GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ヘルスケアソリューション 電子カルテシステムのご紹介

ヘルスケアソリューション 電子カルテシステムのご紹介

富士通は電子カルテ導入実績No.1※ ※出典:シード・プランニング「2014年版 電子カルテの市場動向調査 ─電子カルテ/PACS市場規模予測とシェア動向─」

医事会計システムをご希望の方はこちら

\信頼の電子カルテシステムを広く医療の現場へ/

富士通の電子カルテが選ばれる理由!

  • 長年の実績&進化を続ける電子カルテシステム

    1976年からの医療情報システム開発を通じ導入ノウハウを.蓄積し、運用の標準化やメンテナンスの効率化を推進。電子カルテ導入実績No.1の富士通だからこそ、システムのパッケージ化、ノンカスタマイズ化を実現しました。

  • 電子カルテのスタンダードだから操作習得の負荷を軽減

    富士通の電子カルテシステム「HOPE」シリーズは、大規模から小規模まで全ての病院様に対して、機能と操作性を統一した製品体系となっており、複数の病院様にまたがって活躍される勤務医様の操作習得にかかる負担を大幅に軽減しています。

だから、最適な電子カルテが見つかる。規模・課題にあわせたラインナップを揃えています。

病院の「規模」を選択してください。※病床数の目安は参考なのでご希望があればご相談ください。

  • 300床未満 中小規模病院向けはこちら
  • 300床以上 大規模病院向けはこちら

たとえばこんな場合…

  • トータルコストを抑えたい
  • システム担当者がいない
  • データセンターでデータをしっかり守りたい
  • 構築、保守、バージョンアップに迅速に対応したい

そんな場合はクラウド型がおすすめです

Cloud HOPE Cloud Chart ホープ クラウドチャート

  • 中小病院でも充実した機能の電子カルテを使いたい
  • システム担当者の負荷を減らしたい
  • 少ない操作で必要な情報を知りたい
  • システムの停止時間の融通が利く

そんな場合は導入型がおすすめです

LX HOPE EGMAIN-LX ホープ イージーメイン-エルエックス

Cloud 中小規模病院向けクラウド型電子カルテシステム<医事会計/電子カルテ一体型システム> HOPE Cloud Chart ホープ クラウドチャート

こんな「あるある」に効く、電子カルテです。

  • 課題1 システムの導入・運用のトータルコストを抑制したい。院内に専用のサーバ室を確保できるスペースもない…
  • 課題2 システムの専任者が不在で、他の業務と兼務しているため、担当者の業務負荷が高い…
  • 課題3 災害時における事業継続計画(BCP)の対策をどうしたらいいの…

その他にもこんな「特長」があります。

クラウド型ならではの高い適応性

クラウド型ならではの高い適応性で、保守やバージョンアップにも迅速に対応。医療現場のニーズ変化に対応した機能を継続的に提供することが可能です。

地域医療ネットワークとの連携

地域医療連携システムとスムーズに連携可能。施設間での情報共有を可能にする為の情報基盤として、電子カルテが機能します。

導入事例

医療法人 北野病院様 高い機能性と抑えられたコストが導入の決め手でした。

もっと詳しく見る(PDF版)

高いレベルでの院内情報共有のため電子カルテシステムの導入を検討していましたが、これまでの電子カルテは当院の規模や診療内容に機能面や費用面で合わずに見送っておりました。今回、クラウド型電子カルテシステムを提案いただき、クラウドを想定して長野~東京間をつないだリモートデモで、レスポンスの良さや改良された機能面も大変気に入り、コスト面も折り合いがつき、思い切って導入を決めました

紙カルテからの初めてのシステム化で、診療を行いながらの移行と不安もありましたが、医事課でも問題なく会計が行え、皆が落ち着いて対応できています。放射線部門や透析の集中監視システムなど、他社のシステムを一部導入していますが、今回導入の電子カルテと連携し問題なく便利に使えています

\お見積り・ご相談はお気軽にどうぞ/

HOPE Cloud Chartのお問い合わせはこちら

病院の規模・課題の選択に戻る

LX 中小規模病院向け導入型電子カルテシステム HOPE EGMAIN-LX ホープ イージーメイン-エルエックス

こんな「あるある」に効く、電子カルテです。

  • 課題1 中小規模病院でも豊富な機能の電子カルテを導入したい。
  • 課題2 システム担当者の負担を減らし安心して運用したい。
  • 課題3 少ない操作で必要な情報を知りたい。

導入事例

特定医療法人社団 順心会 順心病院様 24時間体制の救急医療。急患の受け入れを止めずにチーム医療を加速。

もっと詳しく見る(PDF版)

急患の受け入れを止めずにシステムを導入することが第一の条件でした。

そこで、信頼性が高く、数多くの病院への導入実績があり、きめ細かなサポート体制を持っている富士通FIPに依頼することに決めました。1分1秒を争う患者の受け入れのため、当院では迅速で的確な対応が求められます。電子カルテの入力と同時に情報が共有され、手術室の準備や病棟の受け入れなど、スタッフ一人ひとりが判断して迅速に動けるようになりました

また当院では過去5年間の紙カルテと検査画像をデータとしてストックしています。スタッフの少ない夜間に急患が入った場合も、瞬時に過去の検査画像が画面に表示され、現在のレントゲン画像との比較ができます。紙カルテを手作業で探す効率の悪さもなくなり、迅速な診断と業務の効率化に大いに役立っています

医療法人社団 井野口病院様 中小病院にとって、電子カルテの導入は大英断。部門間連携でチーム医療の向上に成功。

もっと詳しく見る(PDF版)

各部門で入力した情報を直ちに共有することができるため患者さんの移動、カルテの移動に伴うタイムロスを大幅に減らすことができるようになりました。以前は医師の指示後、患者、カルテの移動に合わせて順次行われていた検査準備等も指示(オーダ)が出た時点で各部門で情報を共有し、すぐさま準備、実施が行われます

こうした改善により待ち時間の短縮やきめ細かい情報交換が可能となり、患者サービスの向上につながっています。また検査室で撮影したCTやMRIなどの画像も院内ネットワークを介してあらゆる場所から確認できますので、画像を活用したきめ細かな説明が可能になるなど質の高い医療サービスの提供に役立っています

\お見積り・ご相談はお気軽にどうぞ/

HOPE EGMAIN-LXのお問い合わせはこちら

病院の規模・課題の選択に戻る



GTM-KRVVZD