GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. Awards

Awards

Awards

2018

GOOD DESIGN AWARD 2018

iF DESIGN AWARD 2018

Workstation
CELSIUS M770 Series

iF Gold Award 2018受賞

審査員のコメント:
富士通CELSIUSは、確かなブランドイメージに裏打ちされた、優れた構造品質を持つハイエンドコンピュータ。ビジネス向け製品でありながら、メンテナンスやアップグレードの面でとても使い勝手が良い。

Red Dot Award: Product Design 2018

Tablet
arrows Tab F-02K

Smartphone
arrows NX F-01K

KIDS DESIGN AWARD 2018

2017

GOOD DESIGN AWARD 2017

iF DESIGN AWARD 2017

Red Dot Award: Product Design 2017

IAUD Award 2017

  FACT-V 現金自動取引装置シリーズ

IAUDアウォード2017金賞受賞

審査員の評価:
富士通は18年間にわたり(1999~2017年)、ユニヴァーサルデザインの考え方を自社のFACT-V ATM端末の反復開発に応用してきました。その間にアクセスしやすさや使いやすさを配慮し、高齢者や障害者をはじめとする利用者のニーズを深く理解するために多くの研究開発がなされました。最近の反復開発の例としては、音声ガイダンスシステムや、使いやすいスクリーンデザイン、特に車いす利用者に適したアクセスしやすい構造との組合せや、視認性と主要機能の強調表示を確保するために入念にデザインされたライティングによる補完も含まれます。
審査員は、同社のユニヴァーサルデザインの思考と実践への長期にわたるコミットメントを、傑出した模範例として高く評価しました。このコミットメントが、原則と意図の明確な表現につながり、ユニヴァーサルデザインを介したデザインの継続的改善を促しています。

  ともに学ぶプロジェクト

IAUDアウォード2017金賞受賞

審査員の評価:
教室の子どもたちを障害の有無にかかわらず一つにまとめ、共に学べるようにすることを目指した、有用かつ重要な共同研究開発プログラム。このプログラムは、日本政府の認める包括的な教育システムと機器が緊急に必要とされていることから策定されました。適切なICTモデルやソフトウェア/ハードウェアソリューションの開発に注力しています。
審査員はこの、特別なニーズと小学校を隔てる壁を打ち破ることを目指した、非常に有望な官民連携プログラムを称賛しました。見込みのあるソリューションと方法論を実証することにより、ともに学ぶプロジェクトは、教育における包括的な未来へとつづく方向性を示唆し、共に学ぶことが多様化を支えるデザインの鍵であることを再確認させてくれます。

携帯電話
キッズケータイF-03J
銀賞

スクールタブレット(文教タブ)
銀賞

文教ソリューション K12個別学習支援 ペンまーる

KIDS DESIGN AWARD 2017

2016

GOOD DESIGN AWARD 2016

音知覚装置
Ontenna

2016年度グッドデザイン特別賞[未来づくり]受賞
2016年度グッドデザイン・ベスト100に選出

審査委員の評価:
一般的に広まっていると思われる、障害者は健常者よりも知覚・認知能力が劣っているという不当なバイアスを覆すようなプロダクト思想、それを支える長年の研究開発の実績、そしてその「髪に装着する振動デバイス」というインタフェース・デザインのクオリティを高く評価した。今後、障害者の知覚・認知能力はOntennaのような技術によって拡張され、その恩恵を健常者が受けるような時代が到来することを予感させてくれる点において、今年の「未来づくり」というテーマを最も本質的に体現しているといっても過言ではない。今後、Ontennaを介したユーザーの知覚体験、そしてユーザー同士のコミュニケーションのツールとしても発展されることに期待したい。

