GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. セミナー・イベント >
  3. 働き方改革時代の悩める情報漏えい対策~セキュリティ監査にも対応できるシステム運用のあり方~

働き方改革時代の悩める情報漏えい対策~セキュリティ監査にも対応できるシステム運用のあり方~

昨今のシステムは、「社内からのアクセス」だけではなく「テレワークを利用した社員からのアクセス」や「外部ベンダーからのメンテナンスによるアクセス」など社外からの利用が増加傾向にあります。このような状況変化に対し、情報システム部門はシステムをどのように保護するか課題が生じてきています。
本セミナーではこのような課題をはじめとし、運用が適切に実施され、監査にも即時対応できる方法をご紹介します。


イベント概要

日程 2018年12月18日(火)14:00~16:00 (受付開始 13:30)
会場 FUJITSU Digital Transformation Center Tokyo Event room A
〒105-6125 東京都港区浜松町 2-4-1 世界貿易センタービル29FOpen a new window

【アクセス】
JR 山手線・京浜東北線・東京モノレール
「浜松町駅」より2階コンコースで直結
受講料 無料(事前登録制)
※当日はお名刺をご用意の上、ご来場ください。
定員 16名
※開催定員に満たない場合は、開催の延期または中止する場合がございます。予めご了承ください。
※同業他社様からのお申込みにつきましては、お断りさせていただく場合がございます。
主催 富士通エンジニアリングテクノロジーズ株式会社
セミナー内容 13:30~
受付開始

14:00~14:05
「開会のご挨拶」


14:05~14:40
「セキュリティ対策はITリテラシーの向上から!管理者のためのセキュリティ運用とは」
近年、働き方改革による働く環境の多様化は、企業にとって様々なリスクを生むきっかけを持っています。本セッションでは、このような環境の変化によって生み出されるリスクとその対策についてご紹介させていただきます。



14:40~15:15
「作業工数を70%削減!監査がラクになる、セキュアなシステム運用とは」
企業の中で重要情報群に簡単にアクセスできる者は誰か?  重要な情報を不正/不用意なアクセスから守り、監査で健全な運用を説明するための簡単な方法を紹介します。



15:15~15:50
「重要情報はデーターベースにあり!情報漏えいから守るデータベース保護対策とは」
企業にとって重要な情報はデータベースに格納されており、様々な脅威にさらされています。本セッションでは、様々な脅威から既存システムに負荷をかけることなくデータベースを保護・監視する方法をご紹介させていただきます。



15:50~16:00
Q & A/閉会

※講演タイトル及び内容は、予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。
お申し込み お申込みはこちら
お問い合わせ 富士通エンジニアリングテクノロジーズ株式会社 セミナー事務局
Tel:045-345-7010
E-Mail:fetec-seminar@dl.jp.fujitsu.com
138-BFF-042