GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 導入事例>
  3. エームサービス株式会社様

エームサービス株式会社様

給食業の枠を超えて多彩な事業を展開する、エームサービス。
アウトソーシングサービスの導入で、事業環境の変化へ柔軟に対応可能なコアシフトを実現。

[ 2009年6月19日掲載 ]

導入事例概要
業種 サービス業
製品 アウトソーシングサービス(PC-BPOサービス)
導入背景と効果
  • 事業環境の変化へ柔軟に対応可能なシステム運営の必要性
  • 約1,200ヶ所にもおよぶ事業所に対する様々な業務のサポートが急務
  • パソコンの導入・運用・保守にかかる業務負荷の増大
  • 事業所へのサービス向上
    (窓口の一本化、サポート時間拡大、対応スピードアップ)
  • 問い合わせ情報の収集・分析による業務の継続的改善
  • 業務負荷軽減によるコアシフトの実現

課題は、事業環境の変化へ柔軟に対応可能なシステム運営。

企業向け・病院向けのフードサービスを軸として、お客様のニーズに総合的に応える「トータルマネジメントサービス」を目指すエームサービス。今や同社の事業領域は、清掃・施設管理・洗濯・ユニフォームレンタルにまで及び、事業所数も全国に約1,200ヶ所へと広がっています。こうした事業環境の変化に伴い必要とされたのは、システム運用業務の負荷軽減を行い、変化へ柔軟に対応できるシステムの運営でした。そこでエームサービスでは、パソコンのライフサイクルをワンストップで支援する富士通FIPのPC-BPOサービスを導入しました。富士通FIP をパートナーに選んだ理由についてエームサービスの志村情報システム室長は、「24時間365日対応の専用ヘルプデスクが決め手でした。また、これまで導入した各種サービスを通じて、FIPに任せれば安心という確信がありました。」と語るように、これまでEDIをはじめとしてネットワークやITアウトソーシングなど、富士通FIPのサービスを次々と導入してきました。
例えばEDIサービスは、食材の少量発注を可能にし、タイムリーな食材調達を実現するとともに、1事業所で約30にも及ぶ取引業者との発注業務を大幅に効率化するなど、エームサービスのビジネスに貢献してきました。

パソコン・ライフサイクルのすべてを、アウトソーシング。

志村 明男氏
エームサービス株式会社
企画業務部
情報システム室 室長

今回導入したPC-BPOサービスは、各事業所で使用するパソコンのキッティングや保守手配・データ消去からヘルプデスクまで含めたライフサイクル全般をワンストップで支援するアウトソーシングサービスです。まずサービスの導入にあたりエームサービスは、全国の事業所にあるパソコン約1,500台を一斉に入れ替えましたが、1台ずつキッティングして各事業所に配布するといった手間のかかる作業も必要なくなり、大量のパソコンを短期間で入れ替えることを可能にしました。
また、このサービス導入により、24時間365日対応の専用ヘルプデスクが構築され、問い合わせ窓口の一本化が実現しました。エームサービスのコア事業の1つで、昼夜問わずの対応が求められる病院のフードサービスにおいても、パソコンの基本的操作から発注システムなどのエームサービス独自の業務システムにいたるまで、フルタイムでその問い合わせに対応できる体制が整いました。加えて、これまで問い合わせの内容により複数存在した窓口が1つに集約されることで、システム利用者や情報システム部門で窓口を選ぶ必要がなくなり、トラブルへの対応スピードが向上しました。「窓口が一本化されフルタイム対応が可能ですから、現場にとって心強いばかりか、運用や保守を担当する我々の負荷も大幅に軽減されました。」(エームサービス志村室長)

コアシフトを実現、さらに事業の継続性向上に向けて。

佐々木 了
富士通エフ・アイ・ピー
第一ビジネスプロセスアウトソーシング部
プロジェクト課長

導入効果はそれだけではありません。このヘルプデスクに寄せられた問い合わせは、管理ツールを利用して情報を収集し、カテゴリー別に分類。その回答集をデータベース化・FAQ化するとともに分析を行うことで、業務システムやその運用に対する継続的な改善に役立てています。
このように、PC-BPOサービスの導入によって情報システム部門の負荷が軽減され、身軽なシステム運営が可能となり、事業領域の拡大などの変化へ柔軟に対応したシステム企画や情報戦略の意思決定といった本業に専念する環境が整いました。今後の展開についてエームサービスの志村室長は「コンパクトなシステムを地方に分散させて、将来的にはFIPさんが全国に保有しているデータセンターのサーバで運用できるような災害対応策を検討しています。」と述べています。
こうした要望に応えて富士通FIPの佐々木は「今後はPC-BPOサービスのさらなるサービス品質向上はもちろんのこと、BC(事業継続)のサービスなど当社のサービスの中から、エームサービス様の事業環境に合わせたサービスを提供していきたいと思います。」と語っています。
これからもエームサービスの企業躍進を、富士通FIPがベストパートナーとして支援していきます。

エームサービス株式会社様 概要

三井グループ企業と米国アラマーク社の合弁企業として設立。以来、オフィス、工場、学校、病院、社会福祉施設におけるフードサービスを基軸に事業領域を広げ、「トータルマネジメントサービス」を目指しています。現在では、清掃、洗濯、ユニフォームレンタル等さまざまなサービスを展開。業界トップを競う企業に成長しています。

所在地:〒105-0003 東京都港区西新橋一丁目1番15号 物産ビル別館
設立:1976年5月6日
資本金:19.09億円
売上高:1,482億円(2009年3月期)[連結]
従業員数:2,473名(正社員) 19,554名(その他社員)(2009年3月末現在)
ホームページ:http://www.aimservices.co.jp/

【導入事例(PDF版)】

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

GTM-KRVVZD