Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2016年>
  4. 「FUJITSU インフラ構築 Ready-made for Office365」を提供開始

PRESS RELEASE

2016年10月25日
株式会社富士通システムズ・イースト

「FUJITSU インフラ構築 Ready-made for Office365」を提供開始

各社のセキュリティポリシーにもとづく最適なコミュニケーション基盤の導入・運用を強力に支援

株式会社富士通システムズ・イースト(本社:東京都港区、代表取締役社長:石川 享)は、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也)のMicrosoft Office365(以下、Office365)をベースとするコミュニケーション基盤(注1)を、各社のセキュリティポリシーに合わせて最適な形で短期導入および運用を可能にする「FUJITSU インフラ構築 Ready-made for Office365(以下、Ready-made for Office365)」を10月25日より提供開始します。

本ソリューションでは、テンプレートから必要な機能を選択する形で要件定義を行えます。また、選択した機能は自動で実装されるため、SI(受託開発)型に比べて導入期間を約50%削減(注2)できます。また、合わせて導入後の稼働監視や課題分析により改善提案を行う運用サポートサービスも提供し、要件検討から運用のライフサイクルまでをトータルに支援します。

近年のデバイスや働き方の多様化により、コミュニケーション基盤の導入においても、従来のオンプレミス型から利便性や柔軟性の高いクラウド型に需要が変化しており、民需系のみならず官公庁・自治体のお客様からのニーズも高まっています。
一方で、スマートデバイスの活用によって紛失や盗難などのセキュリティリスクは増加する傾向にあり、企業のセキュリティ対策が強化されています。そのため、Office365によるコミュニケーション基盤の導入を検討するお客様は、Office365の標準仕様をベースに企業のセキュリティポリシーをきめ細かく設定し、実装する必要があり、導入に約1年近い期間を要するといった課題がありました。
また、すでにOffice365を導入しているお客様でも、機能を使いこなせない、運用が定着しないといった課題がありました。

そこで当社は、国内外の富士通グループ社員16万人によるコミュニケーション基盤の社内実践や数多くのお客様への導入で培ったノウハウをもとに、Office365をベースとするコミュニケーション基盤の導入から運用にわたりトータルに支援するサービス「Ready-made for Office365」の提供を開始します。

【「Ready-made for Office365」の特長】

  1. 各社のセキュリティポリシーにもとづく最適なコミュニケーション基盤を短期導入

    従来のSI型の導入では、Office365の豊富な機能に対し1つひとつ要件を確認したり、定義したりするなど要件定義やシステム設計に多くの時間を要していました。
    本ソリューションは、「Ready-madeコンセプトセット」で要件に見合った機能を選択し、お客様情報を入力すると、「Ready-madeデザインセット」として設計書が作成できます。その設計書をもとに「Ready-madeスタートアップ」によって自動で機能を実装できます。これにより、高品質かつ短期間で各社のセキュリティポリシーにもとづく最適なコミュニケーション基盤を導入できます。


    計画から設計、実装までの流れ計画から設計、実装までの流れ

  2. 富士通グループで独自開発したセキュリティ機能を装備

    お客様の運用やセキュリティポリシーに沿って、メールの誤送信防止機能や、スマートデバイス紛失に備えてメールデータを本体に保存させない機能など、富士通グループで実績のある独自のセキュリティ機能を装備しています。これにより、よりセキュアなシステムを構築できます。

  3. 富士通グループで培った運用ノウハウをもとに導入後の運用サポートもワンストップで支援

    ユーザーサポートやシステムのライフサイクルを、「Ready-made運用サービス」により運用側と利用者側の両面でサポートします。
    システムの運用監視やOffice365のアップデート情報の共有などにより運用管理業務の負荷を軽減するとともに、システムの利用状況の分析や改善提案などを行い、継続的にライフサイクルを支援することで、コミュニケーション基盤の定着と活用に向けた支援を行います。

    運用サポートサービスイメージ運用サポートサービスイメージ

【販売価格(税別)】

商品名称 主なサービス内容 価格
Ready-made 導入サービス   290万円より
Ready-made運用サービスエントリー ヘルプデスク 1IDあたり月額500円/ID
Ready-made運用サービスエンタープライズ ヘルプデスク/稼働監視/アカウント管理代行/月次報告 1IDあたり月額900円/ID
【留意事項】
  • Ready-made運用サービスの最小契約期間は1年間
  • Ready-made運用サービスはID数に応じて個別見積。上記は1,000IDの価格

【販売目標】

2017年度末までに累計 200社

【商標について】

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

【注釈】

(注1)

コミュニケーション基盤:
ID認証、メール送受信、ポータルサイト管理、文書管理、Web会議、通話などのコミュニケーションおよびコラボレーションツールを搭載したシステム

(注2)

約50%削減:
本製品のターゲットである1,000ID規模のお客様における、要件定義から運用開始までの作業期間を想定した場合

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

お客様お問い合わせ先

株式会社富士通システムズ・イースト
ITソリューション本部 クラウドソリューション事業部 クラウドソリューション部
 電話:03-6712-3841(直通)
受付時間:9時~17時(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

報道関係お問い合わせ先

株式会社富士通システムズ・イースト
ビジネスマネジメント本部 グループマネジメント推進統括部
 電話:03-6712-3701(直通)

GTM-KV3GXT