GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 導入事例 >
  3. FUJITSU Enterprise Application PLANTIA >
  4. FUJITSU Enterprise Application PLANTIA 導入事例 - 三菱ケミカル株式会社様

FUJITSU Enterprise Application PLANTIA 導入事例 - 三菱ケミカル株式会社様

保全情報の一元化で故障発生件数を1/10に - 意識することなく保全の土台が出来上がる -

img001

「故障に苦しむ関係会社に支援に行ったときにPLANTIAを使用する意義を再確認した。設備診断パトロールを実施し今後の方針を議論しようとしたが『台帳』、『周期』、『履歴』等、保全の土台となる情報が無く、議論を進められなかった。振り返ってみると我々は、PLANTIAを導入したことで意識することなく保全の土台を作り上げていた。これこそがPLANTIAを使う最大の意義だと再認識した。」

(三菱ケミカル株式会社 長浜事業所 設備技術部 電計Gr 草川勝之氏)

img02

[ 2018年04月05日掲載 ]

導入の課題や背景

保全情報の散在が、長年の課題に

2000年当時、長浜事業所では、下記のような設備保全の課題を抱えていた。

  • 保全情報がパソコンや紙媒体に散在
  • 非効率な運用、人による保全レベル差
  • 世代交代による技能/ノウハウ伝承不足

これらの課題を解決し、「保全管理/作業の情報一元化」、「業務の標準化、効率化」を実現し、生産安定化を図るために設備管理システムが必要となってきた。
同社では、システム導入にあたり、いくつもの設備管理関連のパッケージを調査し、数社を比較検討した結果、下記の理由からPLANTIAを採用した。

  • 直感的な分かりやすいインターフェイス
  • カスタマイズが容易
  • データの2次加工が容易(レポート機能)
  • グループ内で採用実績が多い

その後、大幅な要員削減(3分の1)に伴う故障増大という環境変化をきっかけに、「故障1/10活動」に取り組むこととなった。

※PLANTIAの導入、運用については三菱ケミカルシステム様がご担当。

導入後の成果

img04

「故障1/10活動」は重い保全に頓挫した反省から、リバウンドの無い「軽い保全」を目指す事とし、具体的には3つの柱で活動を開始した。

  1. 人材育成
  2. 診断技術の導入
  3. 保全情報の活用(PLANTIA)

PLANTIAで保全情報を一元管理すると事業所各課の保全レベルを俯瞰できるようになった。その結果、各課ごとに最適な保全メニュー(保全方式、保全周期、予備品など)を構築、CBM主体の保全に移行することで故障1/10を達成した。活動の過程でPLANTIAを使った保全レベルのコントロールを身に着けた事も大きな成果であった。

成果例1:効率的な会議をPLANTIAで実現

資料作成の自動生成で工数削減

PLANTIAに日報として履歴入力や修理案件の入力で報告資料の工数削減を実現

PLANTIAを中心に効率的な会議を実現

PLANTIAの各画面を見ながら議論することで抜けがなく効率的な議論を実現

成果例2:受注拡大に保全管理システムが貢献、売上が5倍に

PLANTIAを用いた保全管理手法が強みとなり、受注が拡大

保全監査を契機に三菱ケミカル様が取り組んでいた保全管理手法がお客様に伝わり、信頼を得たことで受注の拡大につながった。

成果例3:スタート以来3年間、重故障「0」を継続中

CBM管理の要、PLANTIA

初期流動中のトラブルも許されない現場で、PLANTIAを活用し、CBM管理を実現することで、スタート以来3年間、重故障「0」を継続中。放置すれば、ベルト切れを起こし、故障となるものを事前に発見し、対処出来た。

導入企業様紹介

【三菱ケミカル株式会社様 会社概要】

img03

2017年4月1日、三菱化学、三菱樹脂、三菱レイヨンが統合し発足。3社が培ってきた強みを融合し、ケミストリー(化学)をベースとした、広範にわたる技術基盤をもとに、社会・環境課題の解決に向けて総合的なソリューション・サービスを提供し、KAITEKIの実現に貢献している。


所在地 〒100-8251 東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスビル
設立 1933年8月31日
連結従業員数 40,914名(2017年3月末時点)
URL https://www.m-chemical.co.jp/

PLANTIAパートナー紹介

三菱ケミカル社の各事業所へ、PLANTIAのさらなる活用を支援

img05

PLANTIAに蓄積された機器・保全データを活かし、他システムとのデータ連携や帳票レポートの保守開発を行っており、最近では富士通のクラウドサービス teraSpectionとPLANTIAを連携させた定期点検業務のIT化を推進しています。
また、三菱ケミカル社・三菱ケミカルシステム社・富士通エンジニアリングテクノロジーズ社の3社でタッグを組み、IoTとPLANTIAを活用した予知保全にもチャレンジしています。
今後も三菱ケミカルシステムは、三菱ケミカルホールディングスグループ各社に設備管理ソリューションとしてPLANTIAの推進展開をサポートしていきます。

【三菱ケミカルシステム株式会社様 会社概要】

化学産業とIT技術の発展と共に、その時代のITテクノロジーを活用したシステム基盤を提供、運用。500社以上、従業員約70,000人が利用する三菱ケミカルホールディングスグループのシステム基盤を支えている。

所在地 〒131-0045 東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリーイーストタワー
従業員数 648名(2017年4月時点)
URL https://www.mitsubishichem-sys.co.jp/

本製品に関するお問い合わせ

製品についてのお問い合わせは、以下リンクよりお願いいたします。

お問い合わせボタン



本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は取材時のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。