Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2016年>
  4. 施工検査の精度を向上、坂田建設様で「現場検査マイスター」を運用開始

PRESS RELEASE

2016年10月26日
富士通株式会社
株式会社富士通システムズ・イースト

施工検査の精度を向上、坂田建設様で「現場検査マイスター」を運用開始

タブレットを活用し、ビルやマンションの建設現場の施工検査業務を最大40%削減

富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下 富士通)は、株式会社富士通システムズ・イースト(本社:東京都港区、代表取締役社長:石川享、以下 富士通システムズ・イースト)が開発した、建設現場の検査業務の精度向上と作業負荷軽減を実現する「FUJITSU Manufacturing Industry Solution 現場検査マイスター」(以下、現場検査マイスター)を、首都圏を中心にビルやマンションを施工する坂田建設株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:德倉克己、以下 坂田建設)様に提供しました。坂田建設様では、本システムを10月26日より稼働させ、配筋検査と仕上検査(竣工検査)の工程で運用を開始しました。

「現場検査マイスター」は、ビルやマンションなどの配筋、仕上などの施工検査において、図面や仕様書などの施工検査に必要なデータの参照や検査結果の入力をタブレットで行い、入力データに紐付いた報告書の自動作成をパソコン上で実現します。また、検査時に撮影し一度取り込んだ現場写真は変更不可能なため検査証憑として利用できるほか、入力データは施工関係者とリアルタイムに共有でき、現場状況の把握や適切な指示に活用できます。

坂田建設様は、「現場検査マイスター」の活用により、検査精度の大幅な向上を図るとともに、検査用のデータ準備から現場検査、検査報告までの一連の作業時間を最大40%削減することを目指します。

【背景】

建設業界では、構造物の高度な安全性を確保するため、基礎から竣工にわたる全施工工程において法律に基づく検査を行っています。しかし、施工検査の工程は、基礎、鉄骨、配筋、仕上など多岐にわたるうえ、工程ごとに検査内容や検査手法が異なるなど、検査精度の向上や作業負荷の軽減が難しい状況でした。また、従来のような紙ベースでの検査では、適切なデータ保管や施工関係者間での状況把握などに課題がありました。
上記課題を解決し、施工検査への精度を高めるため、首都圏を中心に建築工事や土木事業を展開する坂田建設様は、現場検査業務をトータルに支援する「現場検査マイスター」を導入しました。今後、坂田建設様では、本システムを配筋検査や仕上検査以外の各種検査にも展開していくほか、土木現場などにも広く適用を進めていく予定です。

写真:坂田建設様における「現場検査マイスター」の現場利用シーン写真:坂田建設様における「現場検査マイスター」の現場利用シーン

【「現場検査マイスター」の特長】

図1. 「現場検査マイスター」のシステム概要(図面イメージは坂田建設様の図面などを参考に作成)図1. 「現場検査マイスター」のシステム概要(図面イメージは坂田建設様の図面などを参考に作成)

  1. 検査精度の向上と確実な記録を実現

    建設現場では、タブレットに表示される検査箇所や検査項目に従って作業ができるため、検査の漏れなどを防止することができます。また、検査箇所を撮影した写真データは、検査場所と検査工程を記載した黒板が貼り付けられた形で自動で登録され、登録後の変更ができないことにより、現場の検査証憑として利用することができます。


    図2. 検査実施イメージ(図面イメージは坂田建設様の図面などを参考に作成)図2. 検査実施イメージ(図面イメージは坂田建設様の図面などを参考に作成)

  2. 検査業務の効率化により、作業時間を大幅に削減

    現場にて検査結果の入力や撮影写真の登録をタブレットで行うことで、これまで紙に記載していた手間が省けるほか、入力したデータと紐付いた報告書が自動で作成されます。特に仕上検査では、タブレットに入力した指摘是正項目の内容を、パソコンですぐに帳票出力でき、業者への是正依頼の手順が大幅に改善されます。これにより、施工検査の準備から現場検査、報告までの一連の作業時間を大幅に削減することができます。


    図3. 自動報告書作成機能(図面イメージは坂田建設様の図面を参考に作成)図3. 自動報告書作成機能(図面イメージは坂田建設様の図面を参考に作成)

  3. 施工検査の情報をタイムリーに共有

    建設現場で入力したデータや撮影写真は、施工関係者で共有できるため、現場全体の施工検査の状況をタイムリーに正確に把握できるようになります。これにより、入力データの精査や作業の遅れに対しての適宜指示など、いち早く対策が行えます。

【関連Webサイト】

【商標について】

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

お客様お問い合わせ先

富士通コンタクトライン(総合窓口)
 電話: 0120-933-200
受付時間:9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

報道関係お問い合わせ先

株式会社富士通システムズ・イースト
ビジネスマネジメント本部 グループマネジメント推進統括部
 電話:03-6712-3701(直通)

GTM-KV3GXT