GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. イベント・セミナー >
  3. 2018年 >
  4. セキュリティセミナー2018のご案内

セキュリティセミナー2018のご案内
- セキュリティインシデントの現在と、即応可能な体制作りと人材育成 -

拝啓 貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

昨今、サイバー攻撃はますます高度化・巧妙化が進み、その目的や手段も多様化しています。セキュリティインシデントが発生した際の初動の遅れや対応の不備が、企業と社会に与える影響と損失は計り知れないものとなっており、企業にはサイバー攻撃の対応体制を整備することが求められています。

本セミナーでは、株式会社ラック サイバー救急センター長 内田 法道 氏より、セキュリティインシデントの最前線での対応を踏まえた、サイバーセキュリティの最新動向をご講演いただきます。また、富士通株式会社 サイバーディフェンスセンター長 奥原 雅之 氏より、セキュリティ対応組織の作り方だけでなく、セキュリティ人材の育成に向けた社内での実践につきまして、ご紹介いただきます。皆様のご来場をお待ちしております。

敬 具

セミナー概要

日時

2018年12月6日(木曜日)14時~17時(受付開始13時30分~)

会場 虎ノ門 琴平タワー 3F 大会議室

東京都港区虎ノ門1-2-7
http://www.kotohiratower.com/area.html
・東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」 2番出口より 徒歩1分
定員 70名様
(定員になり次第、締め切らせていただきます。あらかじめご了承願います。)
参加費 無料
主催 富士通エフ・アイ・ピー株式会社
お申し込み

お申し込み

(注1)エンドユーザー様向けのセミナーです。席数の都合上、同業者・SIer・グループ関係者の方々に関してはお断りをさせていただくことがございます。

(注2)当日、報道機関もしくは当社による写真撮影が入る場合があります。出席者の写真の利用についてあらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

プログラム

14時00分~

ご挨拶

第一部:セキュリティ対策の最新動向
14時05分~

【セッション1】
サイバー救急センターから見た「脅威」と「インシデントレスポンス」の現状



株式会社ラック
サイバー救急センター長 内田 法道 氏

14時50分~

【セッション2】
セキュリティ対応組織に求められる人材スキルと当社の事例



富士通エフ・アイ・ピー株式会社
ITサービス戦略・リファレンス推進室 主席部長 油井 秀人

15時20分~

【セッション3】
高度セキュリティ人材育成に向けた富士通の取組みと富士通製のサイバーレンジ(仮想演習場)「CYBERIUM」のご紹介



富士通株式会社
サイバーディフェンスセンター長 奥原 雅之 氏

16時05分~

休憩

第二部:直面するセキュリティ課題と対応ソリューション
16時20分~

【セッション4】
Webサイト常時SSL化の趨勢と具体的な対策



デジサート・ジャパン合同会社

16時40分~

【セッション5】
エンドポイントセキュリティ最前線 〜サイバーハイジーンの基本原則と実装〜



富士通株式会社

※講演タイトルは仮称です。プログラムは予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承願います。

お問い合わせ

富士通エフ・アイ・ピー株式会社

アプリケーションサービス推進部
icon-telephoneTel :03-6722-0243
icon-mail E-mail :fip-secseminar@cs.jp.fujitsu.com

GTM-KRVVZD