GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2016年 >
  4. 木村眼科内科病院様へクラウド型電子カルテシステム「HOPE Cloud Chart」を提供 ~広島県呉市の眼科病院で、初期投資と運用負荷を抑制し、診療業務の効率化と院内の情報共有の強化を実現~

プレスリリース

2016年2月18日
富士通エフ・アイ・ピー株式会社

木村眼科内科病院様へクラウド型電子カルテシステム「HOPE Cloud Chart」を提供

~広島県呉市の眼科病院で、初期投資と運用負荷を抑制し、診療業務の効率化と院内の情報共有の強化を実現~

富士通エフ・アイ・ピー株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:米倉 誠人、以下:富士通エフ・アイ・ピー)は、医療法人社団ひかり会木村眼科内科病院様(所在地:広島県呉市、院長:木村 亘、以下:木村眼科内科病院様)に対し、クラウド型電子カルテシステム「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE Cloud Chart(ホープクラウドチャート)」(以下:HOPE Cloud Chart)を提供し、2015年10月から運用しています。

「HOPE Cloud Chart」の高信頼なクラウド基盤により、木村眼科内科病院様は初期投資を抑えながら、システムの運用負荷を軽減し、システムの信頼性と業務継続性を向上させました。また、高機能なシステムにより、関連システムと円滑に連携し、診療業務の効率化と院内の情報共有を強化しています。

導入の経緯

木村眼科内科病院様は、1912(明治45)年5月に木村眼科院として呉市に開院以来、100年以上にわたり、最新の技術を用いた眼科医療を地域に提供してきました。近年ではその医療を求め、呉市内はもとより、広島県内・県外からも多くの患者が来院されています。そのような中、より高度な医療を提供し続けるため、アクセスがよく最新の設備を導入した新病院への移転とともに、従来紙で運用していたカルテの電子化についても検討を進めていました。

移転と同時期のシステム導入となるため、高機能なシステムでありながら、初期投資とシステムの運用負荷を軽減する必要がありました。これに対し木村眼科内科病院様は、富士通エフ・アイ・ピーが提案したクラウド型電子カルテシステム「HOPE Cloud Chart」の導入を決定し、2015年10月の新病院移転とともに運用を開始しました。

導入の効果

  1. クラウド型システムにより、システム導入の初期投資・運用負荷を軽減
    クラウド型システムのため、電子カルテシステムと医事会計システムのサーバを購入する必要がなく、初期投資やサーバの維持費を抑制できます。さらに、システムの保守・管理作業はデータセンターの専門スタッフが行うため、それらの作業負荷から解放されます。限られた経営資源(ヒト・モノ・カネ)を新病院への移転やその後の運営に最大限投入するとともに、システムの刷新を実現しました。
  2. 診療情報のデータセンター保管により、システムの信頼性と事業継続性を向上
    診療情報は株式会社アイ・エス・レーティングによる情報セキュリティ格付け注1において、最高評価の「AAAis(トリプルA)」を取得した富士通グループのデータセンターに保管されています。そのデータセンターと病院は、サービス専用の高度なセキュリティ網で通信を暗号化しています。最先端のセキュリティにより、システムの信頼性を高めるとともに、堅牢な設備により万一の災害時にも大切な診療情報を保全できるよう事業継続性を向上させました。
  3. 高機能なシステムにより、業務運用の効率化と情報共有の強化を実現
    高いシェアを誇る富士通の電子カルテ・医事会計システムのノウハウを結集した高機能なシステムにより、カルテの所在管理や移動、文字の読解など紙カルテ特有の煩雑さを解消しました。また、眼科専用のカルテ記載システムや画像ファイリングシステム、診察順番表示システムなどとの円滑な連携により、検査の待ち時間短縮や画像を活用したわかりやすい診察など医療の質も向上しています。診療業務を効率化するとともに、患者と病院、病棟と外来、医師同士などの情報共有を強化しました。

木村眼科内科病院様 サービスイメージ木村眼科内科病院様 サービスイメージ

拡大イメージ (159 KB)

今後の展開

今後、木村眼科内科病院様は、電子カルテシステムが持つ情報の集積・検索・参照・分析のしやすさなどの特性を生かし、臨床研究分野への活用を進めていきます。また、システムの習熟度も一層高めていくことで、地域に寄り添いながら、高度な医療を提供し続けていきます。
  これに対し富士通エフ・アイ・ピーは、木村眼科内科病院様のパートナーとして、同院が提供する高度な医療を、これまで培ったICTの提案力・技術力・サポート力を結集し支援し続けていきます。

木村眼科内科病院様について

1912年の開院以来、呉市を中心とした地域の眼科診療を支え続けてきました。白内障のほか、網膜硝子体手術など、一般的な眼科ではあまり扱わない領域の診療にも積極的に取り組んでいます。そして、今後のさらなる高齢化の進展を見据え、来院が容易なJR呉駅の至近へ、2015年10月に病院を移転しました。最新の手術室や検査機器を取り揃え、眼科手術が必要となる糖尿病などの全身疾患を診察できる内科、高度な手術治療を支える麻酔科も併設し、年間3,000件を超える手術実績を誇ります。地域に根ざしながら、大学病院級の眼科診療を提供しています。

所在地 広島県呉市宝町3番15号
院長 木村 亘
診療科 眼科、内科、麻酔科
病床数 40床
木村眼科内科病院様
ホームページ
http://www.kimura-eye.or.jp/

富士通エフ・アイ・ピーについて

お客様の大切なデータをしっかりと守り運用するデータセンターを基盤に「アウトソーシング」、「クラウド」、「ソリューション」の3つのサービスを提供、システムの企画から設計、開発、運用、保守まで、ライフサイクル全般を支援し、お客様に安心・安全で、高品質かつ高コストパフォーマンスのICTサービスを提供しています。「HOPE Cloud Chart」は、富士通エフ・アイ・ピーが大切な診療情報の保管されるサーバ群を運用するとともに、ホストコンピューティングの時代から数多くの病院の診療を支えてきたノウハウを元に、よりよい医療の提供を、ICTを通じて支援しています。

富士通エフ・アイ・ピー  ホームページ:http://www.fujitsu.com/jp/group/fip/

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

注1   情報セキュリティ格付け:
企業や組織が取り扱う技術情報、営業機密、個人情報について、主として漏えい事故などが起きないかどうか、そのセキュリティのレベルを示す指標。マネジメントの成熟度、脅威に対する対策の強度、コンプライアンスへの取り組みなどの視点から総合的に評価し、AAAisからAA+is、AAis、AA-is、A+is、Ais、A-is、BBBis…B-is、Cisまで17段階の符号で表す。

本件に関するお問い合わせ先

富士通エフ・アイ・ピー株式会社
広報宣伝部 広報担当
icon-telephone Tel: 03-5531-0185
icon-mail E-mail: fip-press@cs.jp.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

お知らせ

富士通エフ・アイ・ピーについて

  • 企業情報
  • 社長挨拶
  • 事業内容
  • 事業所・関連施設
  • 採用情報

ホームへ

GTM-KRVVZD