GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2015年 >
  4. 菓子業界のEDIサービス「e-お菓子ねっと」のシステムを刷新 ~新たなEDIフォーマットとシステム基盤の採用で、利便性向上と信頼性強化を実現~

プレスリリース

2015年11月4日
富士通エフ・アイ・ピー株式会社

菓子業界のEDIサービス「e-お菓子ねっと」のシステムを刷新

~新たなEDIフォーマットとシステム基盤の採用で、利便性向上と信頼性強化を実現~

富士通エフ・アイ・ピー株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:米倉 誠人、以下:富士通エフ・アイ・ピー)は、全国菓子卸商業組合連合会様(本部:東京都台東区、理事長:関口 快流(株式会社 関口))と全日本菓子協会様(本部:東京都港区、会長:川村 和夫(株式会社 明治))が協同して構築された、菓子メーカーと菓子卸間のEDIサービス「e-お菓子ねっと」(本部:東京都港区、代表:中野 暁)のシステムを刷新し、この度、運用を開始しました。

今回の刷新では、新しいEDIフォーマットや通信手順を採用するとともに、システム基盤をオープン化し、ディザスタリカバリ環境を備えます。

これにより、「e-お菓子ねっと」を利用する菓子メーカーおよび菓子卸間のEDI取引において、利便性の向上と信頼性の強化を実現し、小売業への安定した菓子供給を支援します。

背景

「e-お菓子ねっと」は菓子メーカーと菓子卸間のEDIサービスです。1988年から運用していた受発注オンラインネットワーク「菓子業界VAN」に代わって2000年から運用を開始し、Web-EDIの拡大施策などを菓子業界全体として推進してきました。

しかし、「e-お菓子ねっと」は、「菓子業界VAN」運用当時のフォーマットを踏襲しており、通信プロトコルの多様化やネットワーク技術の革新など、著しいICT環境の変化への対応が困難になっていました。また、菓子の消費環境も、インターネット販売の拡大や商品ライフサイクルの短縮などにより大きく変化しており、菓子メーカー・菓子卸に対する小売業の要望も多様化していました。

これらの課題に対応するため富士通エフ・アイ・ピーは、2012年度から、e-お菓子ねっと様とともに、「e-お菓子ねっと」のシステムの刷新の検討を開始し、この度、運用を開始しました。

「e-お菓子ねっと」サービスイメージの画像「e-お菓子ねっと」サービスイメージ

拡大イメージ (118 KB)

富士通エフ・アイ・ピーは、1980年代に開始したVANサービスを皮切りに、小売業約250社、卸・メーカー約30,000社のお客様に対して、マルチプロトコルに対応したSaaS型EDIサービス「TradeFront(トレードフロント)シリーズ」を提供しています。

今回の刷新では、流通業界向けの豊富なサービス提供によって蓄積したノウハウをベースに、新しい基盤を構築しています。新EDIフォーマットを採用することで、表示内容などの情報が拡張されます。また、高速なEDI通信手順(ebXML/JX手順)にも対応しており、この手順を利用することで、従来のデータ通信と比較して、およそ30分の1程度の時間で、データ送信が可能となります。新旧フォーマットの変換機能も備えているため、従来のフォーマットが利用可能なほか、従来の通信方式の利用も可能なため、レガシーシステムを希望するお客様も、継続して「e-お菓子ねっと」を利用することが可能です。これらに加え、システム基盤を従来のメインフレームからオープン化を行うことで、運用コストを低減します。また、富士通エフ・アイ・ピーが運用する首都圏、近畿圏のデータセンターを利用したディザスタリカバリ環境も備えており、システムの安全性・信頼性も向上します。

当社は今後も、「e-お菓子ねっと」へのシステム提供を通じて、菓子業界のEDI関連業務の効率化に貢献し、小売業への安定した菓子供給を支援してまいります。

「e-お菓子ねっと」新システムの主な特長

  1. 新規EDIフォーマットの採用
    日本語表示機能の追加、下請法への対応、新旧フォーマットの相互変換
  2. EDIデータ通信の高速化対応
    次世代EDI通信プロトコルebXML/JX手順に対応
  3. オープン系システムの採用
    システム基盤をメインフレーム(汎用機)からオープンフレーム(サーバー系)へ変更
  4. ディザスタリカバリ環境への移行
    東西(首都圏、近畿圏)のデータセンター間でバックアップ体制を常態化

e-お菓子ねっと様 エンドースメント

「e-お菓子ねっと」は、2000年に運用を開始して以来、15年以上が経過しました。現在では、菓子業界に欠かすことのできないインフラとなっています。

システム刷新にあたっては、富士通エフ・アイ・ピーとともに、将来にわたって利用できるEDIサービスの構築を目指して検討を重ねてきました。この度、富士通エフ・アイ・ピーの支援を受け、「e-お菓子ねっと」新システムの運用を開始することができました。「e-お菓子ねっと」新システムの稼働により、利用企業の皆さまのさらなる業務効率化が実現する事と確信しています。但し、「e-お菓子ねっと」は多種多様のメーカー・卸が利用するものであることから、従来のシステムの継続使用も可能です。

今後も「e-お菓子ねっと」の利用企業の皆さまの要望にお応えしながら、菓子業界の発展に微力ではありますが寄与してまいりたいと思います。

e-お菓子ねっと 代表
中野 暁

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお客様のお問い合わせ先

富士通エフ・アイ・ピー株式会社
アプリケーションサービス推進部
icon-telephone Tel: 03-5531-5201
icon-fax Fax: 03-5531-0345
icon-mail E-mail: fip-info@cs.jp.fujitsu.com
受付時間: 8時40分~17時30分(休日・祝日ほか当社休業日を除く)

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-KRVVZD