設備の安定稼動を維持し、生産ロスを無くし、保全業務の高度化を実現

FUJITSU
Enterprise Application
PLANTIA

01PDCAサイクルで保全現場における様々な課題を解決

PLANTIAは保全業務のPDCA(「P」保全計画、「D」保全実績、「C」保全分析、「A」保全方針見直し)をまわすことで様々な課題解決を実現する設備保全管理システムです。

02保全技術・保全ノウハウなどの企業資産を共有化

設備保全管理システムPLANTIAを利用することで、設備保全業務のノウハウや保全履歴をすべてデータベース化。全社的な保全業務の見える化、標準化することにより、設備保全業務の品質向上を実現

03段階的なレベルアップで攻めの保全業務を実現

保全業務の発展に応じたICT活用(事後保全→計画保全→予知保全・状態監視→信頼性向上・改善→継続的改善)で各種データに基づいた計画的設備改良・持続的改善による攻めの保全を実現します。

主な機能

ご紹介動画

PLANTIA に関するお問い合わせ・ご相談

ページの先頭へ