Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2009年>
  4. 心地よいタイピングを追求したキーボード「リベルタッチ」にUS配列をシリーズ追加

PRESS RELEASE

2009年7月22日
富士通コンポーネント株式会社

心地よいタイピングを追求したキーボード 「リベルタッチ」にUS配列をシリーズ追加

富士通コンポーネント株式会社(本社:東京都品川区)は、ソフトで自然なキーストロークでストレスが極めて少ないキーボード「リベルタッチ (Libertouch)」にUS配列103キーを系列追加し販売を開始いたしました。
C列左端キーを「Ctrl」キーとして使用したいユーザー向けに、キー交換用(注1)のC列「Ctrl」キートップとA列「CapsLock」キートップを同梱しています。

(注1)添付品の交換用キートップは、キースイッチの表示を変更するのみで、キースイッチの出力コードは変更されません。キースイッチの出力コードを変更する場合は専用ソフトが必要となります。出力コード変更の専用ソフトは添付しておりません。お客様で他社より市販もしくはフリーの専用ソフトを別途入手される必要があります。なおその専用ソフトの動作保証をするものではありません。

リベルタッチ US配列品
リベルタッチ US配列品

リベルタッチ(Libertouch)FKB8540シリーズは、これまでにない自由(Liberta)にキー入力荷重を調整できるカスタマイズ性とキーと指との一体感を極限まで追求し、なめらかなストローク、軽快なタッチ(Touch)によりタイピングに限りない心地よさを実現しました。日本語配列を2007年6月に販売開始し、今般US配列を系列化するものです。

主な特長

  1. 柔らかな打鍵で静音性を実現
    ラバーとコイルバネでキートップを保持することにより、軽快なタッチで柔らかな打鍵と静音(当社従来キーボードの約40%低減)を実現したキーボードです。
  2. ハブポートを実装
    ハブポート(USB1.1バスパワー)を1ポート実装しており利便性にも優れています。
  3. 軽快なタッチで確実な入力を実現
    キー操作は、キーストロークの荷重変化がピークを過ぎて滑らかに減少し、ボトム荷重となる前に入力が完了する構造となっています。ピーク荷重、荷重の減少率、入力される位置の3項目を最適にすることで、軽快なタッチと確実な入力を実現しました。またキーストロークはガイド部を長めにとることで、安定した長いストロークを実現しています。
    リベルタッチ押下特性グラフ
  4. 自分好みのキー荷重にカスタマイズ
    購入時は入力荷重を約0.44N(約45g)に設定していますが、2種類の荷重の異なる交換ラバーを添付して、どのキーでも簡単に入力荷重を変更できるようにしています。

主な仕様

項目 仕様
カラー 白:FKB8540-001/W、黒:FKB8540-101/B
スイッチ方式 メンブレン方式
キーストローク 3.8mm
ピーク押下荷重 約0.44N (45g)
キー配列 US配列
キー数 103キー
インターフェース USB1.1
ケーブル長さ 約1.6m
外形寸法 456mm(幅)×170mm(奥行き)×39.5mm(高さ)
添付品 交換用ラバー2種類(約0.54N (55g)、約0.34N (35g)) 各15個(注)
保守用スプリング 5個
キートップ引き抜き工具 1個
入替用キートップ 「Caps Lock」および「Ctrl」各1個 ほか

(注)添付品の交換ラバーのピーク押下荷重は、それぞれ 約0.54N(55g)、約0.34N(35g)で、
これに変更することにより、ピーク押下荷重は変更できます。

参考資料

当社キーボード事業について

キーボード事業は30年の実績があり、大型計算機の入力装置からはじまり各社のパソコンやワークステーション、FAや医療など多分野にわたって入力デバイスとして当社製品をお使いいただいております。

※リベルタッチおよびLibertouchは当社の登録商標です。

お客様お問い合わせ先

富士通コンポーネント株式会社
第三マーケティング部
icon-telephone 電話: 03-5449-7014
icon-mail E-mail:promothq@fcl.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。