Red Dot Award: Product Design 2016

スマートフォン
arrows Fit F-01H

スマートフォン
arrows NX F-02H

iF DESIGN AWARD 2016

IAUD Award 2016

GUIデザイン基盤
Fujitsu GUI Next Plus (FGNP)
「誰もが公平にソフトウェアを使える社会に向けた新しいGUIデザイン基盤」

IAUDアウォード2016 大賞受賞

審査委員の評価:
情報提示のプラットフォーム全体の整合性は、重要でありながらほとんど無視されている問題です。インタフェース・デザインの整合性についても同じことが言えます。OSや、企業・個人向けソフトウェアの急速な進化に伴うインターフェイスのデザイン変更はユーザーの苛立ちと迷惑の原因になりかねません。そこにクロスプラットフォームの問題がさらに輪をかけます。同じ情報でも、デスクトップのスクリーン、ノートPC、タブレット、モバイル機器に表示されるフォーマットやインタラクションモードが異なる場合が往々にしてあります。富士通は、デバイスやソフトウェア・プログラムの基本要素、プレゼンテーション、インタラクションを標準化してこの問題を基本的レベルで解決することを目指し、UDの精神に則った整合性を最優先し、ウェブアクセシビリティ・イニシアティブ(WAI)のウェブコンテンツアクセシビリティ・ガイドラインAA等級に準拠する方法を示しています。この新しいグラフィック・ユーザーインタフェース・デザインは本質的にビジュアルですが、完全な整合性とアクセシビリティへとつながる重要かつ不可欠な一歩であり、業務管理ソフトウェアに新基準を導入するものです。
審査員は、ユーザーの問題、そして「すべての富士通のソフトウェアに共通するひな形として、ユーザーの問題についてシステムレベルでどのように取り組むか」に配慮されていることを歓迎しました。そして、ソフトウェアとインタフェース・デザインの発展に伴うユーザーの視点から、本当に必要な整合性とアクセシビリティを優先する幕開けと考えています。

多様な人々の活躍を後押しする地域・会社・社員で実現する創造の連環

IAUDアウォード2016 金賞受賞

審査委員の評価:
多様性に関与し、多様性を理解する互恵の上に成り立っている全社的構想の好例。共有経験研修とレクリエーション大会のプログラムで富士通の社員と現地・地域社会の多彩な人々が一堂に会します。その結果、相手の立場に立って違いと多様性に関わるようになり、そこから負けない心が社員に育ち、会社の文化や研究開発へフィードバックします。関係者全員に利する好循環です。
審査委員は、企業文化にUDを統合する構想全体に含まれる一連の意識向上活動で推進される多様性とイノベーションに焦点を合わせていることを歓迎し、多様性と包摂の好例として挙げました。

スマートフォン
らくらくスマートフォン
銀賞

農業生産管理SaaS生産マネジメント
銀賞

スマートフォンアプリケーション
虹彩認証

視覚障がい者に向けたエンパワメント福祉「ハンズアップサービス」

KIDS DESIGN AWARD 2016

Asia Digital Art Award

学習アプリ
クラベルマナベル
入選

 

HCDベストプラクティスアウォード2016

~「AIUEUX」の制作を通じた富士通のUX啓発プロモーション活動~
"あいうえお"の当たり前をUXにも
審査委員特別賞

 

2015

GOOD DESIGN AWARD 2015

聴覚障がい者参加型コミュニケーションツール
LiveTalk

2015年度グッドデザイン・ベスト100に選出

審査委員の評価:
当事者も開発に参加をしたということもあり、会話の割り込みや無音区間の対処など、聴者と聴覚障がい者のコミュニケーションにおける課題が明確であり、その解決となる設計がしっかりと実装されている。また定型文やスタンプを用意する等、テンポのよいコミュニケーションを実現するための工夫もなされている。実際に、本サービスを通じて聴覚障がい者の方とやりとりをしてみると、非常に円滑にコミュニケーションがとれる。職場においても日々の生活においても、聴覚障がい者のコミュニケーションにおけるストレスを軽減できるソフトウェアである。また、聴覚障がい者とのコミュニケーション利用以外に、音声が途切れがちなオンラインでの会議等での活用も有効に思える。音声認識の精度のさらなる向上を期待する。

