GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. キレイヤサイ >
  3. 低カリウム野菜について

低カリウム野菜について

カリウム摂取制限のある方に食の喜びを届けるために。

キレイヤサイは、栽培環境のコントロールによって、通常よりもカリウム含有量を低下させた野菜です。
野菜に含まれるカリウムが気になる方も生でお召し上がりいただけます。

「キレイヤサイ」はカリウム摂取制限のある方に食の喜びを届けるために
誕生しました

腎機能が低下すると、腎臓から排出されるカリウムが体内に蓄積され、高カリウム血症を引き起こします。高カリウム血症は、不整脈を起こし急死の原因ともなります。そのためカリウム制限が必要となります。カリウムは生野菜と果物に多いため、通常は小さく切ってゆでこぼしたり、水に20分程度さらすなどによりカリウムを抜く作業が必要ですが、さほどカリウムが抜けないうえに、調理に手間と時間がかかり、美味しさも失われてしまいます。

キレイヤサイ 低カリウムレタスは、通常のレタスに比べてカリウム含有量は5分の1。
カリウム摂取制限を強いられている皆様に新鮮でみずみずしいレタスの葉っぱをそのまま食べる喜びを提供します。

低カリウム野菜を求めている人々は

近年の傾向

血液透析患者数は2013年末の時点で31万人を超え、増加の一途をたどっています。その原因疾患は糖尿病性腎症、慢性糸球体腎炎、腎硬化症をはじめとする慢性腎臓病(CKD)が多くを占めています。CKD患者数は約1,330万人と推定され、これは日本人の成人の8人に1人に相当するといわれています。
対策として、日本腎臓学会では2007年にCKD診療ガイドを作成(2009年、2012年改訂)し、かかりつけ医がCKD患者の診療をする際の指針を示してきました。慢性腎臓病(CKD)対策の重要性が徐々に認知されるとともに、包括的かつ有効なCKD対策の実行は新規透析導入患者の有意な減少をもたらす重要な手段であることが、確実に社会、行政、医療者に認識されてきたところです。
これまでは年間1万人のペースで増加していた透析患者数も、5,000人程度の増加と鈍化しています。

血液透析患者数の推移グラフ

生活習慣と食事で進行を遅らせることができます

CKDのステージが進行し腎臓の機能がかなり低下していても自覚症状がほとんどないため、病院での検診・検査を受けて初めて診断されることが多く、またCKDと診断されても放置されてしまうこともあります。CKDが進行し高血圧や貧血などの自覚症状が現れてからの治療は非常に困難です。また、ステージの進行に伴い、心筋梗塞や心不全および脳卒中の発症および死亡率が高くなります。

進行対策に重要な食事制限

  • 塩分
    健常な人の塩分目標値は、男性8.0g╱日未満、女性7.0g╱日未満ですが、CKD患者ではナトリウム摂取量(食塩相当量換算)は3g╱日と健康な人の半分以下です。
  • エネルギー
    肥満はCKD進行を早めます。PFCバランス(たんぱく質(Protein)・脂質(Fat)・炭水化物(Carbohydrate))の整ったエネルギー摂取およびビタミン・ミネラル・食物繊維をバランスよく摂取し、適正体重の維持が大切です。
  • たんぱく質
    食事で摂取したたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓でろ過され、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を保つためにも、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。また、たんぱく質摂取量を減らすのではなく、アミノ酸バランスや脂質のバランスに考慮をする必要があります。
    主食(ごはん等)や野菜にもたんぱく質が含まれているため、たんぱく質を制限した献立は、これまでの食事に比べて、おかずが少なく、たんぱく源の量が少ないため、満足感が激減します。

カリウム制限は重要です

一般に、ナトリウムはとり過ぎると高血圧の一因になりますが、その一方でカリウムは血圧を下げる働きがあります。しかしながら、腎機能が低下すると、腎臓から排出されるカリウムが体内に蓄積され、高カリウム血症を引き起こします。高カリウム血症は、不整脈を起こし急死の原因ともなります。
カリウムは生の野菜と果物に多いため、小さく切って断面積を増やしてカリウムの溶出量を増やす、ゆでこぼすなど、調理の手間が必要です。また、こうした調理方法は、ビタミン等の水溶性の栄養素や香り、旨味成分も抜けてしまい、美味しくなくなります。

カリウムを減らす調理法の例

「キレイヤサイ」はこのような手間をかけることなく、新鮮でみずみずしい、そして低カリウムな生の美味しさをお召し上がりいただけます。
今まで生野菜を食べられなかったカリウム摂取制限のある方へ、食の喜びをお届けする野菜です。

「キレイヤサイ」シリーズ

キレイヤサイとは?

低カリウム野菜について


商品ラインナップ

ご購入はこちら

お電話・FAXでのご購入

キレイヤサイサービスセンター

受付時間  8:30~17:30(土日祝日を除く)
              (上記以外の時間帯は、留守番電話で承り、翌営業日にお電話させていただきます)

icon-telephone 電話: 0120-220-825(フリーダイヤル)
icon-fax Fax: 044-542-6247

Web販売

クール便でご自宅までお届けいたします。
お得なまとめ買いやギフトカードの販売にも対応しております。

楽天市場Open a new window
楽天株式会社が運営するインターネットショッピングモールです。

FOMダイレクトOpen a new window
富士通エフ・オー・エムが運用するショッピングサイトです。


店舗販売

「キレイヤサイ」は取扱い店舗を拡大中です。お近くの店舗をご案内いたします。

「キレイヤサイ」に関するお問い合わせ

富士通ホーム&オフィスサービス株式会社 先端農業事業部

〒211-8588 川崎市中原区上小田中4-1-1

キレイヤサイサービスセンター

受付時間  8:30~17:30(土日祝日を除く)
              (上記以外の時間帯は、留守番電話で承り、翌営業日にお電話させていただきます)

サービス内容  ①ご注文受付(電話・FAX・E-mail)
                       ②キレイヤサイに関する商品情報のご説明
                       ③ご指摘・ご意見など

icon-mail E-mail: fho-yasai@ml.jp.fujitsu.com
icon-telephone 電話: 0120-220-825(フリーダイヤル)
icon-fax Fax: 044-542-6247