GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 導入事例>
  3. 株式会社髙島屋様

株式会社髙島屋様

革新的な経営による、経営基盤の強化へ。IT分野まで、構造改革を進める株式会社髙島屋様。
パートナーとして、共に考え取り組んでいるのは富士通エフ・アイ・ピーです。

導入事例 株式会社髙島屋様 [840KB A4、1ページ]

導入背景

収支改善策の一環として、
システム開発・運用のあり方が問われていました。

金子 和裕 氏
株式会社髙島屋
IT推進室 室長

澁谷 順正 氏
株式会社髙島屋
IT推進室 IT推進担当部長

ローコスト経営による競争力の強化は、百貨店業界にとって最大の課題です。髙島屋においても、経費の徹底的な削減と粗利益額の増大化に着手、この収支改善策として抜本的な見直しを迫られていたのが、基幹システムの開発・運用でした。髙島屋では、60あまりのシステムが稼動しており、その最適運用と新たなシステム開発の効率化が急がれていたのです。そこで、商品勘定・営業管理など、ほとんどの基幹システムをアウトソーシングすることに決定、そのパートナーとして富士通FIPを選択しました。IT推進室金子和裕室長は、「私たちの業務内容を熟知したパートナーに委託したかったのです。」とその採用の理由を語ります。

ソリューション概要

開発~運用だけでなく、アプリケーションの継続的な改善、
IT投資最適化を支援するアウトソーシングサービスを活用。

髙島屋IT推進室はシステム業務のうちコア業務であるシステム企画に専念、それ以外はアウトソーシングサービスを活用。このサービスの特長は、ITインフラの提供・運用、アプリケーションの開発はもちろん、開発に関するコンサルや稼動後のサポートまで、全般に渡る対応範囲の広さにあります。特に、アプリケーション資産に関しては、稼動後の継続的な改善やIT投資の最適化支援まで実施し、設計~開発~運用~保守~改善といたる継続的なシステムの向上を支援しています。富士通FIPでは、髙島屋専任の組織を新設し、100名を超えるスタッフが業務にあたっています。「アウトソーシングは、互いの価値観を共有しなければ決してうまくいきません。」とIT推進室 澁谷順正部長も語るように、まさに一体となったシステム業務を行っています。

導入効果

固定費の変動費化が可能に。
トータルなITコスト削減にも効果がありました。

導入効果の最大のポイントは、アウトソーシングによる固定費の変動費化です。今回のアウトソーシングにより、髙島屋ではシステム業務に関わる人員構成を縮小するとともに企画に移行、さらに富士通FIPとともに開発・作業案件をきめ細かく審査・管理することにより固定的に発生していた人件費を変動化し、全体のシステム開発・維持コストの削減に成功しました。固定資産削減なども含めITコスト全体の削減効果もあがりました。「経費削減の目標を2割減としていましたが、それ以上をクリアすることができました。」と金子室長は語ります。

今後の展開

髙島屋との協調関係を深め、富士通FIPはベストパートナーとして、継続的なIT展開をお手伝いしていきます。

野島 克義
富士通エフ・アイ・ピー株式会社
アウトソーシング統括営業部
統括部長

システムのライフサイクル全体まで支援するこの「アウトソーシングサービス」は、富士通FIPにとっても新たなチャレンジでした。「お客様との協調関係をより一層深め、お客様の事業展開を見据えながら、業務スキルをこれからのIT展開にも活かしていきます。」(富士通FIP アウトソーシング統括営業部統括部長 野島)これからも髙島屋のIT展開を、富士通FIPがそのベストパートナーとして、支えていきます。

会社概要

創業、天保二年。
良質な商品とサービスを提供し続ける老舗百貨店。

お客様のご要望にきめこまかに対応するコンサルティング販売により、多くのファンを持つ髙島屋様(以下敬称略)。老舗百貨店ならではの良質な商品とサービスを継承しながら、新たな発想による事業を積極的に展開中です。

株式会社髙島屋
本社所在地 〒542-8510 大阪市中央区難波5丁目1番5号
設立 1919年8月
資本金 390億8,592万円
売上高 8,310億円(2005年2月期)
従業員数 7,477人(2005年2月28日現在)
ホームページ http://www.takashimaya.co.jp/

関連情報


本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

GTM-KRVVZD