GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2017年 >
  4. デジタルマルチユーザーKVMとして使用可能な4Kデジタルビデオ信号対応IP遠隔ユニット開発

PRESS RELEASE

2017年11月9日
富士通コンポーネント株式会社

デジタルマルチユーザーKVMとして使用可能な4Kデジタルビデオ信号対応IP遠隔ユニット開発

富士通コンポーネント株式会社 (本社:東京都品川区、社長:近藤博昭)は、最大4Kのデジタルビデオ信号と各種コンソールを延長可能でマルチユーザーKVM機能を備えたIP遠隔ユニット「FX-8001」シリーズを開発しました。

FX-8001 series-front
左:FX-8001LXH(送信ユニット)、右:FX-8001RXH(受信ユニット)

複数のキーボード、マウス、モニタ―(KVM)の延長・切り換えを行うためには、現在、アナログのマルチユーザーKVMが主流です。しかし、特に高解像度の映像を扱う放送局を中心にデジタル化、さらに4Kへの早急な対応が求められています。FUJITSU Component SERVIS KVM ソリューション FX-8001シリーズは、アナログからデジタルKVMシステムへの置き換えに最適な4K対応デジタルデバイスで、従来の「KVM」に加え、音声やUSB2.0も延長可能です。

FX-8001シリーズは、送信ユニット(Local、LX)、受信ユニット(Remote、RX)およびマネージャーユニット(MX)から構成され、10Gイーサネットスイッチ(10GBase-T)を利用し、IPネットワーク上でデジタルマルチユーザーKVMシステムを構築することが可能です。ビデオ画像は4K UHD 60p 4:4:4の高解像度でリアルな画像を延長できます。送受信ユニットはそれぞれ任意の台数を接続可能で、マネージャーユニットは1台で送受信機ペアリングの設定や接続情報、ユーザー情報の管理を行います。送受信機のペアリングは、受信ユニット側のOSD(On Screen Display)上でも行えます。

multiuser_kvm_system_image
マルチユーザーKVMシステム構成

また、マネージャーユニットを使用せず、送受信機を1対1で接続して遠隔ユニットとしての機能だけで使用することも可能です。その場合、Cat6Aケーブルの直接接続で最大100m、メディアコンバーターを使用したシングルモード光ファイバーを使用することで最大80km転送することができます。

USB2.0に対応していますので生体認証デバイス、カードリーダー、シリアルコンバーター、HDD/SDD/Flash Drive、CD/DVDドライブ、カメラ、マイク等の延長も可能です。

19インチラック1Uサイズに横並びで4台のユニットが設置可能な省スペース設計になっています。

アプリケーション:放送システム、インフラ監視システム、デジタルサイネージ機器 など

サンプル提供開始時期

2018年1月予定

受注開始時期

2018年2月より(初期リードタイム3か月)

販売価格

オープン価格

仕様概要(IP遠隔ユニット)

                                            
項目 仕様
品名 FUJITSU Component SERVIS KVM Solution
IP遠隔ユニット
形格 FX-8001LXH
(送信ユニット)
FX-8001RXH
(受信ユニット)
ビデオ インターフェース HDMI2.0 HDMI2.0
最大解像度 4K UHD, 60p 色差4:4:4 4K UHD, 60p 色差4:4:4
キーボード、
マウス
入力 USB miniB メス×1
出力 USB Type-A メス×2 USB Type-A メス×2
USB2.0 入力 USB miniB メス×1
出力 USB Type-A メス×1
オーディオ 入力 ステレオミニジャック×1
出力 ステレオミニジャック×1 ステレオミニジャック×1
設定用 入力 USB miniB メス×1 USB miniB メス×1
ネットワーク RJ45×1 10GBASE-T
設定スイッチ DIPスイッチ 8P、リセットスイッチ
電源 AC100~240V対応専用ACアダプタ
外形寸法 109(W)× 252(D)× 40(H)mm

仕様概要(マネージャーユニット)

項目 仕様
品名 FUJITSU Component SERVIS KVM Solution
マネージャーユニット
形格 FX-8001MX
設置条件 マルチユーザーKVMシステムを構築するネットワークに1台設置
ペアリング切替え ローカルユニット(LX)とリモートユニット(RX)のペアリングの設定・変更を行う
ペアリング情報管理 ・ローカルユニット(LX)とリモートユニット(RX)のペアリング情報を管理
・リモートユニット(RX)上でのOSDで切り替えた場合もMXに通知され管理
ユーザーアカウント管理 ・独自内部データベースでユーザーアカウント、パスワード管理
・外部LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)認証サーバでの管理(Active Directory も使用可能)
ログの管理 各種ログを保持
監視機能 SNMPトラップを発信
設定用 USB miniB メス×1
ネットワーク RJ45×1、10GBASE-T
設定スイッチ DIPスイッチ 8P、リセットスイッチ
SDカード 設定状態保存用
電源入力 AC100~240V対応専用アダプタ
外形寸法 109(W)× 252(D)× 40(H)mm

お客様お問い合わせ先

富士通コンポーネント株式会社
マーケティング統括部 第二マーケティング部
icon-telephone 電話: 03-3450-1645
icon-mail E-mail:fcl-contact@cs.jp.fujitsu.com

以上


プレ スリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです 。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。


GTM-MQQHZDX