GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ニュース >
  3. メッシュネットワーク機能搭載、IoTシステム構築に最適な ビーコンモジュールのサンプル提供開始


PRESS RELEASE [製品]

2017年9月21日
富士通エレクトロニクス株式会社

メッシュネットワーク機能搭載、
IoTシステム構築に最適なビーコンモジュールのサンプル提供開始
FUJITSU 「WisReed」搭載 Bluetooth Low Energy対応ビーコン発信機

富士通エレクトロニクス株式会社 (注1) は、富士通株式会社 (注2) のメッシュネットワークプロトコル「WisReed(ウィズリード)」 (注3) を搭載した、 Bluetooth Low Energy (以下、BLE) 小型ビーコンモジュールを開発し、サンプル提供を2017年9月下旬に開始します。

本製品は、コイン電池で駆動するBLEビーコンモジュールにメッシュネットワーク機能を搭載しています。 一般的なBLEビーコンモジュールと比べ、ビーコンデータの収集範囲が飛躍的に広がり、位置情報サービスなどの様々なIoTシステムに活用できます。 また、コイン電池ソケットも含め、小型基板上に必要な機能を実装しているため、実証検証シーンから商用運用に至るまで幅広くお使いいただけます。

なお、本製品は2017年度第4四半期に製品化の予定です。(当社の決算期は3月末日です。)

本製品の特長


1.メッシュネットワーク機能

富士通のメッシュネットワークプロトコル 「WisReed」 を搭載し、ビーコンデータをメッシュネットワーク化することで広範なエリアのビーコンデータ収集や、 ビーコンと接続した機器の制御が可能になります。 また、ビーコンモジュールの追加や削減時に伴うネットワーク構成は、本製品が自動で再構築を行うため、設定作業は不要となります。

なお、ビーコンの無線通信にはBLEを使用しています。

サンプル外観 サンプル外観 (33.0×33.0×5.0mm)


2.コイン形電池駆動の小型軽量タイプ

必要機能が小型基板にすべて搭載されているため、様々なシチュエーションでお使いいただけます。 また、基板上にコイン電池を搭載でき、別電源を必要とせずそのままお客様製品にご使用いただけます。

さらに、各種デバイスを接続するためのインターフェース(GPIO・SPI・I2C)用スルーホールを設けており、センサーなど様々な拡張デバイスを接続できます。


3.搭載部品をオプションにて選択可能

オプションとして、チップLED(赤、橙、黄、黄緑のいずれか1つ)・圧電ブザー・タクトスイッチをそれぞれ選択し、基板上に搭載可能です。

なお、サンプル品には、お客様での実験試作を考慮しオプション搭載済で提供します。


製品ラインナップ

製品名 型名 サンプル品提供開始日
メッシュネットワークビーコン MSB1047-LBSV-ES 2017年9月下旬
シンプルビーコン(メッシュ非搭載) MSB1048-LBSV-ES サンプル提供中

仕様

メッシュネットワークビーコン、シンプルビーコン共通
項目 仕様
サイズ、質量 33.0×33.0×5.0mm、10g(電池含まず)
電源 リチウム電池 CR2032   1個
動作温度範囲 -10℃~+60℃
アンテナ チップアンテナ搭載
通信距離 約30m
無線規格 Bluetooth Low Energy(BLE)4.2準拠

適用システム例


1.人やモノの位置情報管理

本製品を人やモノに取り付け、位置情報管理システムのセンサーとしてお使いできます。

2.忘れ物の防止、人やペットの見守り

荷物の紛失や迷子の防止システムにて、本製品を荷物や子供に取り付けるタグとして活用できます。

3.環境センシング

本製品に温度・湿度・照度などの各センサーを接続することで、広範囲をカバーできる環境センシングシステムが実現可能です。

4.屋内の機器制御

本製品にオフィスや工場内の照明機器などを接続することで、無線による屋内機器の集中制御システムが実現できます。


関連Webサイト


商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


以上


注釈

注1  富士通エレクトロニクス株式会社:
本社 神奈川県横浜市、代表取締役社長 荻原淳二
注2  富士通株式会社
本社 東京都港区、代表取締役社長 田中達也
注3  WisReed(ウィズリード)
富士通株式会社のメッシュネットワークプロトコル。設定不要でネットワークを自動構築でき、障害発生の際にも自己修復する、自律分散型ネットワーク技術。

プレスリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。