 誠人
(注2):地域ポイント
自治体や民間企業などが作る地域に特化したポイント制度のこと。地域の生活者が地域貢献活動や介護支援活動など、指定されたプログラムやイベントに参加することで、主催側からスタンプやシール、電子的なポイントなどを付与され、蓄積することができる。蓄積したポイントは、地域通貨としてそのまま利用したり、地域産品や公共施設入場券など、あらかじめ用意されたメニューの中から自分の欲しいものやサービスを選び、交換したりすることができる。
(注3):凸版印刷株式会社
本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子 眞吾

本件に関するお客様のお問い合わせ先

富士通エフ・アイ・ピー株式会社 業際サービスビジネス推進部
icon-telephone TEL:03-5730-0750
icon-mail E-mail:fip-info@cs.jp.fujitsu.com
受付時間: 8 時40 分~17 時30 分(休日・祝日ほか当社休業日を除く)

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-KRVVZD