GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品・ソリューション >
  3. BEStPROシリーズ - 建設業向け工事原価管理システム、積算システム

BEStPROシリーズ - 建設業向け工事原価管理システム、積算システム

概要

建設業のIT化に関わる課題

ビジネスにおけるIT利用が始まって以来、企業は必要に迫られて部門ごとのニーズに合わせたシステムの構築を行ってきました。その結果、システムの分散化やプラットフォームの乱立などの問題が生じています。この問題は建設業においても同様です。営業から施工・保守までの一連の業務と、全体に関係している原価管理・会計などのシステムが、それぞれ独自に構築されているという現状が多くの企業に当てはまります。

建設業に今、求められているのは、そのような個別最適化されたシステムを、右図のように全体最適の視点で構築しなおすことではないでしょうか

建設業のITシステムに求められること

  • 各部門独自のIT化から全体最適システムへ
  • 利益予想をリアルタイムで把握
  • 上流から下流へのデータ連携と活用
  • 作業所業務の効率化
  • コンプライアンスへの対応

sol_ill_bestpro_01

多くの実績と高い技術をもとに「積算」「原価」システムをパッケージ化したBEStPRO

上記のような視点をベースに、業務プロセスやビジネスを出発点とする「トップダウンアプローチ」のコンセプトのもと、「積算」「原価」分野のベストソリューションをパッケージ化した製品が、コア・システムデザイン(富士通エンジニアリングテクノロジーズ関連会社)の「BEStPROシリーズ」です。

BEStPROシリーズは、協力会社までを含めた他のシステムとのスムーズな連携を実現し、建設業のITシステムの全体最適化を支援します。最適化することでさまざまな問題が解決し、業務効率化や経営判断のスピードアップが期待できます。BEStPROシリーズには、予算管理・原価管理システム「BEStPRO-原価」や、そのノンカスタマイズパッケージ「BEStPRO-原価SP」を中心に、下記のようなシリーズラインナップがあります。

sol_ill_bestpro_02

特長・効果

建設業ITシステムの全体最適化を支援する「BEStPROシリーズ」

  1. 豊富な経験とノウハウをパッケージ化
    • 開発元であるコア・システムデザインは、個々の企業ニーズに合わせたソフトウェア開発を行い、成長してきました。その経験とノウハウを、パッケージソフトとして集約したのがBEStPROシリーズです。建設業を知り尽くしているからこそ実現した、実際の現場業務にフィットする機能・操作性が大きなメリットです。
  2. データを一元化しビジネスを「見える化」する
    • 例えばBEStPRO-原価では、すべての現場から発生したデータを一元管理し、会計・購買システムと連携させることができます。統合されたデータベース上でデータを管理することにより、これまで各現場に埋もれていた情報を浮かび上がらせ、業務の“見える化”を実現します。
  3. 建設業に特化した強み
    • コア・システムデザインは建設業に特化したシステム開発会社であり、富士通エンジニアリングテクノロジーズは世界的エンジニアリング会社・日揮の情報システム部門として建設・エンジニアリング業界における豊富な経験と実績を持ち合わせています。 BEStPROシリーズ導入にあたっては、両社の強みを最大限に生かしたご提案をさせていただきます。

BEStPROシリーズのラインナップ

「BEStPROシリーズ」の導入までの流れ

sol_ill_bestpro_03
  1. お客様へのヒアリング
    • 当社営業担当とSEが、お客様のシステム部門及びユーザー部門の担当者様にヒアリングします。お客様の意向を正しく把握しながら、要件のとりまとめや開発内容の確認を行います。
  2. 基本確認作業
    • お客様側に最終パッケージレベルの確認をし、具体的な作業所への配布手順とスケジュール、教育、サポートに関する打ち合わせを行います。 また、Fit&Gap分析を行います。
  3. システム構築プラン作成
    • お打ち合わせ内容をもとに、システム構築プランを作成します。同時にパッケージ及びカスタマイズ費用の見積書とスケジュールを提出します。
  4. 契約・仕様書作成
    • パッケージとカスタマイズ部分を含めた契約を行います。カスタマイズ部分につきましては仕様書を作成します。その後、プログラミングを開始します。
  5. システム導入・検収
    • システムを納品します。お客様にはシステム内容を確認していただきます。
  6. 集合教育
    • システムの操作や運用管理についてのトレーニングを実施します。
  7. サポート
    • 導入後も、ご不明な点がある場合や万一の不具合発生時には、きめ細やかにサポートします。

カタログ

製品についてのお問い合わせは、以下リンクよりお願いいたします。

お問い合わせボタン