Red Dot Award: Product Design 2015

スマートフォン
ARROWS NX F-02G

 

iF DESIGN AWARD 2015

IAUD Award 2015

聴覚障がい者参加型コミュニケーションツール
LiveTalk 聴覚障がい者と聴者との円滑なコミュニケーションの実現を目指して

川崎市麻生区子育て支援アプリ「あさお子育てポータル」

ホームセントラルPC
LIFEBOOK GH

 

2014

GOOD DESIGN AWARD 2014

iF DESIGN AWARD 2014

IAUD AWARD 2014

スマートフォンアプリ
特別支援スマホアプリ 特別な支援を必要とする子どもたちの生活と学習をサポート
IAUDアウォード2014金賞受賞

審査員の評価:
富士通はこのスマートフォンアプリを香川大学教育学部坂井研究室と共同で開発しました。開発の目標は、コミュニケーションに困難があり、言語の発達が遅れて、読み書きと計算に問題のある子供たちのニーズに答えることでした。ICTは障害者の自立と社会参加に大きな役割を果たしますが、とりわけICTを利用した生活・学習支援アプリケーションの開発と普及によって、富士通は誰でも参加できるICT社会をもたらすことにコミットしています。
このデザインは、広範な利用者、とりわけ子供たちの調査と協力に基づいて行われ、香川大学教育学部に付属する特別支援学校・学級で観察し試験することによって検証されました。その結果、それまで苦労していた子供たちの文章能力が向上し、広範な感情や気持ちを表現する能力が高まりました。重要なことですが、この感情表現支援ツールは、特別支援学級だけでなく、普通教育でも役立つことがわかりました。
審査員は、しっかりと焦点を合わせた研究、産学の研究者の緊密な連携、最終製品の効果に感銘を受けました。これはユニヴァーサルデザインというよりも支援技術の成果ではありますが、将来の主力製品への応用の可能性を特に期待しています。

ストアアプリケーション
GRANNOTE&らくらくコミュニティ

KIDS DESIGN AWARD 2014

2011

GOOD DESIGN AWARD 2011

universal design award 2011

携帯電話用アプリ
特別支援携帯アプリ

KIDS DESIGN AWARD 2011

中学生のデザインインターンシップ
業界初の中学生のデザイン・インターンシップ
キッズコンシューマーサポート部門・最優秀賞(消費者担当大臣賞)

受賞理由:
健全な消費者としての選択眼は、その製品を生み出している職業の多様さやものづくりへの姿勢、顧客の存在などを知ることで育まれる。通常の大学生のインターンシップと変わらないプログラムを適用することで、中学生対象ながら本格的な職業観の育成に地域とともに取り組んでいる点を評価した。特に一つのプロダクトが生まれる際にいかに多くのユーザー評価や試作品による試行錯誤が繰り返されているか、というプロセスを知ることで将来へ向かって製品を選ぶ眼差しも変わるはずである。子ども期における多体験という面では、デザイン制作に留まらず、幅広い分野、業種への広がりを期待したい。

2009

GOOD DESIGN AWARD 2009

現金自動預払機
FACT-V, FACT-V model 10, FACT-V model 20
グッドデザイン・ロングライフデザイン賞

受賞理由:
不特定多数のユーザーが接する自動預払機としていちはやくユニバーサルデザインの考え方を導入。使用者に対して必要な動作を自然に誘導するとともに、さまざまな空間と馴染みのよい造形は、その後の公共用端末の使い勝手にひとつの水準を打ち立てたといえる。現金入出口のカバーが閉じられた際のフラッシュな仕上がり具合など、細部の細やかな仕上がりも評価できる。手のひら静脈認証装置など、今日要求される機能への対応性も確保されたロングライフデザインである。

iF DESIGN AWARD 2009

universal design award 2009

携帯電話用アプリ
ColorAttendant(カラーアテンダント)

KIDS DESIGN AWARD 2009