GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品・ソリューション >
  3. FUJITSU Enterprise Application PLANTIA - 設備保全管理システム

FUJITSU Enterprise Application PLANTIA - 設備保全管理システム

未来につなげる、保全をはじめませんか

PLANTIAとは、当社が開発した設備保全管理システムで、工場の設備、ユーティリティなど、あらゆる現場機器の保全業務を包括的に管理することが可能なシステムソリューションです。

製品紹介動画

万が一の製造トラブルが経営基盤を揺るがしかねない現在、生産設備の安全な稼働は企業にとって、もはや生命線といっても過言ではありません。こうした中で、製造工程における様々なトラブルを未然に防ぐ保全業務が重要です。しかし、これまでの保全業務は、属人的な作業で、その情報の共有化や業務品質の標準化が課題でした。また、コンプライアンスの観点からも業績に多大な影響を及ぼし、特に製造業者にとっては法令を徹底して遵守できる生産設備、保全体制を構築していくことが急務となっていました。PLANTIAは、当社が30年以上蓄積してきた、様々な保全現場のニーズ・ノウハウを凝縮した設備保全管理システムです。PLANTIAは、「機器台帳管理」「保全周期管理」「保全計画管理」「保全履歴管理」「修理案件管理」の五つのサブシステムのシンプルなアーキテクチャで、各企業特有の業務フローに適合させやすい設計となっています。そのため、システム最適化・導入が、よりスムーズに行えるとともに、現場のノウハウを最大限に活かした保全業務の遂行をサポートできます。

plantia06

PLANTIAでは、各設備機器の磨耗状況やトラブル履歴などをすべて蓄積し、故障しやすい機器やトラブルの多い部品、機器の磨耗状況などの状況を把握・分析しながら、ライフサイクルを考えた保全計画の立案が可能です。また、PLANTIAの包括的な機器管理によって、設備機器のウィークポイントの補強や適切なメンテナンスができ、より安定した設備稼働を確保するとともに、設備投資も最適化することが可能となります。

特長

豊富な実績

  • 30数年の長きにわたり、多様な業種のお客様に製品を提供
  • 設備保全管理システムでは国内トップクラスの導入実績
  • 高性能・高信頼性・高セキュリティの「FUJITSU Cloud Service OSS」を採用した、サーバ不要のクラウド環境もご用意しています(月額制)
  • 日本プラントメンテナンス協会の「PM優秀製品賞」を1999年、2008年に受賞

親しみやすい画面

  • 現場目線による直観的な使いやすさを追求
  • 画面レイアウトやメニュー項目をお客様自身で変更が可能
  • スマートデバイスへの対応(Windows, iOS)

データの活用

  • データベース構造を公開しているので、お客様資産である蓄積データを自由に活用可能
  • 写真、図面、設計図書などの電子ファイルを機器台帳、保全台帳などに関連づけ

Excelを活用した帳票機能

  • 豊富なサンプル帳票を搭載
  • お客様自身で帳票を自由に作成・変更可能で、教育講座もご用意
  • 豊富な検索・出力により、データ集計や分析をサポート

マルチ言語対応

  • 英語に標準対応
  • 辞書登録により、その他言語もサポート可能

他システムとの連携

  • ERPなどの基幹業務システムとの連携が可能

導入のメリット

保全ノウハウの共有化と継承

保全業務のノウハウは担当者の経験や勘、工夫により培われるため、継 承が難しいのが実情です。PLANTIAは情報の正規化・標準化を促すこと により、スムーズな蓄積を支援し、業務の見える化を実現します。それ により属人化のない安定した保全業務を行うことができます。 また、蓄積した情報の活用が「PDCA」サイクルを生みだし、保全業務の 改善につながります。

保全の最適化をサポート

PLANTIAは、設備機器の状況を把握・分析するのに必要なデータを蓄積・ 出力することで、最適かつ漏れのない保全業務をサポートします。設備 の最良維持とトラブルロスの減少、設備の安定稼働(=稼働率向上)は 保全コストの削減だけでなく、企業の利益基盤を強化していくことにつ ながります。

機能

現場に合ったインターフェイス設計

エクスプローラと同じような画面設計となっており、誰でも簡単に保全情報の登録や検索、閲覧を行えます。また、「設備の稼動場所(エリア)」「機器の種類(ポンプ・熱交換器等)」「機器の詳細情報(スペック等)」などの設備情報を直観的に把握できる画面設計となっております。現場でのユーザビリティを高めることで、より効率的に保全業務を管理することができます。

plantia02_l

保全履歴・情報をスマートかつ有効に活用 - 多角的な分析・計画立案までをサポート

蓄積される膨大な情報の的確な検索や多角的な分析が可能。過去実績と保全周期に基づいた保全カレンダーの作成や、実施計画の立案、コスト管理も行え、中長期に渡る保全業務をトータルにサポートします。

保全カレンダー

plantia05_l

保全周期画面

plantia04_l

保全履歴画面

plantia03_l

保全業務をビジュアル管理 - 写真や図版などをデータベースに蓄積可能

設備機器の腐食・破損は、ドキュメントよりも写真のほうが効果的に状況理解へつながります。PLANTIAは写真やCAD図面などをデータベース化することができるほか、CADデータや性能曲線などのグラフデータと連携させることもでき、リアルな状況把握と、設備仕様書類の管理がスムーズになります。 また、紙ベースの各種資料もデータ化して蓄積すれば、保全業務にまつわるすべての情報を一元的に管理・活用していくことができます。

動作環境

データベース

FUJITSU Software Symfoware Server Lite Edition (Postgres) (64bit) V12.3.0

Oracle Database SE2 11g(11.2.0.4以降)、12c(12.1.0 以降)

Webサービス Tomcat V7, JDK7
最小サーバ仕様

CPU:Xeon系1.8GHz以上

メモリ:8GB以上

HDD:100GB以上

OS:Windows Server 2008R2 Std. sp1・2012R2 Std.

クライアント Internet Explorer 11 & Safari Office (Excel)2010・2013

カタログ

製品についてのお問い合わせは、以下リンクよりお願いいたします。

お問い合わせボタン

138-BFF-042