GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. トピックス >
  3. 2017年 >
  4. 富士通エンジニアリングテクノロジーズ、高信頼・高性能データベース「FUJITSU Software Symfoware Server」に対応した 「FUJITSU Enterprise Application PLANTIA V04L31」を販売開始

<News Release>

2017年6月19日
富士通エンジニアリングテクノロジーズ株式会社

富士通エンジニアリングテクノロジーズ、高信頼・高性能データベース「FUJITSU Software Symfoware Server」に対応した 「FUJITSU Enterprise Application PLANTIA V04L31」を販売開始

富士通エンジニアリングテクノロジーズ株式会社(本社:横浜市西区、代表取締役社長:延下 哲朗)は、「FUJITSU Enterprise Application PLANTIA V04L31」を6月19日より販売開始いたしました。

「FUJITSU Enterprise Application PLANTIA V04L31」が「FUJITSU Software Symfore Server」に対応しました。
Symfoware Serverは、数々の業務システムへの導入実績で培われたスマートソフトウェアテクノロジーをベースに、クライアント/サーバー構成の小規模システムからビッグデータ時代のエクストリームトランザクションに対応した大規模基幹システムまでをカバーする高信頼・高性能データベースです。

Symfoware Server (Postgres) は、従来から定評のあるデータベースに加え、オープンソースソフトウェアのPostgreSQLを搭載し、富士通の技術で信頼性・安全性を向上させています

以上

138-BFF-042